妊娠中の高温期はいつまで?妊娠初期の基礎体温低下は流産兆候?

妊娠すると体内のホルモンバランスが変化するので、基礎体温は高温期が続きます。ただ、妊娠中の高温期はいつまで続くのか疑問に思ったことはありませんか?基礎体温が下がるのは流産兆候ともいわれるので、基礎体温の変化には敏感になりますよね。今回は、妊娠中の高温期はいつまで続くのか、妊娠初期に基礎体温が下がると流産の兆候なのかなどをご説明します。

妊娠すると高温期が続くのはなぜ?

女性ホルモン

妊娠中の高温期がいつまで続くのかをご説明する前に、妊娠するとなぜ高温期が維持されるのかについてみてみましょう。

妊娠する前は、排卵を促す「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、妊娠の準備を整える「プロゲステロン(黄体ホルモン)」という2つの女性ホルモンが交互に分泌されて生理周期が生み出されています。プロゲステロンには体温を上げる作用があるため、プロゲステロンの分泌量が増えると高温期に入ります。

そして、妊娠が成立しないとプロゲステロンの分泌量が減少するので、生理が始まる頃には低温期に入るのが通常の生理周期です。

しかし妊娠が成立すると、妊娠しやすい環境を維持する必要が出てくるのでプロゲステロンが分泌され続けるのです。そのため、生理予定日を過ぎても高温期が続いている場合は、妊娠している可能性があると判断されるわけです。

妊娠中の高温期はいつまで続く?

女性 数える 計算 日数 日にち カレンダー

妊娠中はずっと高温期が続くわけではありません。一般的に、高温期が続くのは妊娠12~15週までといわれ、それからは少しずつ基礎体温が下がり始めるといわれます。妊娠20週を過ぎる頃には低温期の体温まで下がって落ち着きます。ただし、基礎体温の下がり始める時期には個人差があり、12週より前に下がり始める人もいれば、15週を過ぎて高温期が続く人もいます。

体温が低下し始める理由は、胎盤ができあがることに関係しています。それまでママの卵巣から分泌されていたプロゲステロンが胎盤から分泌されるようになって胎児に直接働きかけるようになるので、ママの体への影響が小さくなっていくからです。

妊娠初期に基礎体温が下がることはあるの?

グラフ 低下 減少 はてな クエスチョン ?

妊娠初期でも基礎体温が下がることはあり、主に以下の原因が考えられます。

外気温の低下

外気温が下がると、基礎体温も下がることがあります。あまりに寒くて体が冷えているときは基礎体温を測っても低温期ほどまで下がることがあります。

計測ミス

基礎体温を測るときに寝ぼけて体温計がずれてしまっている可能性もあります。その場合は測り直しても正確な基礎体温が測れませんので、翌日に本当に下がっているかどうかを確認しましょう。

睡眠不足やストレスの影響

睡眠不足になると、基礎体温が上がりきらずに低温期になることがあります。また、過度なストレスの影響で基礎体温が変動することもあります。特に妊娠初期は体調が不安定なので、バラつきやすい時期だといえます。

妊娠初期の基礎体温の低下は流産の兆候なの?

妊娠初期に基礎体温が低下した場合、流産の可能性もゼロではありません。流産するとプロゲステロンの分泌量が減少するからです。徐々に体温が下がることもあれば、いきなりガクッと下がることもあります。

1~2日ほどで再び高温期に戻るようなら外気温や計測ミスの可能性も考えられますが、数日間低温期が続く場合は注意が必要です。つわりなどの妊娠初期症状が消えていないかどうかも判断のポイントになります。流産のことが心配であれば、一度産婦人科を受診してください。

妊娠初期の基礎体温に振り回されすぎないで

妊婦 カップル お腹 ハート

妊娠中の基礎体温は体の状態を知る目安ですが、体調や外的環境でも変化するものなので、その変動に振り回されないようにしましょう。体調や妊娠初期症状の変化などにも注意しながら、あまり神経質にならず、リラックスして妊娠生活を過ごせるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう