突発性発疹で不機嫌に!いつまで続く?機嫌が悪いときの対処法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんが急に高熱を出して慌てて病院を受診すると、医師から「突発性発疹でしょう」と診断されることがあります。突発性発疹にかかると高熱が出ることが多いので、機嫌が悪くなる赤ちゃんも少なくありません。今回は突発性発疹で赤ちゃんが不機嫌になったときの対処法や不機嫌がいつまで続くのか、病院に行く目安などをご紹介します。

赤ちゃんの突発性発疹とは?

子供 発熱 風邪 病気 熱 検温 体温 高熱 ママ 体温計

突発性発疹は、ヒトヘルペスウイルス6型または7型の感染が原因で発症する病気です。生後6ヶ月から1歳までの赤ちゃんが特にかかりやすく、高熱が出て、熱が下がると同時に赤い発疹が全身に現れるのが特徴です(※1)。

具体的には、突発性発疹にかかると、39度以上の高熱が平均で4日ほど続きます。そして熱が下がるのと同時、もしくは翌日に、お腹や顔、背中あたりに、かゆみを伴わない赤い発疹が現れます。

発疹は出始めてから2~3日で徐々に薄くなって、自然に消えていきます。このほか、軽い下痢や咳を伴うことが多く、他にも首のリンパ節や大泉門(頭部前側のやわらかい部分)が腫れることもあります(※1)。

突発性発疹で機嫌が悪い!いつまで続く?

赤ちゃん 子供 不機嫌 機嫌 悪い ベッド 不満 いじける

突発性発疹は、「不機嫌病」と呼ばれることもあり、赤ちゃんが突発性発疹にかかって不機嫌になることがよくあります。突発性発疹にかかった赤ちゃんは、常にぐずっていたり、泣きわめいていたりします。

突発性発疹で不機嫌になる原因は、高熱や嘔吐・下痢、発疹の不快感のせいと考えられています。個人差はありますが、熱が下がり、発疹が出始めてから消えるまでの2~3日間に機嫌が悪くなる場合が多いようです。

突発性発疹は長くても1週間程度で症状が治まっていくので、不快症状がなくなるとともに、不機嫌は治まるのが一般的です。

突発性発疹は不機嫌が続いたらサイン?

診察 病院 子供

赤ちゃんの初めての発熱が突発性発疹であることも多いので、ママやパパも対応に困ってしまうことがあるかと思います。

突発性発疹は、熱が下がって発疹が出てから診断が確定します。高熱が出ている間は他の病気の可能性も考えられるため、高熱とともに、赤ちゃんの機嫌が悪く食欲がない、顔色が悪い、呼吸が早い場合は、念のため小児科を受診しましょう。

突発性発疹には特効薬はないため、突発性発疹の疑いがあると診断されても薬が処方されないか、熱や下痢などの症状に応じた薬が処方され、対症療法が取られます。一時的に熱を下げるため、解熱剤が処方されることもあります。

突発性発疹でぐずる!機嫌が悪い赤ちゃんへの対処法は?

赤ちゃん ガラガラ おもちゃ ラトル ママ あやす

突発性発疹で機嫌が悪い赤ちゃんの対処は難しく、できることといえば、赤ちゃんの体調をケアしながら、赤ちゃんが喜ぶようなことを最大限してあげるぐらいです。

具体的には、以下のような方法を試してみてください。

体調のケア

発熱していると、水分が不足し脱水症状になることがあるので、湯さましや麦茶などをこまめに飲ませて、水分補給をしっかり行うようにしてください。

高熱が出ている場合は、着ている服の数を1枚減らしたり、寝具を薄いものに替えたりして、赤ちゃんが気持ちよく過ごせるようにしてあげましょう。

機嫌のケア

突発性発疹が原因で赤ちゃんの機嫌が悪い場合、抱っこが好きならできるだけ長く抱っこしてあげたり、好きなおもちゃで遊ばせたり、好きな映像や音楽を思う存分楽しませてあげるなど、赤ちゃんが喜びそうなことをいろいろ試してみてください。

それでも機嫌がよくならないときは、「何とかしてあげなければ」と無理に頑張りすぎるのではなく、機嫌が悪いのは病気のせいだから仕方がないと開き直ることも大切です。いずれは治まるものと思って、辛抱強く付き合ってあげてくださいね。

突発性発疹で不機嫌なときも、落ち着いて対処しよう

添い寝 赤ちゃん ママ トントン 寝かしつけ

突発性発疹は、ほとんどの赤ちゃんが2歳くらいまでにかかる病気です(※1)。高熱が出るうえに、身体中に発疹も現れ、不機嫌になってしまうと、ママやパパの不安も大きくなることかと思います。

高熱が出ている間は病名が確定しないことが多く、しかも赤ちゃんが不機嫌になっているとなれば、やきもきしてしまうかもしれません。しかしどんなに機嫌が悪そうでも、症状が治まれば機嫌も自然とよくなっていくものなので、過度に心配しすぎないようにしましょう。

赤ちゃんも早く病気を治すために、一生懸命頑張っています。できるだけ笑顔で、赤ちゃんのケアをしてあげてくださいね。

※参考文献を表示する

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう