妊娠初期の基礎体温が下がる原因は?対処が必要なの?

妊娠すると基礎体温は高温期が維持されますが、高温期だったはずの基礎体温が急に下がってしまったら、お腹の赤ちゃんに何かあったのではと心配になりますね。今回は、妊娠初期に基礎体温が下がる原因、対処が必要かどうかについてご説明します。

妊娠すると基礎体温が高温期になるのはなぜ?

女性ホルモン

妊娠していない女性の基礎体温は、生理周期に合わせて「低温期」と「高温期」の二相に分かれます。「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌量が増えて卵胞を成長させる時期が低温期で、「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が分泌されて妊娠しやすい体を維持するのが高温期にあたります。

一般的に低温期と高温期は交互に繰り返されていますが、妊娠すると新しく排卵をする必要がなくなるので、妊娠の維持が優先されるようになります。すると、プロゲステロンが常に分泌されるので、基礎体温が高温期のまま維持されるようになるのです。

妊娠初期に基礎体温が下がる原因は?

グラフ 低下 減少 はてな クエスチョン ?

高温期は胎盤が完成する妊娠12~15週頃まで続きます。しかし、妊娠初期(妊娠15週目まで)でも基礎体温が下がることはあり、以下のような原因が考えられます。

胎盤の完成

胎盤ができあがると、これまでママの卵巣から分泌されていたプロゲステロンが胎盤から分泌されるようになって基礎体温への影響力が弱まります。胎盤ができあがる時期には個人差があり、早く完成した人は妊娠12週より前に基礎体温が下がり始めることがあります。

外気温の低下

寝室の気温が低いと、基礎体温も下がることも。あまりに寒くて体が冷えてしまっている可能性もあります。

計測ミス

基礎体温を測るときは、目覚めてすぐに舌の裏に体温計を入れなければなりません。この計測時に体温計の位置がずれて正確に測れなかった可能性があります。

睡眠不足やストレスの影響

睡眠不足や過度なストレスの影響を受けて基礎体温は変動します。特に妊娠初期は精神的にも身体的にも不安定な時期なので、基礎体温がバラバラになってしまうことがあります。

妊娠初期に基礎体温が下がるのは流産の兆候なの?

流産を起こすと妊娠を維持することができなくなるので、プロゲステロンの分泌量が減少して基礎体温も下がります。基礎体温が徐々に下がることもあれば、いきなりガクッと下がることもあります。

ただし、「基礎体温が下がる=流産」ということではなく、基礎体温が下がらなくても流産しているケースも。基礎体温だけでは一概には言えないので、ほかの症状が現れていないかも合わせて確認する必要があります。

妊娠初期に基礎体温が下がったらどう対処すべき?

女性 基礎体温 体温計 ベッド

妊娠初期に基礎体温が下がったときは、慌てずに1~2日ほど様子を見ましょう。数日経って基礎体温が高温期に戻れば、外気の影響や計測ミスだったと考えられます。

しかし、何日も高温期に戻らないときは、胎盤ができあがった影響か流産の可能性が考えられます。流産を起こしていれば妊娠初期症状などがなくなるので、それまで悩まされていたつわりなどの症状が続いているかどうかも確認しましょう。流産の可能性が考えられるときは産婦人科を受診してください。

妊娠初期の基礎体温の変化に振り回されないで

妊娠初期に基礎体温が下がると不安を感じてしまうのは仕方のないことです。しかし、睡眠時間やストレスなど、ちょっとしたことで基礎体温は変化するものなので、あまり考えすぎないでくださいね。基礎体温の変化は参考程度にして、腹痛や出血、体調の変化など具体的な症状が現れていないかに目を向けるようにしてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう