妊婦の胃痛解消法は?妊娠中は消化不良になりやすいの?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

妊娠中は様々な体のトラブルがみられますが、「胃痛」もそのひとつ。妊娠初期はつわりの影響がありますが、妊娠中期以降も胃のキリキリとする痛みに悩まされる人も多くいます。そこで今回は、妊娠中の胃痛の原因と解消法、病院に行く目安、市販の胃薬を飲んでもいいのかについてご説明します。

妊婦の胃痛の原因は?

胃痛 腹痛

胃痛の症状は様々ですが、みぞおちのあたりがキリキリ・チクチク痛む、キューッと締め付けられるような感じがすることが多いようです。妊娠中に胃の痛みを感じる原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

つわり

妊娠初期にみられる胃痛は、つわりによるものがほとんど。みぞおち付近がひどく痛み、むかつきや吐き気をもよおすことがあります。症状は個人差があり、食事に差し支えない人もいれば、まったく食事ができないほどの痛みを感じる人もいます。

つわりによる胃痛の原因ははっきりしていませんが、妊娠して大量に分泌されるプロゲステロンが胃腸の働きを弱め、消化不良を起こすからだと考えられています。

後期つわり

妊娠中期から妊娠後期にかけては大きくなった子宮の影響でつわりのような症状が現れ、胃が痛くなることがあります。これを後期つわりと呼び、胃痛だけではなく、胸焼けや吐き気、げっぷなどの症状も見られます。

赤ちゃんが大きくなることで子宮が胃を圧迫し、胃の動きが鈍って消化不良になったり、胃酸が逆流しやすくなったりするのが原因です。胃酸が逆流すると粘膜が炎症をおこすので、逆流性食道炎になることも。炎症をおこすと胸のあたりが焼けるような激しい痛みが現れるので注意が必要です。

ストレス

胃痛はストレスによっても引き起こされます。特に妊娠初期の不安定な時期や臨月に入ってお産が近づいてくる時期は、緊張感や不安がストレスとなって、自律神経が不安定になって胃腸障害を起こすのです。

ストレスが原因の場合は、下痢や便秘などの症状が現れることもあるので、注意が必要です。

妊婦の胃痛を解消する方法は?

食事 食べ物

妊娠中の胃痛は、妊娠に伴う生理的な現象なので、根本的に解消することは難しいのですが、普段の食事や生活を気をつけるだけで症状をやわらげることはできます。胃に負担をかけないように意識して、症状の緩和に努めましょう。

よく噛んで食べる

よく噛んで食べると唾液が出て消化がよくなります。満腹感も得られるので食べ過ぎを予防できます。1度口に運ぶごとに20回は噛むことを心がけてください。口に入れるたびに箸を置くようにすると、ゆっくり噛む癖をつけられますよ。

少しずつ何度かに分けて食べる

妊娠中に食べ過ぎると胃酸が多く出てしまうので、一度にたくさん食べるよりも、少しずつ何回かに分けて食べるようにしましょう。特に妊娠初期はつわりで決まった時間に食べることが難しいので、食べられるときに少しずつ食べるようにしてくださいね。

空腹を避ける

胃の中が空っぽだと胃酸が粘膜を傷めて、胃痛を引き起こします。少しでもいいので、お腹の中に食べ物を入れておきましょう。

香辛料・刺激物を避ける

胃の働きが悪くなっている妊娠中に、唐辛子などの刺激物は禁物です。胃酸の分泌が促され、胃痛の原因になるので、胃痛や胸焼けが起きる方はできるだけ控えてくださいね。

ガムを噛む

普段からガムを噛むようにすると唾液が分泌されて消化がよくなります。妊娠中はノンシュガーガムがおすすめです。

妊娠中は胃に負担の少ない食べ物を選んで

飲食 食べ物 野菜

胃痛を予防するには胃への負担をやわらげる食べ物を選ぶことも大切です。以下の食材を意識的に食べてくださいね。

キャベツ、レタス、セロリ

主にキャベツに多く含まれるビタミンUは、胃酸の分泌を抑え、胃の粘膜の新陳代謝を促し修復してくれます。胃薬の主成分になっています。食物繊維も豊富なので妊婦さんを悩ませる便秘にも効果的です。

ヨーグルトなどの乳製品

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は胃酸の分泌を抑えてくれます。アロエには胃もたれや胃潰瘍を改善してくれるので、アロエヨーグルトを食べるといいですよ。

オクラ、レンコン、モロヘイヤ、山芋

ネバネバした食材には、胃の粘膜を保護する作用があります。山芋にはアミラーゼなど分解酵素を多く含むので、消化吸収がよくておすすめです。

反対に、胃への負担が大きく、胃痛を悪化させる食べ物もあります。脂っぽいものや固いものは消化に悪く、胃への負担が大きいので注意してください。

ラーメンや玄米、ナッツ類、ごぼう、レンコン、みかん、レモン、ドライフルーツ、ソーセージ、マーガリン、コーヒー、生クリーム、チョコレートなどは胃に負担がかかるので、胃痛がひどいときは控えておきましょう。

妊娠中の胃痛で病院へ行く目安は?

妊娠 病院 診察

胃がキリキリ・チクチクと痛むとき、1日経ってもひどい痛みが治まらないときは病院で診てもらいましょう。また、胃痛のほかに吐き気・頭痛・下痢などの症状が続く、食欲がなくほとんど食べられない、食べても吐いてしまうという場合も病院を受診して医師に相談しましょう。

妊娠中の胃痛で胃薬を飲んでもいいの?

薬

市販されている胃薬にはいろいろな種類があり、妊娠中でも飲めるものはあります。胃の粘膜を保護したり胃酸の過剰分泌を抑えたりして胃痛をやわらげる効果が期待できますが、一方で妊娠中の服用の安全性が確立されていないものもあります。

そのため、妊娠中は勝手な判断で胃薬を使うのは控え、かかりつけの産婦人科医に相談してから飲むようにしましょう。

妊娠中の胃痛は病気の可能性もある?

危険 看板 テープ 注意

胃の痛みは妊娠中によく見られる症状なので、痛みに慣れて放置している人もいるかもしれません。しかし、つわりや大きくなった子宮のせいだと思っていたら、実は妊娠高血圧症候群やウイルス性胃腸炎、神経性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、虫垂炎、過敏性大腸症候群などの病気が原因で胃の痛みが現れていることもあります。

胃痛を我慢しすぎるのは危険な場合もあると頭に入れておきましょう。妊娠中の体調変化による症状は個人差が大きいですが、少しでも違和感があれば病院に相談してくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう