妊婦はヨーグルトを食べてもいい?妊娠中にアロエ入りはNG?

監修専門家 管理栄養士 渡辺 亜里夏
渡辺 亜里夏 神奈川県立保健福祉大学卒業後、予防医学に興味を持ちドラッグストアへ就職。その後独立し、現在はフリーランスの管理栄養士として特定保健指導、ダイエット指導、コラムの執筆、企業様での研修などを中心に活動。い... 監修記事一覧へ

ヘルシーで体に良い食べ物として人気のヨーグルト。妊娠前から毎日のように食べていたという人も多いですよね。さっぱりとしていて舌触りのよいヨーグルトは、つわりで食欲がないときも比較的食べやすく、栄養豊富なので、妊婦におすすめの食べ物です。一方で、ヨーグルトの種類によっては、妊娠中に食べ過ぎないほうがいいとされているものもあります。今回は、妊婦はヨーグルトを食べてもいいのか、妊娠中はどのくらい食べてもいいのか、ヨーグルトを食べるときの注意点などについてご紹介します。

ヨーグルトの栄養成分は?

ヨーグルト

ヨーグルトは、牛乳に種菌(スターター)を入れて作られます。牛乳の栄養成分だけでなく、乳酸菌の発酵作用による栄養もたっぷり含まれているので、健康効果の高い食べ物です。

乳酸菌とは?

乳酸菌は、オリゴ糖、ブドウ糖、乳糖といった糖を栄養にして発酵し、乳酸を作る菌です。ヨーグルトを食べることによって腸まで乳酸菌が届くと、腸内環境が整ったり、免疫力がアップしたりする効果があるといわれています。

ヨーグルト独特の酸味は、乳酸菌によって作られた乳酸によるものです。乳酸の作用によって、牛乳のたんぱく質が固まるため、ヨーグルト特有の滑らかさが生まれます。

ヨーグルトに含まれる主な栄養素

ヨーグルトには健康に欠かせない様々な栄養素が含まれています。

たんぱく質

ヨーグルトに含まれるたんぱく質は、乳酸菌の働きにより一部が分解されているため、牛乳よりも消化吸収がよくなっています。

カルシウム

牛乳と同じようにヨーグルトにもカルシウムが豊富に含まれています。牛乳のカルシウム吸収率は比較的高めですが、ヨーグルトは乳酸菌とカルシウムが結びつくことによってカルシウムの性質が変わるため、牛乳よりも消化吸収されやすいとされています。

ビタミン類

ヨーグルトには、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2といったビタミン類も含まれています。ビタミンB群には、新陳代謝を活発にして美肌効果を高める働きがあるとされています。

妊婦はヨーグルトを食べてもいいの?妊娠初期は?

妊婦 リラックス 食事

栄養豊富で乳酸菌による効果も期待できるヨーグルトは、妊婦さんにもおすすめの食べ物です。ヨーグルトには、腸内環境を整える作用があるので、妊娠中の便秘解消にも役立ちます。また、カルシウムは、丈夫な骨を作り、妊娠中の気持ちのイライラを沈める効果も期待できますよ。

ただし、ヨーグルトには脂質が含まれているため、食べ過ぎには注意しましょう。ヨーグルトはヘルシーなイメージがありますが、デザートや間食で食べ過ぎてしまうと、体重増加の原因になりかねません。

また、加糖タイプのヨーグルトは糖質が多いので、できればプレーン(無糖タイプ)を選んで、果物やドライフルーツ、はちみつなどで甘さを調整して食べるのがおすすめです。

妊娠初期は流産のリスクが高い時期で、体調も不安定になりやすいので、食べ物に気をつかう妊婦さんが多いのですが、ヨーグルトを食べること自体に問題はありません。

ただし、冷たいヨーグルトを食べると、体が冷えて、つわりの症状がひどくなったり、腰痛や便秘が悪化したりする可能性があるので、食べ過ぎには注意してくださいね。

妊娠中はヨーグルトを1日にどれくらい食べてもいいの?

女性 記号 疑問 クエスチョン

妊娠中にヨーグルトを食べるときは、脂質や糖質の過剰摂取にならないように気をつけながら、適切な量を食べることが大切です。

カルシウム摂取の観点からいうと、日本人女性のカルシウム摂取量は少なく、食事摂取基準の目安量を大きく下回っています(※1)。

そのため、牛乳・乳製品といろいろな食品を組み合わせてカルシウムを摂るように意識し、プレーンヨーグルトを食べる場合は1日に2〜3カップ(およそ200〜300g)を目安にしてください。加糖のヨーグルトの場合は、それよりも量を少し減らしましょう。

妊婦は、アロエヨーグルトを食べないほうがいい?

アロエヨーグルト

ヨーグルトの中でも人気の「アロエヨーグルト」。しかし、「妊娠中はアロエを食べないほうがいい」というウワサを聞いて、不安になっている妊婦さんも多いのではないでしょうか。

アロエの皮に含まれるアロインには子宮収縮作用があるとされていますが、アロエヨーグルトに使われているアロエは皮の部分を取り除いているので、妊婦さんに悪影響を及ぼすことはありません。そのため、妊娠中にアロエヨーグルトを食べても問題はないですよ。

ただし、市販のアロエヨーグルトはプレーンヨーグルトに比べて糖質が多いので、食べ過ぎには注意してくださいね。

妊娠中の低脂肪ヨーグルトは危険なの?

お腹 妊婦 クエスチョン はてな ?

ヨーグルトのカロリーや脂質を気にして、低脂肪ヨーグルトを選ぶ妊婦さんも多いかと思います。

イギリスのニュースサイトMail Onlineによると、2011年にハーバード公衆衛生大学院が60,000人の妊婦を対象とした研究で、「妊娠中にフルーツ入りの低脂肪ヨーグルトを食べていたママの子供ほどアレルギーになりやすくなる」という統計的な結果が出たそうです(※2)。

乳製品の脂肪分にはアレルギーから守る作用があるため、低脂肪ヨーグルトを食べ続けることによって乳脂肪分の摂取が少なくなり、アレルギーになる可能性を高めてしまったと考えられていますが、フルーツ入りの低脂肪ヨーグルトだけでその傾向が出たようで、低脂肪ヨーグルト自体とアレルギーの因果関係ははっきりしていません。

海外の研究結果であるうえに、どれだけ食べたのかという量や医学的根拠がはっきりしていないので、即座に「低脂肪ヨーグルトは危険」などと考えすぎないでくださいね。ただし、妊娠中はあまり偏った食生活をしないほうが良いでしょう。

妊娠中もヨーグルトを食べて健康的に過ごそう!

妊婦 ヨーグルト

ヨーグルトには、妊婦の体に嬉しい栄養素がたっぷりつまっているので、妊娠中に積極的に食べたい食べ物の一つです。ただし、妊娠中にヨーグルトを食べるときは、脂質や糖質の摂り過ぎにならないように気をつけてくださいね。

最近は、様々な乳酸菌が入ったヨーグルトが販売されていて、乳酸菌の種類によって健康効果も変わるとされています。自分の体質にあった食べやすいヨーグルトを探して、毎日の食生活に取り入れられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう