つわりがない人の特徴とは?妊娠初期にない原因は?

妊娠した喜びも束の間、すぐに「つわり」が始まり、1日中ずっと吐き気に悩まされる人もいます。しかし、妊娠したからといって必ずつわりの症状が現れるわけではなく、つわりがほとんどないという人もいます。つわりがない人には何か理由があるのでしょうか。今回は、つわりがない人の特徴や理由、胎児への影響についてご説明します。

つわりがないこともあるの?

女性 疑問 クエスチョン はてな

つわりは、妊娠初期に現れる生理現象のひとつです。常に吐き気をもよおす「吐きつわり」、空腹になると気持ち悪い「食べつわり」、においに敏感になる「においつわり」など、その症状は様々です。

つわりが起こる原因は医学的にもはっきりとしていませんが、妊娠によって起こる体の変化が関係していると考えられています(※1)。

しかし、妊婦さん全員がつわりに悩まされるわけではありません。つわりを経験するのは妊婦さんの約50~80%なので、約20〜50%の人はつわりを経験しないということになります(※1)。

つわりがない人がいる理由は?

はてな 疑問 クエスチョン 空 雲 なぜ

一般的に、つわりは妊娠5~6週頃から始まり、妊娠12〜16週頃に治まります(※1)。症状の現れ方や程度は人によって違い、1日中強い吐き気を感じて頻繁に嘔吐する人もいれば、あらゆるにおいに敏感になる人もいます。また、食欲が少し減る程度の人もいます。

つわりがない人は、上記のような症状が全く現れないか、現れたとしても軽度です。

つわりがない人や軽い人がいる理由については、そもそもつわりが起こる原因がはっきりとわかっていないため、医学的に解明されていないのが現状です。

つわりがない人の特徴は?

運動 ジョギング

前述の通り、つわりがない人がいる理由は医学的には解明されていませんが、つわりがない人にはいくつか特徴があるといわれています。

下記の特徴があれば必ずつわりの症状が出ないというわけではないですが、「妊娠前にこういう特徴があったから、つわりが軽い傾向にあるのかな?」と、参考程度に考えてくださいね。

つわりがない人の特徴の例

● 胃腸が強い
● 冷え性がない
● 運動をして体を鍛えていた

つわりの主な症状は消化器系の不調なので、胃腸が強い体質の人は、吐き気を感じたり嘔吐したりすることが少ないと考えられます。

血行不良はつわりを悪化させる原因でもあります。冷え性がない人や運動している人は血行がよいので、つわりの症状が現れにくいといえそうですね。

不安やプレッシャーなどによるストレスもつわりをひどくするといわれているので、運動をして適度にストレスが発散できていたことも、つわりの症状を軽減する要因になるかもしれません。

また、乗り物に酔いやすい人、自律神経が乱れやすい人、ストレスを感じやすい人といったように、体や環境の変化に敏感な人は、つわりの症状が現れやすい傾向にあるため、そうでない人はつわりの症状が出にくいのではと考える説もあります。

つわりがない人は流産の可能性がある?

本 辞書 調べる 図書館

妊娠初期はつわりの症状が現れるものだと考えていると、「つわりがないのは流産の兆候では?」と不安になるかもしれません。

たしかに、「妊娠が判明した頃はつわりがあったのに急に症状が消えた」という場合には、流産の可能性も考えられます。

しかし、最初からつわりがない人は体質的なものといえるので、「つわりがない=流産」ではありません。妊婦健診で特に問題がなれば心配しないでくださいね。

「●●ならつわりがない」という噂は本当?

パソコン 調べる 女性 インターネット

「母親が妊娠中につわりが軽いと娘も同じように軽い」という噂を耳にしたことがあるかもしれません。しかし、このようなつわりと遺伝の関係には医学的な根拠はなく、そうなる人もいれば、そうならない人もいます。

胃腸が強い、冷え性ではない、といったつわりを感じにくいタイプの体質が遺伝している可能性は考えられますが、はっきりしたことはわかりません。

また、「仕事をしている人は専業主婦よりもつわりが軽い」という噂があります。これは単純に、仕事をしている人は忙しさのせいでつわりへ意識が向かず、あまり症状が気にならないという説明ができそうです。

同じように、「1人目はつわりが辛いけど2人目は軽い」という説も、2人目妊娠中は上の子のお世話で忙しくて休む暇もなく、つわりの症状を感じにくいといえそうですね。

つわりがひどい人は、つわりのことをできるだけ考えず他のことに集中できる環境を作ると、症状が少し緩和されるかもしれません。

つわりがないと男の子?ひどいと女の子?

双子 赤ちゃん 男女

つわりにまつわるジンクスには、胎児の性別判断に関することもあります。「つわり中に揚げ物が食べたいと男の子」「つわり中に甘いものが好きになると女の子」など色々ありますが、なかでもよくいわれるのが「つわりがないと男の子、つわりがひどいと女の子」です。

しかし、こちらについても医学的な根拠はなく、性別の違いでつわりの症状に違いが出ることはありません。お腹の子が男の子でもつわりが激しい人もいるので、気にしすぎないでくださいね。

性別が判明するのは、早くて妊娠16週以降、一般的には妊娠20週頃です。エコー検査で外見上の違いを見つけることでしか性別を見分ける方法はないので、それまで楽しみに待っていましょう。

つわりがない人もある人も妊娠初期はリラックスして過ごそう

女性 リラックス 昼寝

つわりによる吐き気や嘔吐はつらいものなので、つわりがないに越したことはありませんが、つわりがないことを期待していると、症状が現れたときにかえって落ち込んでしまうものです。

また、妊娠初期はつわりがなくても、後期つわりに悩まされることもあります。もし、つわりがなかったとしても「ラッキー」くらいに考えておくといいでしょう。

妊娠初期はお腹の赤ちゃんが成長するための大切な時期です。つわりの症状がある・ないにかかわらず、体に負担をかけないようにして、できるだけ穏やかな気持ちで過ごしていけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう