高齢出産のリスクは?年齢は何歳から?ダウン症になりやすい?

記事監修 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年に山梨医科大学(現 山梨大学)医学部を卒業。板橋中央総合病院を経て、現在は沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターに勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救... 続きを読む

女性の社会進出が進むにつれ、晩婚化などの影響で高齢出産になる夫婦も増えてきました。「高齢出産にはリスクがある」と耳にしたことがある人もあると思いますが、一体どんなリスクが潜んでいるのでしょうか。今回は、高齢出産がよりよいものになるように、高齢出産の年齢は何歳からかや、母体と胎児へのリスクなどについてご紹介します。

高齢出産の年齢は何歳から?

妊婦 お腹 クエスチョン 疑問 はてな

日本産科婦人科学会の定義では、35歳を過ぎてからの初めての妊娠のことを「高齢妊娠」といいます。経産婦については特に定義がありませんが、おおむね35歳以上になると妊娠・出産時のリスクが高まるといわれています(※1)。そのため、35歳以上の出産を広く「高齢出産」ということが多いようです。

2009年の調査によると、全分娩に対して、35歳以上の分娩が22.5%以上、40歳以上の分娩は2.9%以上であったということがわかっており、出産年齢の高齢化が進んでいます(※2)。

高齢出産のリスクとは?

高齢妊娠や高齢出産の場合、母体と胎児に様々なリスクを伴います。ここでは、代表的な4つのリスクをご紹介します。

1. 妊娠しにくくなる

年齢別の生殖補助医療(ART)の成績

年齢を重ねると精子や卵子の働きが弱くなり、受精や着床が難しくなってしまいます。25~29歳では不妊の確率が8.9%なのに対し、30~34歳では14.6%、35~39歳は21.9%、40~44歳では28.9%と、30歳から自然に妊娠する確率が減っていることがわかります(※3)。

また体外受精などの妊娠率も、20代は41.5%なのに対し、35~39歳では32.0%、40~44歳で18.9%、45歳以上で5.4%というデータがあり、高齢になると不妊治療の成功率も下がることがわかっています(※4)。

妊娠しにくくはなりますが、全く妊娠ができないわけではありませんし、40歳以上の出産数は年々増加しているというデータもあります(※5)。避妊せずに性行為をしてから1年経っても妊娠しないときには、不妊治療を行っている産婦人科の医師に相談してみましょう。

年齢によっては、妊活の開始とともに産婦人科に相談するのもいいかもしれません。

2. ダウン症などの染色体異常児が発生する可能性が高くなる

医療 染色体

高齢出産では、ダウン症など、染色体異常のある子供が生まれるリスクが高まります。例えば、ダウン症の発症率は、25歳の出産では1,351人に1人なのに対し、30歳では909人に1人、40歳では112人に1人と、高年齢になるにつれて高くなります(※1)。

染色体異常が起こるのには様々な原因がありますが、卵子や精子の老化もその一つです。特に女性は、生み出せる卵子の数が生まれたときにすでに決まっており、年齢を重ねるにつれて卵子の働きが衰えてしまいます。

3. 妊娠中、病気にかかりやすい

女性 悩み 体調不良 不機嫌 ベッド

高齢妊娠は、胎児だけでなく妊婦さんにも大きな負担がかかり、体調不良や病気になりやすくなります。

特に、胎児と妊婦さんの命に関わる恐れもある「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」などには注意が必要です。妊娠高血圧症候群は40歳、妊娠糖尿病は35歳以上になると発症のリスクが高まります(※1)。

これらの他にも、全身が疲れる甲状腺疾患、流産の原因になりえる子宮筋腫や、卵巣に腫瘍ができる卵巣腫瘍などが発症する確率もあがるとされています。

4. 流産や早産の確率が上がる

年齢別の自然流産率

高齢になると、流産や早産、切迫流産や切迫早産の確率が高まります。

妊娠初期の流産は、胎児側の染色体異常が主な原因です。先に説明したとおり、高齢になると染色体異常が起こりやすくなるため、流産の確率も高くなります。流産の確率は全妊娠の約15%ですが、35~39歳では20%、40歳以上では40%以上と、年齢を重ねるほどに確率が上がります(※6)。

また早産は、妊娠高血圧症候群や常位胎盤早期剥離、前置胎盤などによって引き起こされますが、高齢になるとこれらの早産リスクが発症しやすくなり、結果的に早産につながりやすくなります。

高齢出産で後悔しないためにもリスクを知っておこう

不妊治療 夫婦 先生 悩む

若い頃は仕事やプライベートで一生懸命になっていて、「妊娠・出産のことはよく考えていなかった」という男性や女性は多くいます。年齢を重ねてから子供が欲しいと思うのも、不思議なことではないですよね。ただ、高齢出産のリスクをよく知らずに妊娠・出産を迎えて、様々なリスクに驚いてしまう人がいるのも事実です。

高齢出産で後悔しないためには、まずはリスクに関する知識をきちんと身につけることが大切です。起こり得るリスクを事前に知ったうえで、妊娠や出産にどう臨べきなのか、パートナーとよく相談しましょう。

また、ホルモンバランスを整えるために食生活を改善する、適度な運動を続けて体力をつける、胎児の神経管閉鎖障害を予防するために厚生労働省が推奨する葉酸サプリを摂取するなど、高齢妊娠であるからこそ、生活習慣の改善や体調管理により一層取り組むことが大切です。

頑張り過ぎは禁物ですが、健康的な生活を心がけることで、リスクをできるだけ減らせるようにしたいですね。

40歳を超える高齢出産でも無事に出産できるの?

出産 入院 病院 臨月

40歳以上の高齢出産にはリスクが伴うのも事実です。妊娠22週以降の死産と、生後1週未満の新生児死亡をあわせた「周産期死亡率」は30代から高まり、40~44歳で、出産1,000件に対して7.8件、45歳以上では9.4件になります(※5)。

ただし先にも説明したように、40歳以上の女性から生まれる赤ちゃんの人数は年々増加傾向にあります。2015年のデータによると、40歳以上の女性から生まれた赤ちゃんは53,866人です(※5)。40歳以上でも、無事に出産を終える人がたくさんいます。

高齢出産はリスクだけでなくメリットも

風景 

高齢出産はリスクばかりに注目をしがちですが、子供を産む年齢が高くなることによって、経済的に余裕ができた状態で子育てができるなど、いい面もたくさんあります。若い頃よりも夫婦ともに生活が安定し、生活環境が落ち着いていることが多いため、妊娠生活で問題が起こりにくいともいえるかもしれません。

妊娠や出産は、個人差が大きいものです。ママやパパが不安な気持ちでいると、将来会えるはずの赤ちゃんも不安に感じてしまうかもしれません。医師や助産師とよく相談し、不安を和らげながら、落ち着いた気持ちで毎日を過ごせるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう