鉗子分娩とは?後遺症や障害が残るリスクはある?

安産で赤ちゃんを産みたいと思っていても、出産では何が起きるか分かりません。スムーズに分娩が進まず、異常分娩になってしまった場合に、赤ちゃんが出てくるのを助ける処置のひとつに「鉗子分娩」があります。あまり馴染みのない言葉かもしれませんが、いざというときに知っておくと、冷静に対処できますよ。今回は鉗子分娩についてご紹介します。

鉗子分娩とは?

鉗子分娩

鉗子分娩とは、出産が上手く進まないときに、トングのような金属製器具「鉗子(かんし)」を使って赤ちゃんの頭を挟み、引っ張り出す応急処置のことをいいます。

一般的な分娩では、子宮口が全開になって、妊婦さんのいきみに合わせて赤ちゃんが下りてくるのですが、微弱陣痛などで長時間下りてこない場合があります。その際に、赤ちゃんがいち早く出てこれるように行う処置のひとつが、鉗子分娩です。

鉗子分娩が行われるのは、どんなとき?

病院 医者 手術

鉗子分娩が必要になるのは、経腟分娩(産道を通って膣から赤ちゃんが出てくる分娩)の過程で問題が生じ、妊婦さんや赤ちゃんに何らかのリスクが伴う場合です。

ただし、分娩で問題が起きたら、すぐに鉗子分娩が行われるというわけではなく、まず次の条件を満たしていなければ、鉗子分娩は行われません(※1)。

鉗子分娩の条件

・児頭骨盤不均衡がない
・子宮口が全開している
・破水している
・胎児の頭が鉗子に適した大きさである
・胎児が生存している
・妊婦さんの膀胱と直腸が空虚である

これらの条件を満たした上で、次のような場合に鉗子分娩が行われます。

微弱陣痛・母体疲労

陣痛が弱い微弱陣痛によってお産が長引いてしまったり、難産で妊婦さんが疲れてきたりすると、赤ちゃんに酸素が十分に供給されなくなります。すると、赤ちゃんの心拍が低下して、仮死状態に陥るリスクがあるため、鉗子分娩が行われます。

臍帯下垂・臍帯脱出

ママと赤ちゃんを繋ぐへその緒は、臍帯(さいたい)と呼ばれ、お産の間も赤ちゃんに酸素と栄養を送っています。出産中にへその緒のトラブルが起き、赤ちゃんよりも先に下りてきてしまう「臍帯下垂」や、先に子宮口から出てきてしまう「臍帯脱出」になった場合、赤ちゃんに酸素や栄養が届けられなくなるリスクが発生します。

その場合は、一刻も早く赤ちゃんを娩出する必要があるので、鉗子分娩が行われます。

回旋異常

赤ちゃんは狭い産道を通り抜けるため、通常は体の向きを少しずつ変えながら出てきます。

これを回旋と呼ぶのですが、その回旋が上手くいかないと、赤ちゃんが産道を通過できないままになってしまうので、回旋異常になった場合は鉗子分娩によって赤ちゃんを引っ張り出します。

母体合併症

心疾患や高血圧などの母体合併症により、妊婦さんがいきむのを避けたい場合にも、鉗子分娩が適用されることがあります。

鉗子分娩は後遺症や障害のリスクがある?

出産 分娩 産後 女性 赤ちゃん カンガルーケア

「赤ちゃんの頭を器具で挟んで、危険性はないの?」と心配になる人もいるかと思います。鉗子分娩のリスクとしては、子宮頚管、膣、膀胱などの妊婦さんの体を傷つける可能性があることや、赤ちゃんに頭蓋骨骨折、頭蓋内出血、顔面裂傷などの健康被害を負わせるリスクがあることが挙げられます。

鉗子分娩によって赤ちゃんの頭の形が変わっても、時間が経てば、基本的には自然に戻っていくので心配しすぎないでください。しかし、頭蓋内出血が起きた場合は、症状がひどいと、脳性麻痺や知能障害の後遺症が残ることもあります。

これらのリスクも含めて、異常分娩に至った際の対処方法を、医師と事前に話し合っておきましょう。

異常分娩の際の鉗子分娩と帝王切開の分岐は?

立ち会い出産

鉗子分娩に至るまでには、妊婦さんの体と赤ちゃんを守るためにさまざまな処置が施されます。たとえば、微弱陣痛の場合には陣痛促進剤で陣痛を促し、胎児仮死の場合は妊婦さんに酸素吸入を行い、様子を見ます。

また、赤ちゃんが出てくる寸前で止まってしまった場合は、会陰切開により出口を広げて赤ちゃんを出しやすくします。こうした処置を行ったうえで経腟分娩が可能、かつ、一刻も早く赤ちゃんを娩出する必要があると判断された場合に、鉗子分娩や吸引分娩の処置が取られます。

しかし、それらの処置を行っても分娩が進まず、このまま時間をかけては、妊婦さんと赤ちゃんに危険を及ぼすと判断された場合には、すみやかに帝王切開に切り替えられます。

鉗子分娩の知識をつけ、心の準備を

妊婦 本 読書

出産時には、どんなことが起こるか分かりません。鉗子分娩といった異常分娩の際にとられる処置について勉強しておけば、鉗子分娩を急遽行うことになってもパニックに陥らず、落ち着いて処置を受けることができます。

お産の際に、さまざまなトラブルが起こり得ることを考えると、不安になることもあるかもしれません。そんなときは「赤ちゃんとの対面まで、もうひと頑張り!」と前向きに考え、体調管理や入院の準備など、いま自分にできることをやってみましょう。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい