【突発性発疹のすべて】熱や発疹は?うつる?お風呂は?2歳でも?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

生まれてしばらくの間は風邪らしい風邪をひかなかった赤ちゃんが、突然40度近い高熱を出してママたちを驚かせることがあります。これは「突発性発疹」と呼ばれ、ほとんどの赤ちゃんが一度は経験する病気で、初めての発熱が突発性発疹という赤ちゃんもたくさんいます。今回は、突発性発疹を発症したときに慌てずにすむように、うつりやすいのか、お風呂は大丈夫なのかも含めて、症状や対処法などをご説明します。

突発性発疹とは?2歳でもかかるの?

赤ちゃん 熱 熱冷まし 発熱 新生児 ベッド

突発性発疹とは、子供が急に40℃近い高熱を出し、2〜3日発熱が続いたあと熱が下がり始めると、全身に発疹が現れる感染症です。突発性発疹は、2〜3歳頃までにほとんどの子供がかかるとされています(※1)。

これまで、突発性発疹は1歳未満の赤ちゃんがかかることの多い病気とされていましたが、最近は1歳以上でもかかることが多くなりつつあります。1歳未満でかかるのは約4割で、1歳や2歳以上で突発性発疹を発症することも珍しくありません(※2)。

「大きくなってからかかると重症化するのでは?」と心配するママも多いようですが、おたふく風邪やりんご病、水ぼうそう、風疹などとは違い、突発性発疹は重症化することはほとんどないといわれています。

突発性発疹の原因は?2回目の発症もある?

理由 なぜ 疑問 why

突発性発疹は、「ヒトヘルペスウイルス6型」の感染が原因です。

一度感染すれば2度とかかることはないのですが、「ヒトヘルペスウイルス7型」も突発性発疹のような症状を引き起こすため、6型と7型にそれぞれ1回ずつ感染し、突発性発疹を2回発症する可能性もあります(※3)。

突発性発疹は、ヒトヘルペスウイルスを体内に保有する家族や、感染していても無症状の人などの唾液が主な感染経路だと考えられます。

赤ちゃんは生後3ヶ月頃までは、ママからもらった免疫のおかげでウイルス性の感染症から守られています。しかし、時間の経過とともに免疫が薄れて生後6ヶ月を過ぎた頃には免疫の力が弱まっています。

赤ちゃん自身の免疫が本格的に機能し始めるのが1歳頃なので、ちょうどこのタイミングでヒトヘルペスウイルスに感染してしまう可能性が高まるのです。

突発性発疹の症状は?高熱と発疹がある?

突発性発疹 症状画像・写真 ロゴ入り

突発性発疹の症状は、主に以下の2つです(※3)。

  • ● 39度以上の高熱
  • ● 解熱後に現れる全身の発疹

突発性発疹になると、突然39度以上の高熱が出ます。熱は3~4日続き、熱が下がっていくのと同時に、上の写真のようにお腹や背中を中心にして全身に赤い発疹が現れます。

この発疹はあまりかゆみを伴わず、2~3日くらいで次第に引いて跡が残ることはないので安心してくださいね。

ただし、赤ちゃんの脳は未熟で、高熱が出ることにより、「熱性けいれん」を起こす場合があります。しかしそのほとんどは数分以内に止まり、命にかかわるものではないので慌てずに様子をみましょう。ただし、けいれんが5分以上続く場合には救急車を呼んでください。

突発性発疹は、咳や鼻水などはなく、高熱のわりに元気であることも特徴のひとつです。ただ、多くの赤ちゃんは不快な症状への違和感で機嫌が悪くなります。発疹がおさまるまでは機嫌が悪い状態が続きますが、発疹がひいてしまえば機嫌もケロッと治っている場合がほとんどですよ。

高熱と発疹以外に、鼻水や下痢がみられる場合もあります。また、突発性発疹になっても高熱や発疹といった症状が出ない子もいます。

赤ちゃんの突発性発疹はうつるの?

女性 パソコン 悩み 疑問 不安

突発性発疹は発症の原因がウイルスによるものなので、感染力は弱いものの、うつる病気の一つです。特に、発熱中は免疫力の弱い子供にうつることもあるため、保育園などへの登園は控えるようにしましょう。

厚生労働省のガイドラインによると「解熱後1日以上経過して全身症状が良いこと」が、突発性発疹を発症した場合の登園の目安となっています(※4)。他の感染症よりは感染力が弱い病気なので、登園できない期間は比較的短くて済みますね。

ただし、園によって登園可能な目安について方針が異なるので、医師の判断を元に、保育園の先生とも相談してください。

突発性発疹の治療法は?

赤ちゃん 病院 受診 診察

突発性発疹には特別な治療法はありません。熱があっても機嫌がよく、母乳やミルクをいつも通りに飲んでいれば、安静にして様子を見るのが一般的です。

ただ、高熱でつらそうな場合には解熱剤、下痢になってうんちがゆるい場合には、整腸剤が処方されることもあります。

熱が下がり発疹が出るまでは、突発性発疹なのか、他の病気なのかを見分けるのは医師でも難しいですが、40度近い高熱が出た場合には、一度小児科でちゃんと診断してもらったほうが安心できますね。

突発性発疹の家庭での対処法は?

赤ちゃん 乳児 新生児 ママ 親子 抱っこ 泣く 泣き顔

突発性発疹には特別な治療法がないため、自宅での赤ちゃんのケアが大切です。

突発性発疹を発症したときに気をつけたいのは、水分補給です。高熱が出ると体から大量の水分が奪われるので、脱水症状に気をつけて、こまめな水分補給を心がけてください。

そのほかは、一般的な発熱時のケアをしていれば問題ありません。発疹が残っていても、熱が下がっていて元気なら、感染力も強くないので短時間の外出なら問題ないでしょう。

突発性発疹のときはお風呂に入れてもいい?

赤ちゃん お風呂 沐浴 バス

発熱で汗をかいた赤ちゃんを見ると、「お風呂に入れてあげたいな」と思いますよね。

基本的に、突発性発疹は感染力が弱いので、お風呂に入れてはいけないということはありません。しかし熱が38度以上である場合、入浴後の体温変化によって体調が悪くなるかもしれないので、体をふく程度がよいでしょう。

発疹がある状態での入浴は、発疹が赤くなることもありますが、かゆみがないことがほとんどです。赤ちゃんが嫌がらないのであれば、サッと汗を流すのは問題ありませんよ。

突発性発疹には慌てず冷静な対処を

赤ちゃん 抱っこ 寝かしつけ

突発性発疹は、赤ちゃんが生まれて初めての発熱として経験することが多い病気です。そのため、慌てて救急病院などに駆け込むママやパパが多いのも現状です。

生後6ヶ月を過ぎたら突発性発疹が起こる可能性があるということを知っておくと、発症しても慌てずにすみますね。高熱でも赤ちゃんの調子がよければ、冷静に経過観察してあげてください。

突発性発疹になったら、病院を連れ回すよりも、家の中で水分補給をしながらゆっくり安静にしておいたほうが赤ちゃんの体には負担が少ないこともありますよ。

ただ、赤ちゃんが元気そうだからといって無理をさせるのは禁物です。調子が良さそうに見えても、しばらくの間は不必要な外出を控えて安静にしてあげてくださいね。特に、脱水症状には注意しましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう