臍帯過捻転とは?原因や兆候、確率は?予防法はあるの?

「臍帯過捻転(さいたいかねんてん)」という言葉をご存じでしょうか?臍帯とはへその緒のことですが、妊娠・分娩中のトラブルの原因にもなります。近年、超音波検査機器の性能が向上し、臍帯異常が診断されやすくなり、この症状名を耳にする妊婦さんも増えているようです。そこで今回は、妊娠や分娩に影響のある臍帯異常の中でも、比較的頻度が多い「臍帯過捻転」についてまとめました。

臍帯ってなに?役割は?

本 疑問 対策

臍帯とは、いわゆるへその緒で、胎盤と赤ちゃんをつなぐ管です。個人差はありますが、長さは50cm程度で、太さは中指くらいです。臍帯の中には、1本の太い臍静脈と2本の細い臍動脈が通り、母体の血液から胎盤を介して胎児に栄養や酸素が送られています。

それぞれの血管には役割があり、太い臍静脈には動脈血が流れていて、栄養や酸素を母体から胎児へ運び、細い臍動脈には静脈血が流れていて、老廃物や二酸化炭素などを胎児から母体へ運んでいます。赤ちゃんの成長に必要不可欠の器官ですね。

臍帯過捻転とは?どんなリスクがあるの?

疑問 クエッション ?

通常の臍帯は、電話の受話器コードのように、ぐるぐるとらせん状にねじれています。このねじれが強すぎる状態を「臍帯過捻転」といい、反対に、ねじれがほとんどない状態を「臍帯過少捻転」といいます。

どちらもそのままでは血流の低下を招く原因となり、赤ちゃんに充分な栄養が届かず、胎児発育不全、胎児死亡、分娩中の胎児の状態悪化、新生児仮死などにつながるリスクがあります。

また、臍帯に起こるトラブルには様々あり、臍帯巻絡や臍帯下垂、臍帯結節などを合わせて臍帯異常と呼びます。

臍帯過捻転の原因は?

妊婦 夫婦 妊娠 

臍帯過捻転の原因は、赤ちゃんの胎動によるものといわれますが、詳しくは分かっていません。妊娠中のトラブルの原因になりやすい、母体の年齢や体質には関係ないようです。また、妊婦さんにも赤ちゃんにもずっと異変が見られず、突然臍帯過捻転になってしまうことも。発見される時期は妊娠20週頃から臨月までが多く、どの赤ちゃんにも起こる可能性があります。

臍帯過捻転の兆候はあるの?

エコー検査

臍帯過捻転には特別な兆候はなく、異常を見つけることは難しいとされています。基本的には、母体に症状が出るということはありません。ただ、臍帯の血流が低下することで、赤ちゃんの発育が悪くなったり元気がなくなったりするので、胎動が弱く感じられることはあるようです。

ただその際も超音波検査(エコー検査)で念入りに調べたり、ノンストレステスト(NST)で胎児の心拍数のモニタリングをしたりしても、過捻転が原因だと裏づけられるような症状は見つからないようです。赤ちゃんの様子を見ながら対処していく必要があります。

臍帯過捻転を予防する方法はある?治療法は?

医療 医者

残念ながら、臍帯過捻転の予防はできず、有効な治療法もないとされています。そもそも臍帯はねじれているのが普通なので、過捻転になっても必ずしも胎児死亡につながるとは限らず、たとえ見つかったとしても医学的処置で治療することはできません。また予防も同じで、ねじれを増やさないためには赤ちゃんの動きを制限するしかありませんが、それも不可能なのです。

妊娠後期に診断された場合は「経過観察」か「帝王切開で早期出産」か選択できますが、これ自体は臍帯過捻転を治すものではなく、現状では臍帯そのものに何か手を加えることができないためです。赤ちゃんの発育を確認して、早期出産に切り替えて出産後の発育を促していくことになります。

妊婦さんができることとしては、普段から赤ちゃんの胎動を感じてあげること。普段と違って弱くなったり、1日感じない、といったことがあれば産婦人科で相談するようにしてくださいね。

臍帯過捻転の確率は?死産のリスクがあるの?

超音波検査 不安 心配 妊婦

臍帯過捻転になったからといって必ず死産してしまう、ということはありません。臍帯過捻転であっても十分栄養が行き届き、無事に経腟分娩で出産したという先輩ママも多くいます。

ただ、死産の可能性としては、日本産科婦人科学会に報告されている臍帯巻絡も含めた臍帯異常による死産率は、全出産数0.1%程度あるとされています(※1)。もし残念ながら臍帯過捻転による死産となっても、妊婦さんや赤ちゃんのせいではないので、自分を責めすぎないようにしてください。

臍帯過捻転だと診断されても、落ち着いた気持ちで

妊婦 お腹 花 リラックス

超音波検査機器が進化し、今までより多くの臍帯異常が診断可能になりましたが、残念ながら現状はそのトラブルの予防も治療もできません。臍帯過捻転になっても赤ちゃんに影響がない場合もあります。また、赤ちゃんに影響があった場合でも、誰が悪いわけでもありません。

臍帯異常と診断されると不安な気持ちでいっぱいになりますが、ストレスを感じ続けることも赤ちゃんにとってよくない状態ですので、できるだけ穏やかに妊娠生活を送ることができるといいですね。

※1参考文献: 日本産科婦人科学会「周産期統計(2014年)」

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい