水いぼにイソジンが効くの!?塗り方は?悪化したりしない?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

子供がなりやすい病気の一つに「水いぼ」があります。治療法はいくつかあり、ピンセットで摘まみ取ったりすることもあれば、積極的な治療をせずに自然に治るのを待つこともあります。場合によってはうがい薬として有名なイソジンで治療することもあり、担当する医師によって治療方法は様々です。そこで今回は、子供が水いぼになったときのために、水いぼにイソジンが効くのか、使う場合はどうすればいいのかを説明します。

水いぼとは?原因は?

水イボ 赤ちゃん 子供 イボ いぼ

水いぼは、伝染性軟属腫ウイルスというウイルスに感染すると発症する病気で、皮膚に水っぽく光沢のある「いぼ」ができます。いぼの中身は伝染性軟属腫ウイルスと皮膚の一部が変化したものが含まれており、見た目は白っぽい塊です。

水いぼを引っかいた指で体の別の場所を触ったり、時間の経過とともに自然と皮膚から剥がれ落ちた水いぼが他の皮膚にくっついたりすることで、水いぼが次々と数が増えていきます(※1)。

水いぼになりやすいのはどんな人?

水いぼになりやすいのは7歳以下の子供や赤ちゃんです。この年頃はアレルギー物質や雑菌などが体に入るのを防ぐ皮膚の機能であるバリアが未熟で、免疫が弱いためです。

また、アトピー性皮膚炎がある子供も水いぼに感染しやすく、水いぼの数も増えやすいことが知られています。これはアトピー性皮膚炎が起きている皮膚はバリア機能が破綻していることと、湿疹をかくのと一緒に水いぼもかいてしまうからです。

アトピー性皮膚炎の治療で使われることの多いステロイドは、水いぼに塗ると数が増えることがあるので、アトピー性皮膚炎の子供が水いぼになってしまうと治療が難しくなってしまいます(※1)。

水いぼがうつりやすい場所は?

水いぼは人から人へとうつりますが、とくに子供の場合はプールでうつることがよくあります。

ただし、プールの水ではうつりません。タオルや浮き輪、ビート板などを介して伝染性軟属腫ウイルスに感染し、水いぼになることが多くあります(※1)。

水いぼにイソジン!?塗り方は?

うがい薬 綿棒

水いぼの治療法はいくつかありますが、その中には消毒薬やうがい薬として有名な「イソジン」を水いぼに塗るという方法があります(※2)。綿棒などで水いぼに塗り、乾いたらまた塗るということを数回繰り返すことが多いようです。

イソジンとは商品名で、医薬品としての名は「ポビドンヨード液」といいます。独特の匂いがある界面活性剤を含んだ黒い液体です。細菌やウイルスなどに対して殺菌効果があるため、手術のときや切り傷、擦り傷、やけどなどを負ったときの消毒に使われることが多くあります。

ただしイソジンは副作用で発疹などが出ることもあるので、自分の判断でイソジンを使う前に医師に相談しましょう(※3)。

水いぼに使うイソジンの効果は?悪化しないの?

治療 イソジン

水いぼの治療に効果があるという明確な根拠は、製造元からは出されていません(※3)。しかし、実際に水いぼに効果があったという報告もあり、1週間程度で効果がみられることもあるようです。

ただしイソジンを塗ったからといってすぐに水いぼが治るわけではなく、効果が見られないこともあります。塗っている最中に水いぼが増えてしまうこともあるため、見た目にはイソジンにより悪化しているように思えることもあるかもしれません。

反対に、イソジンによって皮膚炎が悪化してしまう可能性もあるので、使用には慎重になった方がよいでしょう。

水いぼのイソジン以外の治療方法は?

水いぼの治療法は医師の間でも意見が分かれています。そもそも「治療する必要はなく、自然に治るのを待てばいい」という考えもあるようです。しかし一般的に治療する場合は、以下のような方法があります(※4)。

薬を使った治療法

水いぼの治療では、カンタリジンやイミキモド・クリームといった薬を使う場合があります。

また、ヨクイニンという漢方薬を使うこともあります。

薬を使用しない治療法

水いぼの治療では、次のように薬を使わない場合もあります。

● ピンセットで水いぼをつまみ、中の白い塊を出す
● 液体窒素で水いぼを凍らせる

これらの方法は確実に効果が出ますが、痛みが伴います。さらに、治療期間中にウイルスが別の場所に広がってしまい、治療が終わってから新たに水いぼができてしまうこともあります。

水いぼの数が多い時は、たいていの場合は治療せずに自然に治るのを待ちます。ただし、子供の免疫次第で自然治癒にかかる時間が異なり、短いと約6ヶ月、長いと3年ほどかかります。その間に水いぼの数が増えたり、人にうつしたりしてしまう恐れもあります(※4)。

水いぼはイソジンを使う前に病院で診てもらいましょう

親子 家族 女の子

水いぼの治療にはイソジンが使われることがありますが、伝染性軟属腫ウイルスへの効果がはっきりしていません。また、そもそも水いぼの治療法は医師の間でもどれを選択するべきか意見がわかれています。

子供に水いぼができたら、いぼをなるべく触らせないようにしつつ、なるべく早く病院へ行って診てもらいましょう。イソジンを使うかどうかは、医師に相談してから決めてください。

医師と相談し、子供にとって一番負担の少ない治療法を選びたいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう