着床出血の症状は?時期は妊娠超初期?生理との違いは色と量?

妊活中の方は、妊娠初期症状で起きる体調変化は気になりますよね。生理が来るのかどうかと落ち着かず、1日でも早く妊娠しているかどうかを知りたくなってしまうものです。今回は妊娠初期症状の一つである「着床出血」の症状について、色や量、起きる時期、生理との違いなどを詳しくまとめました。

着床出血の症状とは?

カップル

卵子と精子が受精し、卵子が子宮に着床するときに、絨毛(じゅうもう)が子宮壁を傷つけることがあります。このときに軽い出血を伴うことがあり、これが不正出血として体外に出てくることを「着床出血」といいます。着床出血が起きる確率は50人に1人くらいといわれています。全くない人の方が多いので、着床出血がないからといって妊娠していないわけではありませんよ。

着床出血の時期はいつ?妊娠超初期に起きるの?

女性 カレンダー

着床出血が起きる時期は、「生理開始予定日の1週間前~数日前」くらいが一般的です。いわゆる「妊娠超初期」と呼ばれ、受精卵が子宮内膜に着床して、体の中では急速に細胞分裂を繰り返している時期です。

着床出血が出る期間としては1~3日が多いようですが、まれに1週間ほど続く人も。頻度も1度だけの人もいれば、何度も出る人など個人差があるので、特に生理不順の人は着床出血か不正出血かを見分けるのは難しいですね。

着床出血の色と量は?

出産祝い

着床出血の色

色に関しても個人差が大きく、茶色いドロっとしたおりもの状のもの、うっすらとしたピンク色、真っ赤な鮮血など、様々です。通常の生理でも同じような色になることもあるので、妊娠が判明して初めて着床出血だったと感じる方もいます。

着床出血の量

着床出血の量は、おりものに色がついているかな?という程度の微量の場合がほとんどです。普段から不正出血がある人だと、着床出血との違いがわからないかもしれません。ただ、まれに生理と変わらないくらい出る場合もあります。

この通り、時期や色、状態、量には、個人差があり、着床出血か生理かを見極めるのは難しいといえます。それでは、どのようにして着床出血かどうかを判断すれば良いのでしょうか?

着床出血と生理との違いは基礎体温

女性ホルモン

着床出血は、色、量、時期ともに少しだけ生理と違いはありますが、絶対的な違いはありません。そのときに見極めたいのが、基礎体温です。

排卵期に入ると、体温を上げる作用のある女性ホルモン「プロゲステロン」が分泌され、妊娠しやすい体作りをします。妊娠が成立するとプロゲステロンが分泌され続けるため高温期が続きますが、妊娠が成立しないとプロゲステロンの分泌量が減少し、基礎体温が下がっていきます。つまり、基礎体温が下がった場合、着床出血ではなく生理の可能性が高いといえます。「高温期が2週間以上続いている」ことは妊娠初期症状の一つです。

ただし、生理開始予定日の数日前くらいはまだ高温期が続いている方もいるので、注意深く判断してくださいね。

着床出血に痛みをともなうこともあるの?

女性 体 お腹 不調 腹痛

着床出血が起きたのと同じ時期に子宮付近に痛みを感じたら、着床痛かもしれません。着床痛とは、受精卵が子宮内膜に着床する際に起こる痛み。痛みの感じ方には個人差がありますが、チクチクするという人が多いようです。

ただし、着床痛は医学的にまだはっきりしておらず、感じる人もそれほど多くないので、参考程度に覚えておきましょう。着床出血とともに痛みを感じるか感じないかで妊娠を判断せず、99%以上の確率で妊娠を判定できる妊娠検査薬を頼ってくださいね。

着床出血があれば妊娠検査薬をすぐに使える?

妊娠検査薬

それでは、着床出血があったらすぐに妊娠検査薬を使えば良いのかというと、そうではありません。一般的な妊娠検査薬は、「生理開始予定日の1週間後以降」に使えるので、着床出血から1~2週間ほど過ぎてから。正しい使用時期の前に妊娠検査薬を使うことを「フライング」と呼び、体に害があるわけではないので、何度も妊娠検査薬を使う人もいます。確かに費用的なデメリットだけですが、精神的にストレスがかかりますし、正しく測れずに陰性から陽性に変わることも多いので、あまりおすすめできません。

早期妊娠検査薬であれば「生理開始予定日の2~3日前」から使用できるので、早く妊娠しているかどうかを知りたいという方は早期妊娠検査薬を試してみてくださいね。

着床出血の注意点は?

記号 注意点 空 標識

着床出血を、流産による出血と勘違いしてしまう方もいますが、流産は一度着床してからそれが剥離してしまう現象で着床出血とは異なるものです。着床出血は、受精卵が子宮の壁やこれからできる胎盤を介して育っていくために起こる生理現象なので、安心してください。

着床出血があったらどうすればいいの?

食事 食べ物 クエスチョン 疑問 謎 メニュー

着床出血があったら、「もしかして妊娠したかも?」とソワソワしてしまうかもしれませんが、この時点から着床率をあげる方法はありません。

禁煙する

妊活中から禁煙している人は多いですが、もし喫煙をしている人がいれば、すぐに禁煙をしてください。副流煙も禁物です。流産や早産を引き起こしやすいだけでなく、低出生体重児になりやすいなど、胎児への悪影響もあります。

禁酒する

アルコールも胎児に悪影響を及ぼしてしまうので、禁酒を始めましょう。胎児性アルコール症候群を引き起こし、低体重や低身長、発達障害など、生まれてくる赤ちゃんの体に影響が出ます。

葉酸サプリを摂取する

神経管閉鎖障害の予防を目的として、厚生労働省は葉酸サプリの摂取を推奨しています(※1)。神経管閉鎖障害は、妊娠4~6週頃に作られる中枢神経の基となる器官の異常が原因です。妊娠週数は最後の生理開始日を「妊娠0週0日」と数えるので、着床出血が起こる時期は妊娠3~4週頃。このタイミングから葉酸サプリを飲み始めるのがおすすめです。

着床出血があったら、高温期など他の症状と合わせて妊娠兆候の確認をしよう

普段の生理より前に少し違う量や色、おりものがあると「もしかして妊娠かも!?」と思ってしまいますよね。しかし、着床出血だけで妊娠兆候だと断定するのは難しいものです。「高温期が続く」以外にも妊娠初期症状はたくさんあります。関連記事にその他の妊娠初期症状をまとめてありますので、合わせて参考にしてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう