赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹とは?いつ頃落ち着く?ケア方法は?

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギー科を担... 監修記事一覧へ

赤ちゃんのスベスベ肌に湿疹ができてしまうと、ついつい心配になってしまいます。赤ちゃんに起きやすい肌トラブルのひとつに「乳児脂漏性湿疹」があります。顔や頭皮にかさぶた状の湿疹や黄色い塊ができる皮膚炎のことで、できるだけ早く治してあげたいと思いますよね。今回は乳児脂漏性湿疹の原因と症状、ケア方法などについてご紹介します。

乳児脂漏性湿疹とは?新生児期の赤ちゃんにも現れる?

疑問 クエスチョン

乳児脂漏性湿疹とは、赤ちゃんのおでこやまゆ毛、髪の生え際などに現れる黄色いかさぶた状の湿疹のことです。

新生児期から生後6ヶ月くらいまでの赤ちゃんは新陳代謝が盛んなうえに、ママから受け継いだホルモンの影響もあって、皮脂の分泌が活発になっています(※1)。分泌された皮脂と頭の汚れが混ざって固まると、乳児脂漏性湿疹ができます。

過度な皮脂の分泌は生後6ヶ月頃になると落ち着いてくるので、それに合わせて乳児脂漏性湿疹も自然と治まっていきます(※1)。

赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹の症状は?病院へ行く目安は?

湿疹 赤ちゃん 乳児 肌 発疹 赤い 腫れ

先述のように、赤ちゃんが乳児脂漏性湿疹になると、頭皮やおでこ、まゆ毛、頬などにクリーム色のフケのようなものや、黄色いかさぶたのようなものが現れます。

このかさぶたのようなものは、かゆみが強くないのが特徴です。

乳児脂漏性湿疹は、症状が軽ければ家でケアをすることで対処できます。しかし、かさぶた状の湿疹が厚くなったり、出血がみられたりしたら、小児科もしくは皮膚科を受診するようにしましょう。

乳児脂漏性湿疹を治療せずに放置しておくと、細菌感染が起こって赤くなることがあるため、家でケアしてあげることが大切ですよ。

赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹のケア方法は?

クリーム

乳児脂漏性湿疹は、皮脂が溜まらないように、毎日の入浴で頭皮や顔を清潔に保つことが大切です。

赤ちゃんが乳児脂漏性湿疹になったら、次のような方法でケアしてあげましょう。

    1. 1. ベビーオイルやオリーブオイルをつけたコットンを10分ほど患部に当てる
    2. 2. 患部がふやけてきたら、ベビー用シャンプーを使って地肌を優しく洗う
    3. 3. かさぶたを取る

かさぶたを取るときには、かさぶたを無理に剥がさないように気をつけてください。

赤ちゃんが乳児脂漏性湿疹になった場合は、患部をケアする以外にも次のような対処法がおすすめです。

シーツを清潔に保つ

シーツや枕カバーなどの寝具は毎日交換して、清潔に保つようにしましょう。赤ちゃんの寝具を毎日替えるのが難しいときは、シーツの上にタオルを敷いたり、枕カバーの外に巻いたりして、タオルだけ取り替えましょう。

爪を短く切る

赤ちゃんが患部を掻き壊さないように爪を短く切っておくことも、乳児脂漏性湿疹を悪化させないための大事なケア方法ですよ。

乳児脂漏性湿疹の治療法は?赤ちゃんにステロイドが処方されるの?

病院 医師 聴診器 

乳児脂漏性湿疹の症状がひどく赤みを帯びている場合には、ステロイド外用薬が処方されることがあります。

赤ちゃんにステロイドを使うことに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、赤ちゃんには強いレベルのステロイドは使用しない傾向がありますし、使用することで赤ちゃんのつらさを緩和してあげることができます。医師の指示にきちんと従い、短期間の使用にしましょう。

病院で処方された薬について、疑問に感じることや分からないことがあるときは、遠慮せず医師に尋ねましょう。

赤ちゃんの脂漏性湿疹とアトピー性皮膚炎の違いは?

赤ちゃん お腹 体調 ベッド おむつ

乳児脂漏性湿疹と見分けがつきにくいものとして、アトピー性皮膚炎があります。アトピー性皮膚炎とは、皮膚のバリア機能の低下による皮膚の炎症のことで、乳児脂漏性湿疹とは以下のような違いがあります。

        • ● 赤みを引き起こす
        • ● 顔以外に、耳の裏やくび、ひじ、わき、ひざの裏などにも湿疹がでる
        • ● 慢性的な湿疹

赤ちゃんの乳児脂漏性湿疹は、首から上の部分に湿疹ができるのが特徴です。また、乳児脂漏性湿疹は一過性であるのに対して、アトピー性皮膚炎は慢性的な湿疹なので、治まったり悪化したりを繰り返すという違いがあります。

赤ちゃんが乳児脂漏性湿疹になっても心配しすぎないで

赤ちゃん ママ 抱っこ 背中ボスボス

乳児脂漏性湿疹は基本的に自然と治まっていくものなので、あまり心配しすぎないでください。顔にフケやかさぶたのようなものができて、つらそうに見えますが、きちんとケアをしていれば徐々によくなっていきますよ。

乳児脂漏性湿疹はどんなに注意をしていても、多くの赤ちゃんがかかってしまうものなので、「肌の手入れの仕方が悪かったのでは…」と自分を責めないでくださいね。一日も早く乳児脂漏性湿疹が治まるように、日々のケアをしっかり行っていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう