妊娠週数の数え方は?妊娠周期を計算するメリットは?

妊婦健診の際、「妊娠●週目ですね」と医師や助産師から妊娠週数について教えてもらうことがありますよね。妊娠週数が経過するにつれ、妊娠した実感が強くなってくるものの、そもそも「妊娠週数ってどうやって計算しているの」と気になりませんか?そこで今回は、妊娠週数の数え方について詳しくご説明します。

妊娠週数とは?

子供 計算 黒板 勉強

妊娠週数とは、妊娠から出産までの期間を7日間で1週と区切って計算したもので、「妊娠周期」と呼ばれることもあります。

妊娠の経過をわかりやすくするためのもので、カレンダー上の週数の数え方とはまったく異なります。

一般的に、妊娠期間は満280日で、分娩予定日までの妊娠週数は40週とします(※1)。

これはWHO(世界保健機関)が「受精から出産に至った日数」を調べたところ妊娠期間の平均が280日±15日だったため、「妊娠の正常持続日数は280日で、28日間が1ヶ月、7日間が1週と定めた」ことに由来します。

妊娠週数の数え方は?

妊婦 医者 診察

妊娠週数は、妊娠の成立=着床してから数え始めると考えがちですが、実際は最後に生理が来た初日(=最終月経開始日)から数えます。

最終月経開始日を妊娠0日目として考え、妊娠0〜6日目が「妊娠0週」、妊娠7〜13日が「妊娠1週」となります。わかりやすく1月1日を最終月経開始日とした場合は以下のようになります。

妊娠週数の計算例

● 1月1日(最終月経開始日)=妊娠0週0日
● 1月2日=妊娠0週1日
● 1月7日=妊娠0週6日
● 1月8日=妊娠1週0日

妊娠日数と週数は「満(まん)」で計算するため、0から起算する点に注意してください。1月8日は「妊娠0週7日」とは数えず、繰り上がって「妊娠1週0日」となります。

この数え方の場合、妊娠検査薬で陽性反応を示す頃にはもう妊娠1ヶ月に入っていることもあり、「もう妊娠1ヶ月なの?!」と驚く人も多くいますよ。

妊娠週数の数え方で出産予定日もわかる?

女性 カップル 計算

出産予定日も妊娠週数の数え方と同じで、最終月経開始日から40週0日目で計算されます。ただし、これは最終月経開始日から考えたものなので、最終月経開始日が曖昧だったり、生理周期が28日間でない人の場合は誤差が生じます(※1)。

妊娠週数で考えるのはあくまでも目安としてください。

ちなみに、これは「ネーゲレ概算法」と呼ばれる方法で計算でき、最終月経があった月から3を引いたものが出産予定月(引けない場合は、9を足す)、最終月経の開始日に7を足した数が出産予定日の目安になります。

ネーゲレ概算法の計算例

● 最終月経開始日=1月2日
● 出産予定月:1+9=10月
● 出産予定日:2+7=9日

妊娠週数は変わることがある?

変化 チェンジ

最終月経開始日から起算した妊娠週数は、本当の妊娠週数とズレていることがあります。その場合、妊娠8〜11週くらいで週数が変更されることがあります。

妊娠8〜11週目の赤ちゃんは体の大きさに個人差が少ないため、この時期の大きさを測定すると大体の週数が把握できます。胎児の頭のてっぺんからお尻の突出部までの長さを表す「頭殿長(CRL)」を超音波で測定して正確な週数が確定します(※2)。

この数値次第で、出産予定日と週数が変わる人もいれば、最初に告知された日付のまま変わらない人もいます。

生理周期が違っていたり、最終月経開始日を勘違いしていたりすることは誰にでもあるので、妊娠週数が途中で修正されることも決して珍しいことではありません。

妊娠週数の数え方を知っておく必要はある?

記号 疑問 クエスチョン はてな

わざわざ妊娠週数を計算する必要があるの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、妊娠週数を知っておくことで万が一のトラブルを早期に発見できることにつながります。

ママの体や赤ちゃんの状態は、妊娠週数によってある程度の目安があります。そのため、妊娠週数を知ることで、ママの体重が増えすぎていないか、赤ちゃんは順調に成長しているかなどを判断することができます。

日々の生活で何に気をつければいいのかなどを把握するためにも、妊娠週数を知っておくことはとても重要です。

妊娠週数を把握しておくには、アプリが便利

ニナル アプリ

妊娠週数はすぐに忘れてしまうので、無料アプリを利用するのが便利ですよ。アプリストアで☆5のレビューで、4人に1人の妊婦さんが使用している、大人気のninaru(ニナル)がおすすめです。

かわいらしい赤ちゃんのイラストと一緒に、毎日の赤ちゃんの様子とママの体の変化を知ることができるので、妊娠週数の把握だけでなく、日々の不安や悩みの解消に役立ちますよ。

出産まで使えて多くの情報が掲載されているのに無料で使用できるのは嬉しいですよね(※)。

妊娠週数の妊娠初期・中期・後期って何?

妊婦 計算 時計

妊娠期間の280日は、「妊娠初期」「妊娠中期」「妊娠後期」の3つに分類されます。それぞれ何週目から該当し、どんな特徴があるのかを紹介します。

妊娠初期

妊娠0週0日~13週6日の期間を「妊娠初期」といいます(※2)。体型に大きな変化は見られませんが、つわりや眠気といった妊娠初期症状が起こり始めるのがこの時期です。

赤ちゃんの体が徐々に形作られ始め、胎嚢(たいのう)や胎芽(たいが)、心音などが超音波検査で確認できます。

妊娠中期

妊娠14週0日~27週6日の期間を「妊娠中期」といいます(※2)。「安定期」と呼ばれることもあり、つわりなどの妊娠初期症状がおさまって、母子ともに体調が安定する時期です。

この時期には胎盤が完成して流産の確率も下がります。その一方、お腹が大きくなってきて、赤ちゃんの動きも活発になり、胎動を感じられるようになります。

妊娠17~18週以降には赤ちゃんの性器の形もはっきりして、超音波検査で性別が判明する場合もあるでしょう(※3)。また、聴覚機能も完成するので、外の音や人の声が聞こえているかもしれませんね(※3)。

妊娠後期

妊娠28週0日以降を「妊娠後期」といいます(※2)。

お腹がだいぶ大きくなるので、お腹を抱えるようにしていなければならず、日常生活も大変になってきます。

妊娠後期のなかでも妊娠36週0日~39週6日は臨月といい、出産に向けて赤ちゃんが下に降りてきます。その影響で膀胱が圧迫されて頻尿になるなど、妊娠後期特有の体の変化も現れます。

ちなみに、妊娠37週0日~妊娠41週6日を「正期産」の時期といい、赤ちゃんがいつ生まれてもいい時期とされています(※2)。

妊娠週数の数え方を知り、妊婦生活に安心を

女性 パソコン 調べる

妊娠週数は、母体と赤ちゃんの状態を知るためのもので、そこから算出された出産予定日に赤ちゃんが必ず生まれるわけではありません。出産予定日はあくまでも目安なので、もし過ぎてしまったとしても神経質になりすぎないようにしましょう。

実際に赤ちゃんが生まれるのは、出産予定日より早まることもあれば遅くなることもあります。日々の生活の目安として妊娠週数をチェックし、赤ちゃんと対面できる日を楽しみにしながら穏やかなマタニティライフを過ごしてくださいね。

※ninaruはこそだてハックを運営するエバーセンスの提供するアプリです。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう