低置胎盤とは?位置が低い原因は?安静にすれば治る?帝王切開なの?

妊娠・出産において、母体と胎児に影響のある症状の一つに「低置胎盤」というものがあります。胎盤が通常よりも子宮に近い位置にある状態を示し、出産時などに出血のリスクを伴います。発症する確率はそれほど高くはありませんが、ぜひ安全な出産のためにも内容を知っておきましょう。今回は、低置胎盤について、原因や安静が必要なのか、帝王切開になるのかなどをまとめました。

低置胎盤とは?

記号 クエスチョン 赤 空

低置胎盤とは、子宮の下部の子宮口付近に胎盤が付着している状態をいいます。胎盤は、通常、風船のような形をしている子宮の、上側の天井付近にくっついています。胎盤が子宮内の下の位置にくっついている場合は、出血のリスクを伴うため、低置胎盤と診断して経過に注意していくことになります。

ほかに胎盤の異常としては「前置胎盤」というものがあり、これは分娩時に赤ちゃんが通る産道の出口となる子宮口に胎盤がかかってしまっていて、よりリスクが高い状態です。「前置胎盤」と「低置胎盤」は混同しがちなのですが、胎盤が子宮の下の方に寄ってはいるが、子宮口にはかかっていない状態を低置胎盤と呼んで区別しています(※1)。

低置胎盤の原因は?なぜ位置が低くなるの?

勉強 記号 聖書 ハート ピンク

前置胎盤同様、低置胎盤の原因は、はっきりしていません。ただ、流産の経験や、人工妊娠中絶の経験、帝王切開の経験、これまでに一人以上子どもを産んでいる経験、子宮手術の経験、喫煙習慣、高齢出産といった様々な原因で子宮内膜が傷ついたり、炎症したりすると、低置胎盤が起こりやすくなるのではないかと考えられています。

現状では低置胎盤も前置胎盤と同様、禁煙以外には予防は難しいとされています。

低置胎盤になると出血がある?リスクは?

妊婦 靴 青

低置胎盤は、痛みなどの症状を感じることが少なく、多くは妊婦健診での超音波検査で判明します。注意すべきリスクとしては、出血があげられます。特に分娩時の出血に気をつけなければならないのですが、お腹の張りから普段の生活中でも出血が見られることもあります。出血が見られたときにはできるだけ早く産婦人科を受診するようにしましょう。

低置胎盤になると入院して安静にすると治るの?仕事はできる?

飲食 飲み物 紅茶 暖かい

低置胎盤と診断されても治療する方法がないため、普段の生活を安静に行えるようにします。主治医と相談の上、仕事は基本的には可能ですが、立ち仕事や移動の伴うような仕事はできる限り控えたいところ。

子宮収縮と共に大量出血を起こす危険性もありますので、前置胎盤同様、産婦人科医から入院を勧められる場合もあります。基本的に入院中は横になって安静にしていることになり、窮屈に感じることもあるかもしれませんが、妊婦さんと赤ちゃんにとって出血は危険ですので、我慢が必要ですね。

低置胎盤は帝王切開になる?自然分娩も可能?

手術

前置胎盤ではほとんどが帝王切開での出産になりますが、低置胎盤は通常の自然分娩が可能な場合もあり、帝王切開か自然分娩かは医師の判断に任されます。

判断のポイントは子宮口からの胎盤の端の距離で、0.1〜2.0cmだと経膣分娩は10%程度の実施ですが、2.1cm〜3.5cmだと63%程度で自然分娩での成功例があります。とはいえ、妊婦さんや赤ちゃんの身体のことを考えると、経膣での自然分娩だけでなく帝王切開での出産も視野に入れておきましょうね(※2)。

低置胎盤が治る確率は?

グッズ グラフ そろばん 計算 確率 パーセント 比率

低置胎盤の診断は、早い方だと妊娠6ヶ月(妊娠24週)頃に妊婦健診で、子宮口からの距離が2.0cm以内だと低置胎盤と診断されます。ただ、赤ちゃんが大きくなるにつれ子宮も広がっていくため、広がりに合わせて胎盤が子宮口から離れている事例も多くあります。

前置胎盤が治る確率は統計的に出されていないため、以下は日本産科婦人科学会が出している前置胎盤の治る確率ですが、参考にご紹介します(※3)。

● 妊娠15〜19週:12%(88%は前置胎盤ではなくなる)
● 妊娠20〜23週:34%
● 妊娠24〜27週:49%
● 妊娠28〜31週:62%
● 妊娠32〜35週:73%

低置胎盤は、医師の指示に従って経過観察を

医療 注射 緑

前置胎盤と低置胎盤は、原因や症状に共通するところが多く、違いは胎盤の位置が子宮口にかかっているか否かだけです。低置胎盤の方が分娩時の出血も軽微に済む場合も多いので、もし低置胎盤と診断された場合には、経過を見ながら医師とよく相談をして、分娩方法を決めてください。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう