妊娠線予防にベビーオイルを使ってもいいの?人気のおすすめ商品5選

妊娠中の肌トラブルで気になることといえば、妊娠線ですよね。妊娠線は一度できてしまうと出産後も跡が消えにくいもの。妊娠線を予防するためには様々なクリームやローションがありますが、ベビーオイルを使っても予防できるのでしょうか。

今回は、ベビーオイルでも妊娠線予防ができるのか、お腹の赤ちゃんに影響がないのかをはじめ、おすすめの商品5点を紹介します。

妊娠線とは?

妊婦

妊娠線とは、肌の表面に現れるスイカの模様のような赤みを帯びた線のことです。

妊娠をすると、お腹が大きくなるだけでなく、体全体がふっくらとするのが特徴です。しかし、妊娠中は肌のうるおいが少なく、急激な皮膚の伸びに対応できないことも。

そのため、肌がピリピリとして不快に感じるほか、肌状態によっては炎症を起こして妊娠線につながることがあります(※1)。

妊娠線ができる・できないには個人差がありますが、肌の乾燥を防いだり、不足している水分を肌に届けたり、急な体重増加を避けることで予防を促すことができますよ。

ベビーオイルの特徴は?

保湿 オイル 赤ちゃん 乾燥

本来の健康な肌は、皮脂が肌の表面を保護し、水分が蒸発しないようにしています。しかし肌が乾燥すると皮脂の分泌が少なくなるため、水分を肌に閉じ込めることができなくなり、さらに乾燥してしまいます。

ベビーオイルはその皮脂の代わりに表面に膜を作ることで、正常な肌と同じように水分を肌に閉じ込めて、潤いを保つ働きがあります。

妊娠線予防にベビーオイルはおすすめ?

オイル 油 液体 ベビーオイル しずく

ベビーオイルは、大人の肌よりも薄くて敏感な赤ちゃんの肌に使えるほど低刺激なオイルです。妊娠中の敏感な肌にも対応しやすいので、妊娠線予防にもおすすめですよ。

高保湿でありながらさっぱりと使えるものが多いのも魅力です。また、使い切れなかった場合には、出産後に赤ちゃんと一緒に使用することもできますよね。

特に乾燥が気になる場合は、妊娠線予防におすすめのクリームと合わせて使用するのも◎。クリームで肌の状態を整えながら、ベビーオイルで覆うイメージです。

妊娠線予防にベビーオイルを使うポイント

記号 疑問 クエスチョン はてな

妊婦さんがお腹にベビーオイルを塗っても、妊婦さん肌を通して体内の血液に入ったり、赤ちゃんに届いたりすることはほとんどありませんよ。

ただし、妊婦さん自身には合う・合わないがあります。添加物を使っていないものだとしても、体質によっては肌が反応することもあるので、初めて使うものはパッチテストをしてから使用するのがおすすめです。

つわりで香りが気になる場合は、好きな香りのものを選ぶようにしてくださいね。

妊娠線予防におすすめのベビーオイル

1. カレンデュラオイル・インフューズド

要出典 ベビーオイル 妊娠線予防 カレンデュラオイル・インフューズド

肌トラブルを防ぐ働きがあるといわれれるカレンデュラの花を、スイートアーモンドオイルに漬け込み抽出したベビーオイルです。スイートアーモンドオイルはビタミンEを含んでいるので、保湿や肌の柔軟性を助けます。

そのまま使用するのはもちろん、クリームに混ぜて使用するのもおすすめ。「香りに癖がなく、べたつかず使えるので気に入っています」と、使用感が口コミで好評。専用ワンタッチキャップを使用すると使いやすいですよ。

税込価格
918円
内容量
50ml

▼専用ワンタッチキャップ

2. 原液スクワランオイル ベビーオイル

要出典  妊娠線予防 ベビーオイル 原液スクワランオイル ベビーオイル

肌の成分のひとつである「スクワラン」に着目したオイルです。赤ちゃんのマッサージやおむつかぶれのケアはもちろん、妊娠線の予防にも多く使われていますよ。産後に母乳育児をする際の、乳頭ケアにもおすすめです。

スクワランは、肌を外部の刺激から守る「皮脂膜」に含まれることから、乾燥を防ぎ肌を健やかな状態に整える効果が期待できます。「とても軽い使い心地で、肌馴染みも満足です」と、使用感が口コミで好評ですよ。

税込価格
1,285円
内容量
100ml

3. ジョンソンベビー ベビーオイル 無香料

要出典  妊娠線予防 ベビーオイル ジョンソンベビー ベビーオイル 無香料 出典: www.johnsonsbaby.jp

スキンケアグッズで広く知られている、ジョンソンベビーのベビーオイルです。無香料タイプなので、つわりでにおいに敏感なときでも、負担を感じないのがうれしいポイントです。

赤ちゃんが生まれたその日から使えるほど、やさしい成分にこだわっているのが特徴です。妊娠中はとくに肌が敏感になりやすいので、成分へのこだわりは重視したいですよね。

税込価格
569円
内容量
300ml

4. KISO オーガニック・ホホバオイル エコサート認証成分 100%

要出典 ベビーオイル 妊娠線予防 KISO オーガニック・ホホバオイル エコサート認証成分 100%

ホホバの種子から搾取した100%高純度のオーガニックホホバオイルです。ホホバオイルは人の皮脂とよく似ていて、肌のバランスや代謝を整える働きが期待できますよ。

「つけた後もさらさらとしていて使いやすいです」と、軽いテクスチャが人気。このオイル1本あれば、妊娠線予防以外にもスキンケアやヘアケアとして、何通りも使うことができますよ。

税込価格
957円
内容量
50ml

5. 熊野油脂 トゥイーティー ベビーオイル

要出典  妊娠線予防 ベビーオイル 熊野油脂 トゥイーティー ベビーオイル

低刺激のミネラルオイルを使用している、熊野油脂のベビーオイルです。ヒアルロン酸やセラミドAPが肌に潤いを届け、保湿を助けますよ。無香料・無着色なので、妊娠中も安心して使えます。

海外を思わせるおしゃれなパッケージですが、オイル自体は日本製です。プッシュするタイプなので、片手で楽に使えるのも便利ですね。

税込価格
646円
内容量
300ml

楽天市場でベビーオイルを探す

Amazonでベビーオイルを探す

ベビーオイルを活用して妊娠線を予防しよう

妊娠線はできてしまうと跡が消えにくいので、日頃のケアが大切です。ベビーオイルをうまく活用して、肌を保湿し、妊娠線ができないように予防しましょう。乾燥が目立つ場合は、クリームやローションを併用するのがおすすめですよ。

下記では、妊娠さんの会陰マッサージ用オイルを紹介しています。経腟分娩を予定している場合は、参考にしてみてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう