帝王切開とは?手術の流れや時間は?入院準備に必要なものは?

赤ちゃんが産道を通って膣から産まれてくることを「経腟分娩」、ママのお腹を切って直接赤ちゃんを取り出すことを「帝王切開」といいます。妊娠中に何らかのトラブルが起きたときに帝王切開を行うというイメージがあると思います。しかし、なんとなくは理解していても、自分が帝王切開を受けるかもしれないと考えると、どんな手術内容なのかとても気になりますよね。今回は、帝王切開の手術の流れや時間、特別な入院準備が必要なのか、赤ちゃんへの影響はあるのかなど、気になるポイントをご説明します。

帝王切開とは?

帝王切開 新生児 出産 分娩 手術台 病院 

帝王切開とは、妊娠・出産時になんらかのトラブルで経膣分娩が難しいと医師が判断した場合に選択される分娩方法です。麻酔をかけて外科的にお腹と子宮壁を切り開き、そこから赤ちゃんを直接取り出します。手術自体は1時間ほどで終わるものなので、母体や赤ちゃんへの負担が少なくて済むメリットがあります。

年間の出産件数は年々減少しているものの、帝王切開による出産の数は増加傾向にあります。現在では5人に1人は帝王切開での出産といわれています(※1)。

帝王切開には2種類ある

分岐 違い 道 選択 二股

帝王切開と一口にいっても、判断するタイミングによって「予定帝王切開」と「緊急帝王切開」の2つにわかれます。

予定帝王切開

妊娠中の経過を見ながら、経膣分娩ではなく帝王切開で分娩したほうがより安全とあらかじめ医師が判断した場合に、手術予定日を決めて行うのが予定帝王切開です。主なケースは、逆子や巨大児、多胎妊娠(双子や三つ子など)、胎盤が子宮口をふさぐ前置胎盤、帝王切開での分娩経験などです。赤ちゃんが十分に成長し、陣痛が起こる前の妊娠37〜38週頃に手術の予定が組まれます。

緊急帝王切開

経膣分娩を予定していたものの、分娩中の緊急事態で、急遽帝王切開が必要になった場合を緊急帝王切開といいます。主なケースとして、赤ちゃんの心音が弱まるなどの胎児機能不全や、先に胎盤が剥がれてしまう常位胎盤早期剥離の可能性がある、産道をうまく降りて来られないといった赤ちゃんに危険が及ぶ場合のほか、妊娠高血圧症候群や子宮破裂など母体に危険が及ぶ場合などがあります。これまでの妊娠経過がどんなに順調でも、緊急帝王切開になる可能性はあります。

帝王切開の方法は?手術の流れや時間は?

予定帝王切開でも緊急帝王切開でも、手術内容はほとんど同じです。手術前に静脈の確保と輸血の準備などが行われます。そして、下半身の局所麻酔をし(ママの体や胎児の状態によっては全身麻酔)、麻酔が効いたのを確認してから下腹部の皮膚と子宮壁を切開します。切開後2〜3分ほどで赤ちゃんを取り出します。

取り出した後は、切開した部分を溶ける糸で縫合します。糸で縫う方法と、ホチキスのようなステープラーと呼ばれる特殊な器具を使う方法があります。全身麻酔でなければ術中も意識はありますが、痛みを感じることはほとんどありませんよ。意識もあるので、取り出された赤ちゃんの産声を聞くこともできますし、出産後すぐに対面することもできます。

手術時間は約1時間が目安ですが、胎児や母体の状況によって個人差があります。

帝王切開の手術後は?退院時期は?

インフルエンザ 注意

帝王切開の手術後は、麻酔が切れると傷口に痛みを感じ始めます。痛みの程度にもよりますが、2~3日は安静にする必要があります。痛みがひどいときは痛み止めを処方してもらえるので、医師や看護師に相談しましょう。

食事は手術の翌日からおもゆなどの流動食を食べ始めて、徐々に普通食へと変えていきます。1週間後くらいには抜糸をして、診察時に問題がなければ退院できます。入院期間は全体で8〜10日程度と考えてください。

ちなみに、帝王切開の場合でも経膣分娩と同じように産後24時間くらいで母乳が出るようになります。すぐに授乳もできるようになるので心配いりませんよ。痛み止めを飲みながら授乳するのに抵抗を感じる人もいますが、通常の痛み止めであれば赤ちゃんへの影響はほとんどないといわれているので、医師の指示に従って対処してください。

帝王切開による赤ちゃんへの影響は?

車 寝る赤ちゃん

帝王切開は、赤ちゃんやママの体へのリスクを減らすためにとられる処置なので、赤ちゃんへ悪影響をもたらすことはほとんどありません。

帝王切開でも赤ちゃんの発育に影響はなく、経膣分娩の場合と同じです。麻酔を受けて手術をすることを不安に思うかもしれませんが、局部麻酔なら赤ちゃんへの影響はほとんどありません。もし、全身麻酔になった場合でも、赤ちゃんは麻酔薬の影響で眠ったまま生まれてきたり、一時的に呼吸が弱くなったりすることはありますが、重い症状が現れるのは稀です。

ただし、お腹を切り開くので母体にはいくつかリスクを伴います。詳しくは関連記事を参考にしてください。

帝王切開に備えた入院準備は必要?

水中出産 病院

帝王切開だからといって、通常の入院準備と違いはありません。急に帝王切開になってもあわてないでください。ただし、妊娠中はどんなトラブルが起こるかわかりませんので、できるだけ早く入院準備をしておくことが大切。入院準備をしっかりとした上で、どんな分娩方法になってもリラックスして臨めるように、心の準備をしておいてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう