妊娠後期・臨月はイライラしやすいの?情緒不安定を解消する方法は?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

妊娠後期や臨月に入ってから、些細なことにイライラしたり、情緒不安定になったりしている妊婦さんも多いのではないでしょうか。原因をしっかり理解し、対処法を見つけて、ストレスから解放されたいですよね。今回は、妊娠後期・臨月に感じるイライラや情緒不安定の原因、赤ちゃんへの影響、解消法をご紹介します。

妊娠後期・臨月のイライラや情緒不安定の原因は?

イライラ ストレス

妊娠後期から臨月にかけて、イライラしたり情緒不安定になったりする原因は、大きく分けて「ホルモンバランスの変化」と「ストレス」の2つがあります。どちらも妊娠による体の変化から生じるもので、多くの妊婦さんの悩みの種です。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると、プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)という2つの女性ホルモンが活発に分泌されます。プロゲステロンには子宮の状態を整え妊娠を維持する働き、エストロゲンには子宮の発育や胎児の成長を促す働きがあり、どちらも妊婦さんには必要なホルモンです。

妊娠後期に入ると、これらの分泌量がさらに増え、ホルモンバランスが急激に乱れるため、イライラしやすくなります。また、プロゲステロンの作用で強い眠気や便秘が引き起こされることもあります。

ストレス

妊娠後期・臨月になってお腹が大きくせり出すと、思うように動けなくなるうえに、普通に生活するだけでも疲れやすくなって、ストレスが溜まってしまいます。また、ホルモンバランスの乱れによる便秘、下痢、頭痛などの体調不良も、イライラや精神的な疲労をもたらす原因になります。

この他にも、「出産の痛みが怖い」「無事に赤ちゃんを産めるか不安」「産後の子育てが心配」などの出産に対する不安を感じることも。また、旦那さんや家族が家事や上の子のお世話などに非協力的な場合もストレスにつながり、イライラや情緒不安定を引き起こします。

妊娠後期・臨月のイライラや情緒不安定は胎児に影響を与える?

赤ちゃん 男の子 悲しい 眠い

妊娠中のイライラが胎児に与える影響は、まだ詳しくは解明されていません。

しかし、妊娠中に過度の精神的ストレスやイライラを感じると、早産や流産のリスクが高まるといわれています(※1,2)。これは、ストレスを受けると血管が収縮し、子宮収縮や血流の悪化によって胎児の発育が悪くなってしまう可能性があるからだと考えられます。

ストレスによって胎児に影響が及ぶのは稀なケースではありますが、前向きな気持ちで出産を迎えるためにも過度なストレスを避けて、イライラを解消できるように取り組みたいですね。

妊娠後期・臨月のイライラや情緒不安定はストレス発散で解消

妊婦 妊娠後期 風船 リラックス リフレッシュ

妊娠後期・臨月のイライラや情緒不安定は、その原因となるストレスを発散させることで、軽減させることができます。妊娠後期・臨月で精神的に疲れてイライラしているという妊婦さんは、ぜひ以下の方法を試してみてくださいね。

身近な人や悩みを共有できる人に相談して気持ちを切り替える

イライラや不安を誰かに話すだけでも、すっと気持ちが落ち着きます。先輩ママに相談をすれば、いいアドバイスがもらえるかもしれません。また、パートナーにきちんと話せば、きっと大きな心で受け止めてくれますよ。

妊娠後期や臨月でも、体調が良い日はできるだけ外出して、家族や友達とゆっくりおしゃべりする時間を取ることも大切ですね。

ゆっくり休む

「健全な肉体に健全な精神は宿る」といわれるように、ゆっくりと体を休め、体調を整えることもポイントです。家事を休んだり、昼寝の時間を設けて気分をスッキリさせたりしながら、十分に休息をとって疲れた心と体を休めましょう。

没頭して集中する時間をもつ

何かに没頭して集中する時間をもつと、イライラを忘れてストレスを解消することができます。ハンドメイドのベビー服作りやエコー写真のアルバム制作は、ママの自覚もさらに高まるのでおすすめですよ。

ただし、細かい作業に没頭しすぎて目や頭が疲れてしまわないように注意してくださいね。

周囲に事情を話しておく

イライラは、妊娠中に起こる生理的な現象です。身近な人で気を許しているからこそ、イライラしている自分をさらけ出せているというママも多いですよね。しかし、パートナーや周囲の人はママが急にイライラし始めたことに戸惑うこともあります。

そんなときは、「出産前は生理的にイライラしてしまうもの」だと素直に打ち明けましょう。きっと理解して、サポートしてくれますよ。

適度に体を動かす

妊娠後期・臨月になると、お腹が大きくなって、体を動かすことが難しくなってきますが、家でじっと動かないままでいると、それはそれでストレスの原因になってしまいます。

妊娠後期・臨月の運動としては外の景色が楽しめる散歩がおすすめで、家の周りでもいいので歩いて体を動かすと、いい気分転換になりますよ。

赤ちゃんグッズを準備する

生まれてくる赤ちゃんのことを想いながら必要なグッズを買いそろえることでイライラが解消されることもあります。出産予定日が近くになると、いろいろと忙しくなり、買い物する余裕もなくなってくるので、できるだけ早くから赤ちゃんグッズを準備しておきましょう。

妊娠後期・臨月はストレスを溜め込まず、イライラのない生活を

妊婦 顔 笑顔

身体的につらくなってくる妊娠後期・臨月は、イライラしたりストレスが溜まったりしやすいものです。出産が近づいてきた時期ならではの生理的な現象ですが、あまりにもつらいときは、健診のときに医師や助産師に相談してみましょう。

できるだけイライラが小さいうちに対処して、お腹の赤ちゃんとの残り少ないマタニティライフを気持ちよく過ごしていけるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう