妊娠初期の胃もたれ・胸焼けがきつい…これって、つわり?解消法は?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

妊娠初期には胃もたれや胸焼けなどに悩まされる妊婦さんがたくさんいます。胃がムカムカして、吐き気をもよおすことも。こうした胃もたれや胸焼けは、いわゆる「つわり」と関係があるのでしょうか?今回は妊娠初期の胃もたれや胸焼けの原因が何か、つわりとの関係性、解消法などをご説明します。

妊娠初期に現れる胃もたれや胸焼けとは?どんな症状?

日本人 女性 胸焼け 胃もたれ

妊娠初期はつわりに代表されるように、消化器系のトラブルはつきものです。胃もたれや胸焼けが現れることは多く、気持ち悪さのあまりに吐いてしまう人もいます。症状の感じ方は人によって違いますが、胃が重く感じたり、喉につまっているような感覚があったり、食べたものが胃に残っているような違和感があることも。

妊娠前であれば、食べ過ぎたときや、脂っこいものを食べたときに胃もたれや胸焼けを起こしますが、妊娠中は少し食べただけでも、まったく食べなくても症状が現れるのが特徴です。

妊娠初期の胃もたれや胸焼けの原因は?つわりとの関係は?

日本人 女性 吐き気 つわり

妊娠初期の胃もたれや胸焼けは原因は、まだはっきりしていません。しかし、妊娠すると分泌量が増えるプロゲステロン(黄体ホルモン)が胃腸などの消化器官に影響を与えているのではないかと考えられています。

そもそも、プロゲステロンは子宮内膜を厚い状態で維持し、子宮収縮を抑える役割があります。子宮収縮を防ぐために筋肉の収縮自体を抑える作用をもたらすのですが、子宮近くにある消化器官の筋肉の収縮も弱めてしまうために、消化器官全体の機能が弱まってしまうのです。

そのため、妊娠中にプロゲステロンの分泌が活発になっていると胃腸の働きが弱まり、食べたものをうまく消化できずに胃もたれや胸焼けを起こしやすくなると考えられます。

胃もたれや胸焼けは、つわりで苦しい時期とかぶり、吐き気を伴うことも多いので、つわりの一種として考えられることもあります。ただ、吐き気が治まった後も胃もたれが続くことはあるので、一概につわりの一種だとも言えません。

妊娠初期に起きやすいマイナートラブルですが、体への危険性が高いものではないので、落ち着いて対処してください。

妊娠初期の胃もたれや胸焼けは胃酸のせいかも?

つわり 日本人 吐き気

妊娠初期に胃もたれや胸焼けを引き起こすのは、ホルモンバランスのせいだけではありません。

妊娠初期のお腹はそれほど大きくありませんが、体内では少しずつ大きくなって周辺の臓器を圧迫します。このときに胃が圧迫されると胃酸が逆流することがあり、逆流した胃酸が食道に炎症を起こすと「逆流性食道炎」になります。

妊娠中は消化機能が弱まっているため、消化に時間がかかり、胃酸の分泌量が増加してしまいます。胃酸の量が増えると逆流しやすくなるのも、一つの要因です。

逆流性食道炎を起こすと胸焼けや嘔吐、げっぷ、胸部の不快感を引き起こします。食後に前かがみになったり、横になったりしたときに不快感が現れるときは胃酸が逆流している可能性があるので、何日も続くときは病院に相談してください。

妊娠初期の胃もたれや胸焼けを解消する方法は?

野菜

妊娠初期の胃もたれや胸焼けを解消するには、まず食事の取り方を見直しましょう。食べ過ぎると胃酸がたくさん出て胸焼けを起こしやすい上、つわりがひどくなります。

1回の食事量は減らして、少しずつ食べるようにしてください。空腹になると吐き気をもよおす「食べつわり」の人は、空腹時や寝起きに胃もたれ・胸焼けを起こしやすいので、すぐにつまめるクラッカーなどのお菓子を持ち歩いたり、枕元に置いたりして工夫しましょう。

食べづわりがひどいと、口にできるものが限られてしまいますが、食事内容にも注意してください。脂っぽい食事やスパイスのきいた刺激的なメニューは胸焼けを引き起こしやすいので、控えてくださいね。

また、高カロリーのお菓子ばかり食べると体重が増えてしまうので、気をつけましょう。

就寝2時間前に飲食するのも、寝ている間に胃酸が分泌されて胃もたれや胸焼けを引き起こす原因になるので、なるべく控えましょう。

妊娠初期の胃のムカムカ解消には普段の姿勢も大事!

産後 目の疲れ 女性 日本人

胃酸の逆流で胃がムカムカしている場合は、普段の姿勢にも気をつけてください。前にかがんだり、横になったりすると胃酸が逆流するので、寝るときに少し頭を高くしてみると逆流を予防できます。クッションや抱き枕などを使って楽な姿勢を見つけてください。

食後は特に胃酸の分泌量が増えるので、食べたあとはすぐに寝転んだりせず、ソファーや座椅子、クッションなどで体を起こした状態で休みましょう。普段の姿勢に気をつけるだけでも、胃もたれや胸焼けを抑えられますよ。

妊娠初期の胃もたれや胸焼けで薬を飲んでもいい?

ピル 医師 薬 処方

妊娠前なら胃もたれや胸焼けがあれば、胃薬・胃腸薬を飲んで対処できますが、妊娠しているとそうは行きませんね。妊娠初期の胃もたれや胸焼けには薬を飲んでもいいのでしょうか。

妊娠初期は胎児の重要な器官が形成される時期で、薬を服用すると悪影響を及ぼすリスクがあります。病院を受診しても薬を処方してもらえることは稀ですが、あまりに胃もたれや胸焼けがひどいときにはかかりつけの産婦人科に相談しましょう。苦しいかもしれませんが、自己判断で市販薬を飲むのはやめてください。

妊娠初期の胃もたれや胸焼けは食生活の工夫で対処しよう

日本人 女性 食事

妊娠初期の胃もたれや胸焼けは楽ではありませんが、根本的に解消するのが難しい症状でもあります。ただ、安定期に入る頃には症状が治まるのが一般的です。

妊娠後期になるとまた別の原因で胃もたれや胸焼けが起きやすくなるので、症状に慣れて対処法を身につけておくことも大切です。妊娠生活を元気に過ごすためにも無理をせず、早めに医師に相談する姿勢を心がけてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう