妊娠初期のげっぷはつわり?どう対処したらいいの?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

妊娠初期に突然げっぷがたくさん出るようになった、という妊婦さんは意外と多くいます。たかがげっぷとはいえ、妊娠していきなり増えると、不安になるかもしれません。吐き気があるときに、げっぷが出ることも多いのですが、これはつわりの一種なのでしょうか?今回は、妊娠初期に起こるげっぷとつわりの関係、原因、対処法についてご紹介します。

妊娠初期のげっぷは、つわりなの?

女性 げっぷ

そもそもげっぷとは、食事中に一緒に飲み込んでしまった空気が、お腹の中の圧力が高まって、口から排出されることです(※1)。

妊娠5週~16週頃に起こるつわりは、胸やけや胃痛、吐き気などの症状が主に現れますが、つわりとともにげっぷが出る人も多くいます(※2)。妊娠2~3ヶ月頃にピークを迎えますが、具体的には、以下のような症状が現れます。

  • げっぷがよく出る
  • げっぷが出そうな感じがずっと続く
  • 胃の中に空気がたまりっぱなし
  • 喉の奥に何かが詰まっているようで苦しい

妊娠初期のげっぷの原因は?食べつわりのせい?

ルーペ 地図

妊娠初期にげっぷが起こる原因は、人によってさまざまです。自分のげっぷの原因がどれなのか特定することは難しいかもしれませんが、どんな原因があるか知っておくだけで、妊娠中の不安解消につながりますよ。

プロゲステロンの分泌量増加

妊娠すると、胃腸の機能を弱める作用を持つプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加します(※3)。プロゲステロンには胃腸の機能を減弱させる作用があるため、消化機能が落ち、お腹の中にガスが発生することで、げっぷが起こりやすくなります。胃もたれを伴う人も多くいます。

食べつわりによる食べ過ぎ

食べつわりの妊婦さんは、空腹になると、吐き気や胸焼けに襲われるので、食べ物を口にする機会が増えます。

結果的に、食べ過ぎによって、食べ物と一緒に空気を飲みこむ機会も増え、げっぷの頻度が上がります。

唾の飲み込みの増加

つわりの症状である胃のむかつきや、吐き気を我慢するために、唾を飲み込むことがあります。また、よだれつわりになり、唾液が過剰に分泌されることがあります。

そうして、唾の飲み込み回数が増えると、空気も一緒に飲み込んでしまい、げっぷの回数も増えてしまいます。

自律神経の乱れ

妊娠によって起こるホルモンバランスや生活リズムの変化が、自律神経の乱れにつながり、「げっぷが出そうで出ない」「喉の奥に詰まりを感じる」などの症状を引き起こすことがあります。

つわりによるげっぷには、どう対処したらいい?

妊婦 リラックス 食事

妊娠初期のげっぷを緩和させるためには、胃腸の消化を助けることと、自律神経の乱れを整えることが大切です。以下の方法は、それらの実現に重きを置いています。

消化にいい食べ物を食べる

消化不良を起こすとげっぷが出やすくなってしまうので、消化にいい食事を心がけましょう。消化にいい食べ物としてよく挙げられるのが、おかゆ、雑炊、にゅうめん、豆腐、りんご、バナナです。魚は白身、肉は脂身の少ないササミや赤身がおすすめです。

食材はできるだけ細かく切り、火を通してやわらかくすると、消化されやすくなりますよ。ただし、油を使いすぎると消化に悪いので、注意してくださいね。

小分けにして食事する

一度にたくさん食べてしまうと、消化不良が起こりやすくなります。1日3回だった食事を6回に分けるなど、小分けにして食べると、胃腸への負担が減り、げっぷだけではなく、胃痛や胃もたれの解消にもつながります。

また、食事の際はゆっくり時間をかけ、よく噛むことも消化の助けになります。

炭酸飲料を飲みすぎず、乳酸菌を摂取する

炭酸飲料は口当たりが良く、つわり中でも飲める妊婦さんが多いことから、つわり時に重宝する飲み物として人気です。しかし、炭酸飲料を飲むことによって、げっぷが増えてしまうので、飲む量には気をつけましょう。

げっぷに悩まされているときにおすすめなのが、ヨーグルトやチーズなどの乳酸菌を含んだ食品です。乳酸菌は、腸内環境を整えてくれるので、積極的に摂取してみてください。

リラックスする

自律神経の乱れがげっぷの原因になっている場合は、リラックスすることが肝心です。旦那さんに首筋から背中にかけて優しくマッサージしてもらうと、リラックスできるだけでなく、筋肉の緊張が取れて肉体的にも楽になります。

妊娠が順調に進み、医師の許可が出ているのなら、思いきって散歩に出かけるのもおすすめです。外の景色を見ながらの散歩は、気分転換に最適ですよ。

つわりによるげっぷがひどいときは病院へ

医者 カルテ 病院

げっぷの量が増えたことで、「胃痛・胸焼けで何も食べられない」「水分がうまく飲めない」「精神的につらい」といった状態が長く続く場合は、医師に相談してください。

食事がほとんど取れておらず、水分も十分に摂取できていないと、つわりが悪化して「妊娠悪阻(おそ)」と呼ばれる状態になってしまう恐れがあります。妊娠悪阻をそのまま放置してしまうと、体の電解質バランスが崩れ、ひどい脱水症状を引き起こすこともあるため、治療が必要です(※2)。

吐き続けてしまって脱水症状に近い状態のときや、体重が妊娠前よりも3~5kgほど減少している場合は、一人で悩まず、妊婦健診などで医師と相談してください。

つわり時期のげっぷには、落ち着いて対処しよう

女性 リラックス 笑顔

一度気になると、さらに出てきてしまいそうな「げっぷ」。気分が優れないつわりの時期にはつらいですよね。こみ上げてくるげっぷで一層気持ち悪くなり、息をするのも苦しくなったという人も。

しかし、げっぷもつわりの症状のひとつで、多くの妊婦さんが経験するものです。神経質にならず、食事のしかたを工夫したり、ときどき息抜きをしたりしながら、つらい時期をうまく乗り越えられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう