赤ちゃんの背中に湿疹・ブツブツ!背中が赤い原因と対処法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんを着替えさせているときに、背中に湿疹やブツブツができて赤くなっているのを見てビックリしたことはありませんか?背中にできた赤い湿疹やブツブツを見て、「何かの病気なのかな?」と心配になるママやパパもいるかと思います。今回は赤ちゃんの背中にできる赤い湿疹やブツブツについて、原因や対処法、予防法などについてご説明します。

赤ちゃんの背中の湿疹やブツブツとは?原因と症状は?

赤ちゃん 背中 

「湿疹」とは皮膚の炎症のことで、かゆみを伴ったブツブツとした赤い腫れや小さな水ぶくれができます。

赤ちゃんの背中に湿疹や赤いブツブツを引き起こす原因には、主に以下のようなものがあります。

乳児湿疹

生後まもなくして現れる赤い湿疹は、乳児湿疹の可能性があります。

新生児期から生後3ヶ月までは胎児の頃に母体から譲り受けたホルモンの影響もあって、皮脂の分泌量が多くなっています。

一方で、赤ちゃんの毛穴は小さいので、皮脂が詰まりやすく、湿疹ができることがあります。

生後3ヶ月を過ぎる頃になると皮脂の分泌量が次第に減っていき、皮膚が乾燥し始めます。皮膚の乾燥が原因で起こる肌荒れも、乳児湿疹の一つです。

アトピー性皮膚炎

強いかゆみを伴う赤い湿疹やブツブツが、背中や顔、首回り、わきの下などのくびれた部分にできます。さらに体やひじ・ひざにもできることがあります。

アトピー性皮膚炎の原因は、はっきりとはわかっていません。

もともとなんらかの物質にアレルギー反応を起こす原因を持っている赤ちゃんが、環境などを引き金にして、アトピー性皮膚炎を起こすこともあります。

また、親のどちらかがアトピー体質だと、その体質が赤ちゃんに遺伝することもあります。

背中の赤いブツブツが湿疹ではない可能性もある?お腹にできたときは?

疑問 クエスチョンマーク はてな

赤ちゃんの背中にできた赤いブツブツが、湿疹ではないこともあります。

赤ちゃんの背中に赤いブツブツが見られるときは、赤ちゃんの様子をよく観察して、原因を特定することが大切です。

ここでは、赤ちゃんの背中に赤いブツブツができる、湿疹以外の原因についてご説明します。

あせも

赤ちゃんは、新陳代謝が活発で汗をよくかきます。さらに、長い時間仰向けに寝ているので、背中にたくさんの汗をかきます。

すると、背中の汗腺が詰まり、あせもができてしまいます。

あせもの炎症がひどくなると赤いブツブツは大きくなり、かゆみが強くなります。

虫刺され

布団はたくさんの皮脂や汗を吸っているので、ダニにとって格好の生息場所です。とりわけ、赤ちゃんは新陳代謝が活発でよく汗をかくため、ダニが生息しやすい状態です。

赤ちゃんの布団や寝具はこまめに掃除や洗濯をしておかないと、ダニが繁殖して、赤ちゃんの背中やお腹など全身を刺し、赤いブツブツができる可能性があります。

ダニ刺されの特徴は刺し口が2つあり、発疹が少し赤く硬いことです。

突発性発疹

突発性発疹は、多くの赤ちゃんがかかる病気の一つです(※2)。

赤ちゃんが急に高熱を出し、熱が下がると同時に赤いブツブツとした発疹が背中やお腹を中心に現れます(※1)。

熱が高い割に、赤ちゃんの機嫌がよいことが特徴です。

赤ちゃんの背中に湿疹や赤いブツブツ!対処法は?

クリーム

赤ちゃんの背中にできた湿疹や赤いブツブツは、原因によって対処法が異なります。

乳児湿疹

乳児湿疹は皮膚の汚れが原因で起きるので、赤ちゃんの皮膚を清潔に保つことが大切です。

皮脂の分泌量が多い生後3ヶ月くらいまでは、汗をかいたらきつく絞った濡れガーゼで体を拭いたり、こまめに着替えさせるといいでしょう。

入浴時には、しっかり泡立てた石鹸でやさしく汚れを洗い落とします。

皮膚が乾燥してくる生後3ヶ月以降は、お風呂あがりやおむつ替えのときなど、こまめに保湿クリームやローションを塗ってあげてください。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎と乳児湿疹の症状は似ており、見分けがつきにくいです。

適切なケアをしても、赤ちゃんの湿疹や赤いブツブツが治らないときは、自己判断をせずに小児科や皮膚科を受診してください。

アトピー性皮膚炎と診断がつくまでは、乳児湿疹と同様に肌を清潔に保ち、こまめに保湿することを心がけてください。

アトピー性皮膚炎と診断されたら、適切な強さのステロイド薬と保湿剤を使って治療することが一般的です。

症状が強い場合は血液検査を行ってアレルギー反応を引き起こしている原因を特定し、生活の中から取り除いていくこともあります。

背中の赤いブツブツが湿疹ではないときの対処法は?

子供 爪切り 赤ちゃん 

赤ちゃんの背中にできた赤いブツブツが湿疹ではない場合、対処法も異なります。それぞれの原因に合わせ、適切な対処をしてくださいね。

あせも

あせもは、汗の出口が汚れなどで詰まることで起きるので、清潔を保つことが大切です。

寝汗をたくさんかいたり、外遊びをして汗をたくさんかいたりした後は、シャワーで汗を流してあげてください。

そのほか、汗をかいたらこまめに拭き取ったり、着替えをさせてあげるといですね。

また、赤ちゃんの背中の清潔を保とうとして、1日に何度も石鹸で洗うのは逆効果になることもあります。

赤ちゃんの皮膚を守っている皮脂まで洗い流してしまうので、石鹸を使って洗うのは1日1回にしておきましょう。

虫刺され

ダニ刺されなどの虫刺されによる赤いブツブツが背中に見られたときは、患部を石鹸で洗って、清潔にしてあげます。

そして、冷水に浸して固く絞ったタオルなどを当てて患部を冷やし、市販のかゆみ止めを塗ります。

「ムヒベビー」のクリームタイプなら、生後1ヶ月から使うことができますよ(※2)。

虫に刺されてブツブツができた場所を赤ちゃんがかき壊すと、症状が悪化してしまいます。赤ちゃんの爪は短く切っておきましょう。

また、ダニ刺されを繰り返さないためのホームケアは、以下の通りです(※3)。

  • ダニは湿度を好むため、窓を開けて換気したり、除湿機を使ったりして、湿度を60%以下に保つ
  • 掃除機を念入りにかける。専用のアタッチメントを使い、カーテンや寝具も掃除機をかける
  • 衣類やまくらカバーなどは、70度以上のお湯に浸してから洗濯する
  • 布団は天日干しをする
  • 市販の室内用殺虫剤を使用する

突発性発疹

突発性発疹は、病院を受診しても特別な治療を行わないことが一般的です。

高熱が出ていても機嫌が良いことが多いので、食欲があってよく眠れていれば、安静にして様子を見ます。

赤ちゃんの背中に湿疹や赤いブツブツ!病院に行く目安は?

病院 受診 診察 医師 赤ちゃん

赤ちゃんの背中に湿疹や赤いブツブツができても、原因に合った適切なケアを行えば、多くの場合、自然に治まります。

ただし、アトピー性皮膚炎など、特別な治療を要する病気にかかっていることもあります。

ケアを行っても赤ちゃんの背中の湿疹や赤いブツブツが改善しないときや、かゆみや腫れがひどいときは、皮膚科や小児科を受診するようにしてください。

赤ちゃんの背中の湿疹や赤いブツブツは適切に予防しよう

赤ちゃん ママ お風呂 バスタイム

目に見える顔や手足に比べて、服で隠れてしまう背中やお腹は、湿疹や赤いブツブツができても気づきにくいかもしれませんね。

また、低月齢のうちは1日の大半をねんねの状態で過ごすため、背中に汗をかきやすいということを覚えておいてくださいね。

赤ちゃんの肌は未熟なので、汗などの汚れや乾燥は刺激になります。入浴時には体をやさしく洗って汚れを落とし、お風呂あがりには保湿剤を全身に塗ってあげましょう。

普段から清潔と保湿を心がけることが、赤ちゃんを湿疹や赤いブツブツから守ることにつながりますよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう