つわりを和らげる食べ物って?ビタミンB6が効果的!【助産師監修】

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

妊娠初期に多くの妊婦さんが経験する「つわり」。症状には個人差がありますが、吐き気や胃の不快症状がひどいと、何かを口にしただけで気持ち悪くなってしまうことも。  

そこで今回は、つわりを和らげる食べ物やつわり中でも食べやすい食べ物をご紹介します。

つわりを和らげる食べ物はある?

バナナ フルーツ

つわりは、吐き気や胃のむかつきなど、主に消化器官に症状が現れます。明確な原因はわかっていませんが、妊娠初期の急激なホルモンバランスの変化や、代謝の変化などが関係していると考えられています(※1)。

そんなつわりに対して、日本産婦人科学会は、「ビタミンB6を5~60mg摂取することで、嘔吐の症状が緩和される」としています(※2)。

効果には個人差がありますが、つわりで吐き気がするときは、ビタミンB6を多く含む食べ物を試してみるのも一つの方法です。下記にビタミンB6を多く含む食べ物をご紹介します。

バナナ

バナナにはビタミンB6が豊富に含まれています。バナナジュースにするとつわり中でも摂取しやすくなるのでおすすめです。

プルーン

乾燥したプルーンにも多くのB6が含まれています。バナナとプルーンをヨーグルトに入れて食べるのもいいですね。

玄米

玄米にもビタミンB6が多く含まれています。白米は炊いたときのにおいで気持ち悪くなる妊婦さんも多いですが、玄米なら大丈夫という人も。

鉄や葉酸、食物繊維など、妊娠中に摂取しておきたい栄養素を含んでいるのもポイントです(※3)。

つわり中でも食べやすいおすすめの食べ物は?

トマト 野菜 

前述のビタミンB6を含む食べ物のようにつわりの症状緩和に直接効果があるというわけではないですが、つわり中でも食べやすく栄養が豊富な食べ物もあります。ここではそんな食べ物をいくつかご紹介するので、食べられそうだったら試してみてくださいね。

生姜

中国では昔から吐き気を抑える漢方薬として生姜が利用されていました(※4)。すりおろして味噌汁に入れたり、はちみつとレモンとあわせてホットドリンクを作ったりするのもいいですね。

豚肉

豚肉には精神的なイライラを抑えるビタミンB1が多く含まれています(※5)。つわり中は思うように体を動かすことができず、ストレスも溜まりやすいので、吐き気を抑える生姜と調理して、生姜焼きにして食べるのもおすすめです。

豆腐

豆腐はのどごしが良く消化吸収も優れているうえ、タンパク質やビタミン、オリゴ糖など妊娠中に摂取したい栄養素が含まれています。つわりの時期でもサラッと食べやすい、という妊婦さんも多いですよ。

トマト

トマトのほどよい酸味が口の中や胃をすっきりさせてくれるので、つわりの症状が和らぐことも。トマトジュースにするとのどごしがよくなりますよ。

つわり中の食事のポイントは?

日本人 食事 フルーツ

つわりを緩和する食べ物やつわり中でも食べやすい食べ物をご紹介してきましたが、症状がひどいとそういった食べ物さえ受けつけないことも。

そんなときは無理して食べなくても大丈夫です。「少量ずつ、食べられるものを、食べられるときに食べる」ことが、つわりを乗り切る食事のコツです。

また、つわりによる味覚の変化で、脂っこいものやにおいが強い食べ物が無性に食べたくなることもあるかもしれませんが、食べすぎるとつわりの症状を悪化させることもあるため気をつけてくださいね。

つわりを緩和する食べ物を見つけて、つらい時期を乗り切ろう

オリジナル エコー写真 日本人 夫婦 妊婦

つわりの症状には個人差があるため、他の妊婦さんが食べられたものでも、自分は気持ち悪くなることも。今回ご紹介した食べ物を参考に、自分にあう食べ物を探してみてくださいね。

「何か一つでも食べられるものがあればラッキー」と前向きに考えながら、つわりの時期を乗り越えられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう