常位胎盤早期剥離とは?症状や徴候、確率、原因は?痛みはある?

安定期に入ってからは順調に妊娠期間を経ると、お腹の大きい状態にも慣れて、あと少しで念願の赤ちゃんに会える!と安心してきますよね。しかし、無事に分娩が終わるまでは何が起きるかわからないもので、いつ誰にでも起きる可能性のある怖い症状もあります。その一つが、「常位胎盤早期剥離」です。発症頻度は少ないですが、胎児と母体に命の危険もあります。今回は、常位胎盤早期剥離の症状や原因、診断方法、治療方法、予防方法についてまとめました。

常位胎盤早期剥離とは?

風景 太陽 空

赤ちゃんが栄養や酸素をもらっている胎盤は通常、出産してから15~30分程度で自然に子宮から剥がれて外に出てきます。ところが、何らかの原因で、赤ちゃんがまだお腹の中にいるうちに、胎盤が子宮の壁から剥がれてしまうことを常位胎盤早期剥離といいます。

胎盤が剥がれると子宮壁から出血し「胎盤後血腫」という血の塊が、子宮壁と胎盤の間にできます。そのため、母体のみならず栄養や酸素を必要とする赤ちゃんにまで影響を及ぼす怖い疾患です。

常位胎盤早期剥離は、どんなリスクがあるの?DICとは?

妊婦 リラックス お腹

常位胎盤早期剥離は母体と胎児、両方にリスクのある症状ですが、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

胎盤が子宮から剥がれると、胎児への酸素と栄養の供給が止まってしまい、胎児死亡に至ってしまうことがあります。剥がれる面積の大きさで、酸素供給量が変わりますが、例えば、激しい下腹部痛により救急車で病院に運ばれた時点で赤ちゃんが弱りきっていると、緊急帝王切開後、蘇生処置を実施してもらっても脳性麻痺などの障害が残る場合もあります。

さらに、胎盤後血腫で母体の血液の状態が変化すると、血が固まりにくくなる「播種性血管内血液凝固(はしゅせいけっかんないけつえきぎょうこ)症候群(DIC)」を引き起こすことがあります。DICは、出血多量によるショックや、肝臓や腎臓などの臓器障害を引き起こし、症状によっては、子宮摘出や、妊婦さんの命を奪ってしまうこともあります。

常位胎盤早期剥離による死亡率は高いの?

妊婦 不安 女性

常位胎盤早期剥離の母体死亡率は1~2%、胎児死亡率(周産期死亡率)は30~50%といわれており、赤ちゃんだけでなく妊婦さんの命も脅かしかねない危険な状態といえます(※1)。なお、正常の分娩経過中に病院内で突然起こることもあれば、臨月前に突然起こることも。症状を事前に知っておき、急な治療や対応にも、できる限り落ち着けるようにしたいですね。

常位胎盤早期剥離の原因は?どれくらいの確率で起きる?

? 疑問

常位胎盤早期剥離の直接の原因はまだはっきりとわかっていませんが、以下に当てはまる方は起きやすいとされています。

● 妊娠高血圧症候群
● 絨毛膜羊膜炎
● 腎炎、バセドウ病、子宮筋腫などの合併症
● 胎児奇形や子宮内胎児発育遅延
● 常位胎盤早期剥離の既往
● 喫煙
● 腹部への外的刺激

全妊娠の0.49~1.29%の確率で起きるとされていて、確率自体は低いのですが、危険度の高い症状なので注意しましょう。また、常位胎盤早期剥離は繰り返す確率が高く、反復発生率は5.5〜16.6%とされています(※2)。一度経験した方は、二人目以降の妊娠では普段の生活から身体の調子により気を配る必要があります。

常位胎盤早期剥離の症状とは?徴候に痛みはある?

妊娠初期 流産 原因 症状 対策

常位胎盤早期剥離の症状は重症度により様々で、進行速度にも差があります。重度の場合、動けない程の下腹部痛で、お腹は板のように硬くなり、不正出血がみられることもあります。また、胎動は弱くなる、またはなくなります。

軽度の場合は不正出血や腹痛などの自覚症状もなく、胎児もモニター上では異常が見つからないため、診断が困難な場合もあります。なお、胎児心拍数モニターと超音波検査で診断しますが、これら検査ではっきりした症状が認められないことの方が多いとされています。

また、症例として切迫早産の徴候があったときに、常位胎盤早期剥離の症状が見られることも多いようです。常位胎盤早期剥離の対応は時間との戦いのため、特に腹痛が長く続く、出血があるなどであれば、至急、産婦人科を受診するようにしましょう。

常位胎盤早期剥離の診断方法は?

妊婦 検査 女性 医者 検診

はっきりとした症状がないことも多く、妊娠中は少量の不正出血はよくあるので、自覚症状だけで早期判断することは困難です。妊婦健診のときに、胎児モニターの所見や超音波検査で胎盤が分厚くなっていることなどから判断し、疑いがあるときは入院して管理していくことになります。

常位胎盤早期剥離の治療方法は?

医療 医者

常位胎盤早期剥離と診断された時点での治療方法としては、軽症以外は急ぎで胎児を娩出する必要があるため、多くは緊急帝王切開になります。子宮の止血が難しいことも多いので、母体の命を救うために子宮摘出術をしなければいけない場合もあります。

また、一部剥離が起きていても、胎盤が正常に機能している場合は、入院して安静にします。妊娠34週以降で、赤ちゃんの誕生準備がほぼ整っている場合には分娩を誘発して出産しますが、妊娠周期が早くても、胎盤が正常に機能していなければ緊急帝王切開が行われます。

常位胎盤早期剥離を予防する方法は?

妊婦 検診 病院 お腹の張り

常位胎盤早期剥離の原因が明確でないため、確実な予防方法はありません。ただ、早期発見をするためにも、次のようなことには注意しておいてください。

● 妊婦健診をきちんと受けること
● 血圧の管理をする
● お腹をぶつけるなど外傷があったときには、受診して適切な期間観察を受ける
● 喫煙をしない

常位胎盤早期剥離は、迅速な対応が大切

妊婦 悩み 考える 困難

常位胎盤早期剥離が起きた場合には、できるだけ早く診断してもらい、緊急帝王切開などの緊急救命処置を行う必要があります。

妊娠後期の子宮の痛みで一番多いのは陣痛ですが、陣痛は収縮して痛いときとゆるむときの強弱がありますが、常位胎盤早期剥離の痛みは強くて持続的なことが多く、急激な腹痛で始まります。妊娠後期に急激な腹痛に見舞われたら、すぐに病院を受診しましょう。

また、胎盤に関するトラブルは様々あるので、関連記事も参考にしてください。

※1参考文献: 日本産科婦人科学会「6.異常妊娠」※2参考文献: 日本産科婦人科学会「胎盤早期剥離の成因とその管理」

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい