赤ちゃんのダニ刺され対策!予防法は?刺されたときの対処法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんの肌に、ぽちっと虫に刺されたような跡を見つけたことはありませんか?それはもしかすると、ダニに刺されたのかもしれません。汗っかきで体温が高い赤ちゃんは、ダニに刺されやすいという特徴があります。気づいたら赤ちゃんの体がダニ刺されでいっぱい…なんてことにもなりかねません。今回は赤ちゃんのダニ刺されについて、症状や対処法、予防法などをご紹介します。

赤ちゃんはダニに刺されやすい?

虫刺され 蚊 かゆみ 子供 手

虫刺されというと蚊や蜂、ブヨなどをイメージしますが、ダニに刺されることもよくあります。ダニは非常に小さく、肉眼で見えることはほとんどありません。

ダニは風通しが悪く、高温多湿のところを好み、人の皮脂や髪の毛を餌にしているため、特に布団やカーペット、じゅうたんの中はダニの格好の生息場所です。

汗をかきやすく、体温も高い赤ちゃんはダニの標的になりやすいため、赤ちゃんのダニ刺されには注意が必要です。

赤ちゃんのダニ刺されの症状は?

赤ちゃん 泣く

ダニに刺されると、赤い発疹がぽつぽつと現れます。そして、多くの場合、激しいかゆみを伴います。

ダニは皮膚が柔らかく、床に接しているところを刺して血液や体液を吸うことが多いです。また、蚊による虫刺されと区別する方法として、ダニによる虫刺されは服で隠れている部分、つまり肌が露出していない部分にも起こることがあります。

そのため、赤ちゃんがダニに刺されたことにママやパパがなかなか気づかないこともよくあります。

お風呂あがりや着替えの際に、赤ちゃんの太ももやわきの下、腕の内側あたりを日頃からチェックしておくと、ダニ刺されにすぐに対処できるようになりますよ。

赤ちゃんのダニ刺されの対処法は?病院に行くべき?

赤ちゃん 爪切り 新生児 爪 ハサミ はさみ

赤ちゃんのダニ刺されを見つけたら、まずは患部を水で洗って清潔にしてあげます。

かゆみのせいで、ダニに刺された部分を赤ちゃんがかき壊してしまう可能性も考えられます。患部をかいてしまっても大事にならないように、爪は短く切っておきましょう。

また、ダニに刺されたときに着ていた衣類には、ダニが生息している可能性があるので、脱がせて洗濯しましょう。家庭での洗浄でも90%以上のダニを減らすことができる、という研究結果もありますよ(※1)。

赤ちゃんが患部をかゆそうにしている場合は、濡れたタオルやガーゼで患部を冷やしてあげてください。

それでもかゆみがあまりにひどく、赤ちゃんがずっとぐずっていたり、寝つきが悪かったりしていたら、早めに皮膚科を受診しましょう。ダニ刺されは、以下の2つの病気を発症させる可能性があるからです(※2)。

● とびひ:細菌感染が合併して破れやすい水ぶくれができ、かきこわすと「飛び火」のように広がっていきます

● 小児ストロフルス:ダニや蚊などの虫刺されのあとに発症することが多く、虫刺されの場所以外にも、体の様々な場所に発疹ができます

病院では、赤ちゃん用のかゆみ止めの内服薬や外用薬を処方されることがありますよ。

赤ちゃんのダニ刺され予防法は?

布団 干す 天日干し 太陽

ダニ刺されを予防するには、身の回りでダニを増やさないようにすることが大切です。具体的には、以下のような方法でダニの繁殖を防ぐことができます。

湿度が上がりすぎないようにする

ダニは湿気が多い場所を好むため、湿度が上がりすぎないように注意しましょう。

特に梅雨の時期はダニ刺されが増えるので、晴れの日にこまめに窓を開けて換気をし、室内の湿度を下げておきます。洗濯物を部屋干しすると、どうしても湿度が上がってしまうので、天日干しがおすすめです。布団クリーナーを使用するのも良いでしょう。

寝具を天日干しする

赤ちゃんが使っているベビーベッドや布団などの寝具は、天気のいい日を見つけて天日干しをしましょう。

天日干しでダニを殺すことは難しいのですが、紫外線により寝具から水分を取り除き、ダニの繁殖を防ぐことはできます。天日干しした後はダニの死骸や排泄物を取り除くために、マスクを着用した状態で寝具をしっかりはたき、掃除機をかけるようにしましょう。

こまめに掃除する

ダニのえさとなるフケや髪の毛、食べかすなどを、掃除によってしっかり取り除くこともダニ刺され予防につながります。寝具は可能なら丸洗いした方がいいのですが、掃除機をかけるだけでも表面にいるダニの数を減らすことはできます。

ぬいぐるみやカーテン、ソファーにもダニがいることがあるので、ぬいぐるみやカーテンは洗濯をして天日干しをし、ソファーは定期的に掃除機をかけるようにしましょう。

高温の場所にしばらく置く

ダニは45度以上の温度の場所にしばらくいると死滅するという研究結果もあります(※1)。晴れの日のお昼頃に、ぬいぐるみなどダニがいる疑いがあるものを黒い布や黒いビニール袋に包み、車の中や直接日に当たる場所に2~3時間置いておくと、ダニの退治につながります。

また、高温で乾かすコインランドリーの乾燥機もダニ退治におすすめです。毛布や敷布団など大きなものに対しては定期的にコインランドリーの乾燥機を使ってみるといいかもしれません。

家の中を清潔にして赤ちゃんをダニ刺されから守ろう

家 掃除 掃除機 床

どんなに家の中を清潔にしていても、ダニを完全に駆除するのは難しいものです。ただ、日頃からダニが好む環境をなくしていけば、ダニに刺されることも減っていきます。

ダニに刺されると、激しいかゆみが起きることがあるので、赤ちゃんができるだけダニに刺されないようにしたいですね。晴れの日にしっかり換気を行ったり、寝具類やぬいぐるみを定期的に洗濯して天日干ししたりして、赤ちゃんの肌をダニ刺されから守っていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう