新生児ニキビとは?赤ちゃんの顔ニキビに薬は必要?頭にもできる?

記事監修 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 続きを読む

新生児は湿疹ができやすく、さまざまな原因から起こる湿疹の中の一つに「新生児ニキビ」があります。新生児ニキビと聞くと「赤ちゃんでもニキビができるの?」と驚かれる人もいるのではないでしょうか。今回は、新生児ニキビの特徴やケア方法、薬の使い方や病院へ行く目安をまとめました。

新生児ニキビとは?顔や頭に湿疹ができる?

赤ちゃん 新生児ニキビ

新生児ニキビとは、生後2週間頃から1ヶ月の新生児によく見られる肌トラブルの一種です。

実は、赤ちゃんの顔や体にできる湿疹は原因の特定が難しいため、肌トラブルをまとめて「乳児湿疹」と呼ぶことがあります。湿疹の症状としては、カサカサしていたり、じゅくじゅくしていたりと状態もさまざまです。

この乳実湿疹の中でも、思春期の子供に見られるニキビと同じように、白い芯が入っているような吹き出物が顔や頬、おでこ、頭などに見られるときは、新生児ニキビとしての対処を行っていきましょう。

新生児ニキビの特徴は?

新生児ニキビ 乳児湿疹

他の乳児湿疹と見分けられるように、新生児ニキビの特徴を確認しましょう。基本の特徴は、赤いブツブツ、膿をもったもの、中に白い芯があるものなどのニキビが顔や頬、おでこに出ます。

最初は顔の一か所だけにできていたニキビが、頭皮にまで広がることもあります。ガーゼなどで神経質に口のまわりを拭きすぎていると、乾燥して口の周りが赤くなることも。

いわゆる「ぽつぽつ」とした突起だったものが、徐々に炎症を起こして膿んだり白くなったりしていくことがあります。こうなるとかなり悪化した状態なので、むやみに触らず、小児科や皮膚科を受診してくださいね。

新生児ニキビの原因は?

本 眼鏡 コーヒー

新生児ニキビが発生する原因は、ホルモンバランスの変調などによって、思春期のニキビと同じように毛穴に皮脂が溜まってしまい炎症を起こすことです。新生児に毛穴の汚れが溜まりやすいのは、主に次のような原因です。

ホルモン

生まれたときにママの体からもらったホルモンの影響を受けるのが原因のひとつです。赤ちゃんの皮脂の腺は大人に比べると細く、未発達な状態です。

ホルモンの影響で分泌された皮脂が行き場をなくして毛穴に詰まってしまいます。結果として、新生児ニキビが頬やおでこなどの肌に現れてしまうのです。

環境

新生児期の赤ちゃんはまだ寝返りを打つことができないので、布団の上で過ごす時間が長く、肌がずっと布団に触れている状態です。

その布団が汚れていると赤ちゃんの肌がその汚れに敏感に反応してしまい、新生児ニキビの原因となってしまいます。

他にも、肌着やスタイについた汚れも新生児ニキビにつながる可能性があるため、こまめに着替える、洗濯するなど清潔に保ってあげることも大切です。

新生児ニキビは母乳が影響するの?

赤ちゃん 母乳 授乳

新生児ニキビには母乳が影響するのでは、という考え方もあります。ただ、たくさんある要因の中のひとつに過ぎないので、あまり神経質になりすぎないでくださいね。

一度試してみてほしいこととしては、揚げ物や乳製品の量を減らしてみることです。脂分の多い揚げ物を食べると母乳の脂肪分が高くなるため、赤ちゃんにも脂質が多く渡されることに。大豆や乳製品を食べ過ぎると、たんぱく質の多い母乳を赤ちゃんが飲むことになります。

新生児ニキビのケア方法は?

赤ちゃん お風呂 沐浴 石鹸

新生児ニキビのケア方法としては、基本的にニキビのできた肌を清潔にしてあげることです。具体的には次のようなことを心がけましょう。

赤ちゃんの布類を清潔にする

赤ちゃんの肌に触れる機会が多い布団や枕といった寝具、洋服、ガーゼなどをこまめに洗濯するなど、清潔に保つようにしましょう。

かさぶたをはがさない

ニキビが悪化してかさぶたになることがありますが、自然に取れるので無理にはがそうとしないでください。無理にはがすと細菌感染などによりさらに悪化してしまいます。

皮脂はしっかり洗い落とす

皮脂がお肌に残り続けているとニキビの悪化を促してしまいます。お風呂に入ったときに赤ちゃん用の石けんでしっかり泡を立て、やさしく洗い落としましょう。刺激のよわい赤ちゃん用の石鹸を使うことを忘れずに。

また夏場は汗をかきやすく雑菌が繁殖しやすいので、こまめに着替えさせてあげ、顔や身体、腕をガーゼで拭いて毛穴に皮脂がたまらないようケアしてあげましょう。

新生児ニキビには保湿が必要?

赤ちゃん 保湿剤 顔 ケア

新生児ニキビの対策に必ず保湿が必要とはいえませんが、他の新生児に起こる肌トラブルを抑えるためには、保湿をしっかり行っておきましょう。

風呂上がりで水分が保たれているうちに、保湿クリームやマッサージオイル、ベビーローションを使って肌の水分が保たれるように塗ってあげてくださいね。

新生児ニキビで病院へ行く目安は?

病院 診察 治療 親子 医師

新生児ニキビは基本的に自宅でのケアをきちんとしていれば、それほどひどい症状にはならないので、まずは自宅で対処しましょう。

それでもひどく膿んだ状態や乾燥した状態が続く場合は病院で診察を受けてくださいね。受診した場合も、前述のケアを中心に進めながら経過を見ることになるかもしれませんが、症状が激しい場合は薬を処方してもらえるので、指示通り使って様子を見てください。

新生児ニキビ対策に、薬を顔に塗ってもいいの?

日焼け止め クリーム 赤ちゃん 新生児 顔 薬 塗り薬

小児科や皮膚科を受診して処方された薬であれば使用しても問題ありませんが、市販のニキビ薬を使うのは控えましょう。大人用のニキビ薬は、ステロイドといった強い作用のある成分が含まれることがあるため、病院から処方される薬を利用してください。

市販薬でなくても、ステロイドを含む薬が処方されることがあります。ステロイドは人工的に作られた副腎皮質ホルモンからなる薬で、ホルモン剤なこともあり、新生児に塗ってもいいか不安に感じるママやパパも多いようです。顔に塗るとなると、なおさら気になりますよね。

ただ、新生児用に処方された薬であれば、医師の指示した量で利用する分には問題ありません。新生児がニキビを気にして掻きむしってしまうと、肌の状態が悪化してしまうので、適切に薬を使うことは大切です。通常は、ステロイドとしては弱いレベルの外用薬が処方されます。

処方された薬を使っても、ニキビの治りがあまりにも遅いときや、ニキビの進行が急激なときには、新生児ニキビとは違う皮膚病の可能性もあります。この場合には、再度診察を受けるようにしましょう。

新生児ニキビは自然に治まる

赤ちゃん 笑顔 口

母親からのホルモン遺伝が原因と聞いても、自分を責めないでください。新生児ニキビは多くの赤ちゃんが経験することで、気にしすぎる必要はありませんよ。

また、遺伝していた母体のホルモンが少しずつ薄まってきて、新陳代謝のサイクルも発達してくる生後3ヶ月頃からは、新生児ニキビの多くは自然に治まっていきます。自宅でケアをしながら様子をみてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう