妊娠初期でも太る原因は?妊娠中に太りすぎたときの対策は?

妊娠初期はつわりで食欲がなくなり、体重が落ちる時期だと思われがちですが、妊娠初期に太るのは決して珍しいことではありません。今回は妊娠初期に太る原因とその対策、また妊娠中の体重増加の目安や、注意すべき体重増加についてまとめました。

妊娠初期の体重増加の目安は?

体重計 疑問 クエスチョン はてな

妊娠期間中の体重増加の目安は、妊娠前の体型やBMI値によっても異なりますが、だいたい7~12kgといわれます。体重が少しずつ増えていくのは妊娠中期以降で、妊娠初期は赤ちゃんもまだ小さく、体重が増加しにくいのが一般的です。妊娠初期の間では、1~2kg程度の体重増加ですませるのが大まかな目安になります。

妊娠初期でも太る原因とは?

女性 アイス 食べる 食事 カロリー 

一般的に太りにくい妊娠初期ですが、太る可能性がないわけではありません。人によっては以下の原因で太る可能性があります。

水分量や血液量の増加

妊娠するとお腹の赤ちゃんにも血液を循環させようと血液量が増加します。また、女性ホルモンの1つ「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の影響で、体内に水分を溜め込もうとしてむくみやすくなります。つまり、体内の血液と水分量が多くなり過ぎると、想定よりも体重が増えてしまうことがあるのです。

食べつわりによる食べすぎ

つわりの症状の1つ「食べつわり」が原因で、食べ過ぎてしまうことがあります。一般的なつわりは、何かを食べると吐き気をもよおすために食欲がなくなりますが、食べづわりは逆に空腹だと気持ち悪くなるので、食べ続けてしまうのです。食べつわりが出ている人はカロリーの取りすぎで太ってしまっているといえます。

妊娠中の太りすぎを抑えるには?

妊婦 体重 管理 メモ

妊娠中は体調の変化が大きいので、体重管理が難しいですよね。特に妊娠中期の安定期に入ると食欲も増してくるので、妊娠初期から太りすぎを押さえる方法を身につけておくと安心です。日々の生活習慣が基本ですから、できるだけ意識して取り組めるといいですね。

毎日体重計に乗る

体重管理の基本は、毎日の体重の変化を見ることです。体重計に乗って記録をとり続けることで、体重の推移が一目で分かります。できれば1日に朝と夜の2回測るようにしてください。体重変化の水位をあいまいにせず、細かく記録すれば日頃の生活の意識付けや病院での対処がしやすくなります。

食べた物を記録する

自分が何を食べたのか、毎食分と間食分を記録してみましょう。毎日の体重の変化とあわせて記録することで、妊娠初期の体重増加の原因を見分ける判断材料になります。

軽い運動をする

妊娠初期でも軽いストレッチや散歩程度なら運動しても構いません。軽く体を動かしておくほうが太りにくい体になりますよ。ただ、体の状態によっては運動時に注意が必要なので、かかりつけの産婦人科医に相談してから始めるようにしましょう。

カロリーの低い食べ物を食べる

カロリーの低い食べ物をこまめに食べるようにすれば、食べつわりによる急激な体重増加を抑えられます。寒天ゼリーや小魚、春雨、昆布など、カロリーが低くてよく噛んで食べるようなものを携帯しておくと安心です。つわりの種類によっては、ハンバーガーなど高カロリーのものを食べたくなるかもしれませんが、できるだけ栄養バランスが良い食事がとれるといいですね。

妊娠初期から太りすぎ対策を始めよう

妊娠中に体重が増えすぎると、分娩時に難産になったり、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのリスクが高まったりします。これらは赤ちゃんにも悪影響をもたらす可能性があるので、早めに体重管理を始めるに越したことはありません。妊娠初期から太ってしまうと先が思いやられるという方もいるかもしれませんが、むしろ「早くから体重管理を始められるきっかけになった」と前向きに考えられるといいですね。妊娠初期から体重管理を始めておけば、妊娠中期・妊娠後期になってから体重管理に悩まされずにすむかもしれませんよ。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう