妊娠超初期のおりものは生理前とどう違う?排卵後の着床で変化する?

妊娠すると体に様々な変化が現れます。「おりもの」の変化もその1つ。妊娠検査薬が反応しない生理前でもおりものに変化が現れたら、妊娠兆候かもしれません。今回は生理前のおりもの変化について、妊娠したら量は増えるのか、色や状態が変化したら妊娠超初期症状なのかなどをご紹介します。

おりものとは?生理周期で変化するの?

女性 生理 トイレ トイレットペーパー

おりものとは、膣内の粘液や膣壁の細胞の一部などが混じりあった分泌物です。おりものには2つの役割があり、「自浄作用」と「受精のサポート」の機能を果たしています。細菌が膣を通って体内に侵入するのを防ぎながら、一方で精子が膣内に進入するのを助ける働きがあります。

この2つの役割が異なるため、生理周期によっておりものの量や状態が変化します。普段は少し粘り気のある透明な液体ですが、日々チェックしていると「水っぽい」「ドロっとしている」「量が多い」「粘り気がある」など、その変化がわかると思います。

生理前のおりものの特徴は?

排卵周期 基礎体温グラフ

おりものは「自浄作用」と「受精のサポート」という異なる役割を果たすために、生理周期に合わせて以下のように変化します。生理周期の「卵胞期」「排卵期」「黄体期」という段階ごとに、おりものの状態を見ていきましょう。

卵胞期(生理直後から排卵まで)

生理直後のおりものは水のようにサラサラした状態で、少し白っぽい色をしています。これは細菌などの侵入を防ぐための変化です。しかし、排卵期が近づいてくると精子を酸性から守るために粘り気が強まります。糸をひくようなとろみが出てきて、少しずつ量が増えるのが特徴です。

排卵期(排卵前後)

おりものの色は透明のままですが、量がもっとも多くなります。とろみのある状態で、精子が進みやすい状態が作られます。

黄体期(排卵後から生理前まで)

排卵後に量はピークを迎えますが、黄体期も後期に入って生理が近づいてくると徐々に減少し、透明から白濁した色に変化します。細菌などを侵入させないように、サラサラした状態になります。

生理前は排卵を終えて受精をサポートする役割は必要なくなるので、細菌などの侵入を防ぐための準備が進んだ状態になります。

妊娠超初期のおりものは生理前と違う?排卵後に着床すると変化する?

石 海 やじろべえ バランス 秤 平均 天秤

妊娠すると、おりものはどのように変化するのでしょうか?着床すれば、体内のホルモンバランスが変化し、本来は減少するはずの女性ホルモンが分泌され続けます。女性ホルモンのバランスが変わることによって、おりものの量や色が変化するのです。

生理前のおりものに以下のような変化が見られたら、妊娠超初期症状の可能性があります。

おりものの量が増加

排卵後から生理に向かう間はおりものの量は減っていくのが一般的ですが、妊娠すると分泌量が増えることがあります。

おりものが水っぽくなる

排卵前後に近いおりものの状態が維持されて水っぽくなることがあります。

ただし、妊娠していてもおりものに変化が現れないこともあります。妊娠していれば誰でも起きる現象ではないので注意してくださいね。

生理前におりものの色が変わると妊娠超初期症状?

女性 生理 下半身 

妊娠超初期には量や状態だけではなく、おりものの色も変化します。少し濁った色になるはずのおりものが茶色っぽくなることがあります。これは妊娠兆候の一つである着床出血がおりものと混じったためと考えられます。

しかし、おりものの量や状態と同じように、「この色になると妊娠している」という確実なものではありません。いつものおりものの状態をよく見ておいて、わずかな変化に反応できるようになることが大切です。

妊娠超初期症状のおりものと異常なおりものの見分け方は?

グッズ 勉強 本 虫眼鏡

生理前のおりものに変化があると、「もしかして妊娠かも?」と気がはやるかもしれません。ただし、病気にかかってもおりものは変化するので、注意が必要です。

以下のようなおりものが見られるときは感染症の可能性も考えて、一度婦人科を受診してください。

● 明らかな黄色や緑色、黄緑色、灰白色は感染症が疑われます。
● 生臭さなど、嫌な臭いがするときは感染症が疑われます。
● 白くポロポロした状態はカンジダ膣炎の可能性があります。
● 細かい泡状になっていたらトリコモナス膣炎の可能性があります。

妊娠超初期症状のおりものだと感じたら?

虫眼鏡 探す 見る

おりものの変化は妊娠超初期症状の一つですが、あくまでも予測です。着床出血や高温期が2週間以上続くなど、その他にも妊娠超初期症状は色々あるので、体調変化を確認してみてください。

そして、予定日を過ぎても生理が来なかった場合は、生理予定日から1週間後に妊娠検査薬で判定することが大切です。陽性反応が出たらすぐに婦人科を受診して、妊娠の確定診断をしてもらいましょう。

普段のおりものに注目して、生理前の特徴を見極めよう

生理前のおりものの変化に気がつくためには、普段から自分のおりものの状態を確認しておくことが大切です。生理周期にあわせておりものがどう変化するのかを知っておくと、妊娠や病気の兆候を敏感に感じ取れるようになります。

ただし、おりものには個人差があるものなので、変化が現れないことも。おりもの変化は一つの兆候として、他の症状も踏まえた上で生理前と妊娠を見分けるようにしてくださいね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい