流産とは?妊娠初期の兆候は?症状に出血があるの?

妊娠期間中は、赤ちゃんが元気に育ってくれるだろうかと、誰でも不安になるものです。しかし残念ながら、妊婦さんのうち約15%で流産に至るといわれています(※1)。流産は決して珍しいことではありません。今回は流産について、症状や兆候はあるのか、流産時に痛みや出血はあるのか、原因や予防法も含めてまとめました。

流産とは?自然流産って何?

天気 曇り 不運 不安 イメージ

流産とは、妊娠22週に至らない段階で、妊娠が終わってしまうことを指します。何らかの原因で妊娠の継続が困難になり、お腹の中の赤ちゃんが育たなくなってしまった状態です。

流産は、人工的に流産を起こす「人工流産(人工妊娠中絶)」と、それらを除いた自然に起こる流産である「自然流産」に分けられます。自然流産の約80%は、妊娠12週までに起こる初期流産です。

今回は主に自然流産についてご紹介します。

流産の原因は?

疑問 クエスチョン

流産の原因の多くは、受精卵の染色体異常です。染色体に異常があるために、十分に育つことができずに流産になってしまうのです。つまり、受精した段階で流産することが決まっているともいえます。

流産というと自分を責めてしまう方が多くいますが、ママが妊娠中に何かをしたから流産をしたということはほとんどありません。もし流産が起こってしまっても、あまり自分を責めすぎないでください。

流産の兆候や症状は?痛みや出血がある?

女性 お腹 子宮 

流産には、いくつかの兆候や症状が現れます。主に以下のようなものが見られるので、妊娠12週目の妊婦さんは注意してくださいね。

流産の兆候・症状

□ 不正出血
□ 腹痛
□ 腰痛
□ お腹の張り
□ 基礎体温が下がる

これらの症状があれば必ず自然流産になるというわけではありません。特に妊娠初期は、順調に赤ちゃんが育っていても同じような症状が現れることがあります。そのため、こうした症状が見られたときには一度産婦人科を受診して赤ちゃんの状態を診てもらいましょう。

また、これらの症状が起きない「稽留流産」というものもあります。お腹の中で赤ちゃんが死亡したまま残ってしまい、妊娠状態のホルモンが出ているため、自覚症状が現れないのです。

流産を防ぐには?予防法はある?

寝る 睡眠

流産の多くは原因が受精卵の染色体異常なので、予防することはできません。しかし、なかには切迫流産から流産に至ることがあるように、ママの体側でのリスクを最小限にすることで流産を防げる場合もあります。例えば次のようなことに取り組んでみましょう。

身体を冷やさない

妊婦にとって身体の冷えは大敵です。体温が下がることで子宮の筋肉が収縮し、子宮内膜の血流が悪くなります。子宮内膜から胎盤が成長し、胎盤から赤ちゃんに栄養や酸素が送られることを考えると、冷え性は改善しておきたいですね。

● 腹巻きや使い捨てカイロの活用
● エアコン対策に上着を持参
● 温かいスープや根菜類など身体を温める食事を
● 入浴後の髪はしっかり乾かす
● 靴下を重ね履きして足元を温める

葉酸やビタミンEを摂取する

赤ちゃんの細胞形成を助けてくれる葉酸や、妊婦さんの血行を促進して赤ちゃんへの栄養を送りやすくしてくれるビタミンEを積極的に摂取していきましょう。

葉酸は通常の食事だけでは必要量を賄うことが難しいため、サプリメントの利用もおすすめですよ。ビタミンEが含まれている葉酸サプリもあるので、ぜひ試してみてくださいね。

無理な運動は避ける

妊娠初期は着床した受精卵がまだまだ安定していない時期。激しい運動をきっかけにして流産を引き起こす可能性もあります。下腹部に力が入る運動や人との接触があるようなスポーツは避けるようにしましょう。

睡眠不足に注意して、ストレス発散

妊娠初期はホルモンバランスも急激に変わり、つわりの症状などに悩まされるころでもあります。ストレスもたまりやすい期間なので、できるだけ睡眠をしっかりとって、ストレスを溜めない生活に変えていきましょう。

流産が起きてしまったらどうする?

女性 腹痛 副作用

もし流産の兆候・症状が見られたら、産婦人科を受診して超音波検査で赤ちゃんの心拍などを確認します。妊娠7週目以降であれば、赤ちゃんの心音があるはずなので、心音が認められなければ流産と診断されます。

流産では、赤ちゃんを含めた子宮の内容物が自然に排出される「完全流産」と、一部が子宮内に残る「不全流産」になる場合があります。不全流産の場合には入院して、子宮内除去手術を行うことになります。

流産後はどうなるの?

カップル 妊活

流産が起きてしまった場合、妊娠12週目を過ぎていれば赤ちゃんの死亡届が必要となります。同時に火葬するために火葬許可証の交付を受ける必要があります。とてもつらいことではありますが、赤ちゃんのためにもきちんと手続きをしてあげてください。

そして流産後は、また妊娠できるのか、妊娠しても大丈夫なのかと不安を感じる方も多いと思います。しかし、流産したとしてもその後の妊娠ができなくなるということはありませんし、流産を経て赤ちゃんを授かったママもたくさんいます。

流産は悲しいことではありますが、パートナーのサポートも受けながら、不安に思いすぎず、次の妊娠をあきらめないでくださいね。

※1参考文献: 日本産科婦人科学会「病気を知ろう:産科の病気 流産・切迫流産」

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい