妊娠中期・後期のお腹の張りの原因と対処法は?激しい痛みは危険?

妊娠中期・後期はお腹も大きくなり、「お腹の張り」を感じる場面が増えます。ほとんどは生理的な現象で安静にしていれば治まりますが、ときには大きなトラブルにつながる可能性も。危険なお腹の張りを見逃さずに、早めに対処できるように、妊娠中期・妊娠のお腹の張りの原因と対処法、激しい痛みを感じたときの注意点などをご説明します。

妊娠中のお腹の張りとは?

妊婦 胎動 お腹 痛み 張り

妊娠中の「お腹の張り」は、子宮の動きと連動して起こる生理的な現象です。子宮は筋肉でできていますが、普段は柔らかくふにゃふにゃの状態。しかし、何らかの刺激を受けて筋肉がキュッと縮まると硬くなり、子宮周辺の部位も影響を受けて、いわゆる「お腹が張った状態」になります。

お腹が張るという感覚は人によって感じ方が違いますが、「お腹がガチガチになる」「スイカのように硬くなる」など、とにかく硬くなります。自分でお腹を触ると子宮周辺の硬さがわかります。出産が近くなればなるほど、分娩のときに備えて子宮も準備運動を始めるのでお腹が張る回数も増えていきます。

妊娠中期・後期にお腹が張る原因は?

グッズ 虫眼鏡 理由

妊娠中期と妊娠後期では体の状態も異なるので、お腹の張る原因も変わってきます。

妊娠中期(妊娠5・6・7ヶ月)

妊娠中期はいわゆる「安定期」で、比較的楽に過ごせる期間です。つわりも落ち着いて、赤ちゃんの状態も安定していることが多いので、妊婦さんは活動的になれます。そのため自然にお腹が張ることは少ないのですが、動きまわったり遠出したりして疲労が溜まるとお腹が張ります。疲れが引き金になることが多いので、元気だからといって無理をしすぎないでくださいね。

妊娠後期(妊娠8・9・10ヶ月)

妊娠後期は、お腹の張りが一番強く現れます。体が出産に向けて準備を始め、子宮収縮が頻繁に起きるからです。出産が迫ってくると不規則に子宮収縮を起こす「前駆陣痛」が始まるので、それにともなってお腹が張ります。妊娠後期のお腹の張りは出産に向けた準備のことが多いので、安静にしながら心の準備をしておきましょう。

妊娠中期・後期は胎動でお腹が張ることもある?

 妊婦 夫婦 胎動 中期

妊娠中期の20週頃から胎動が始まります。胎動の感じ方は個人差がありますが、胎動が激しくなるとお腹が張る人もいます。あるいは、たまたま子宮が収縮して固くなっているときに赤ちゃんが動いて胎動を感じたのかもしれません。

胎動とお腹の張りを一緒に感じたとしても、安静にしていれば自然に治まるものです。胎動が激しいのは赤ちゃんが元気な証拠なので過度に心配する必要はありませんよ。

妊娠中期・後期のお腹の張りに対処する方法は?

医療 病院 医師

妊娠中期・後期にお腹の張りを感じたら、まずは安静にしましょう。自宅で家事をしているときに張りを感じたら横になるのがおすすめです。外出先や職場なら座って安静にしているだけでも構いません。お腹の張りのほとんどは、しばらく休めばゆるんで張りがなくなります。

しかし30分〜1時間以上横になっても張りが収まらない場合、妊娠30週未満に1時間に3回以上(妊娠30週以降は1時間に5回以上)お腹が張る場合は、切迫早産などのトラブルが起きている可能性もあるので早めに産婦人科に相談しましょう。病院を受診する際は、「お腹が張り始めた時期」「痛みの有無と強さ」「張りの頻度や間隔」「出血・胎動の有無」を伝えると診断がスムーズです。


お腹の張りに痛みや出血を伴ったら要注意!

危険 看板 テープ 注意

お腹の張りと一緒に激しい痛みや出血が現れた場合は、「常位胎盤早期剥離」の可能性もあります。赤ちゃんに酸素や栄養を送っている胎盤が何らかの理由で剥がれてしまう疾患です。

常位胎盤早期剥離は軽症であれば治療して妊娠を継続することもできますが、症状が進行していると緊急帝王切開が必要になります。放置しておくとお腹の赤ちゃんの命にかかわるので、異変を感じたらできるだけ早く産婦人科に相談しましょう。

妊娠中期・後期のお腹の張りが心配なときは病院に相談を

妊婦 女性 出産

妊娠中期から後期にかけて、頻繁にお腹が張るようになると「いつものことだから」と軽視してしまいがちです。しかし、万が一の可能性もあるので、お腹が張ったときは痛みや出血など今までにない症状が現れていないかを十分確認してください。そして少しでも不安があるときは、産婦人科に相談したほうが余計なストレスを貯めずに済みますよ。妊娠中はできるだけリラックスして過ごすことを心がけましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう