妊娠中に旦那にイライラする!どんなことで苛立つの?対処法は?

妊娠中は些細なことに敏感になるので、身近にいる旦那さんの言動にイライラすることもあるのではないでしょうか。妊娠前には気にならなかったことも気になってしまい、夫婦喧嘩が増えたという家庭も多いようです。そこで今回は、妊娠中に旦那さんにイライラしやすい理由や対処法についてご紹介します。

妊娠中にイライラする理由は?

妊娠中 妊婦 イライラ 悩み

妊娠中にイライラしやすいのは、ホルモンバランスが大きく変化することで体や心の状態が不安定になるためだといわれています。

また、つわりがひどい場合は、不快症状が続いて日常生活を送ることさえ難しくなり、大きなストレスを感じることがあります。

妊娠中期以降は体調が落ち着くことが多いですが、後期に近づくにつれて、大きくなったお腹による身体的負担や、お産に対する不安がつのってイライラすることも。

それ以外にも下記のようなことが原因でイライラするケースもあります。

● お産に対する不安
● 出産後の育児や将来設計(自身の仕事や家計など)への不安
● 妊娠前のようにスポーツや趣味、お酒などを楽しめないモヤモヤ
● 妊娠や出産に対する周囲の何気ない発言
● 産休や退職などによる生活環境の変化

妊娠中に旦那にイライラするのはなぜ?

カップル 夫婦 イライラ 怒る ケンカ

前述のように、妊娠すると様々なことが原因でイライラしやすくなりますが、特に旦那さんに対してイラっとしてしまう妊婦さんは多いようです。

旦那さんには妊娠中の一番の理解者であってほしいと願うものの、体に変化がない男性は妻の妊娠による様々な変化を実感することが難しく、夫婦間で温度差を感じやすいといわれています。

「これくらい言わなくてもわかるだろうと」と思っていても、状況を察することが苦手な男性は多く、「妊娠中に気にかけてほしいこと、やってほしいことを全くしてくれずイライラする」なんてことも珍しくありません。

また、妊娠によって体調や環境がどんどん変化していく自分と比べると、旦那さんは今までと変わらず自由な生活を送っているように見えてしまい、イライラしてしまうこともあります。

妊婦はどんなことで旦那にイライラしてしまうの?

妊婦 タブレット パソコン 調べる

ここでは、妊娠中にどんなことで旦那さんにイライラしてしまうのか、よくあるエピソードとともにご紹介します。

家事や育児をやらない

もともと奥さんが主に家事を担当していた家庭では、妊娠を機に家事分担について見直すことも多いですよね。しかし、「仕事が忙しい」「苦手だから」という理由で、なかなか積極的にやってくれない旦那さんもいるようです。

 

・風呂掃除や布団の上げ下ろしなど、お腹に負担のかかる家事をやってほしいのにやってくれない
・仕事で疲れているからと、食べ終わった自分の食器さえ洗わない
・気が向いたときにしか上の子のお世話をしない

いつでも自分本位

妊娠中ということで何かと気にかけてくれるものの、結局は自分のことを優先する旦那さんの姿に苛立ちを感じてしまうことも。

 

・妊婦はお酒を飲めないことを知っているのに目の前でビールを美味しそうに飲む
・つわりでつらいのに週末は趣味のために出かけてしまう
・いつまでたってもタバコをやめてくれない
・仕事の付き合いだからと、しょっちゅう飲み会に行っている

思いやりやデリカシーがない

旦那さん側に悪気はなくても、妊娠中はちょっとした言葉に敏感になるもの。ふざけたつもりで言ってきたことにもイラっとしたり悲しくなったりしてしまいます。

 

・吐きづわりでげっそりしているのに「ダイエットになってちょうどいいね」と言ってくる
・妊婦健診に来てほしいと頼んでいるのに仕事を優先して来てくれない
・つわりがひどくて横になっていたら「毎日寝ていて楽だね」と言われる

やたら大切に扱ってくる

思いやりやデリカシーがないことに比べたら嬉しいことではありますが、妊娠中だからといってあまりにも過保護にされたり心配されたりすると、かえってイライラしてしまうこともあるようです。

 

・お腹を締めつける服を着ていないか、体に悪いものを食べていないかなど、毎日チェックが入る
・一人で出かけるのは危ないからと、一緒にいるときしか外出させてくれない

家庭によって程度の差はあるものの、旦那さんのこういった言動が続くとイライラしてしまいますよね。

妊娠中に旦那にイライラするときの対処法は?

妊婦 メモ スケジュール ノート 臨月 お腹

イライラしてしまうのは妊娠中特有のこととわかってはいても、できれば夫婦で仲良く穏やかに過ごしたいもの。下記に旦那さんにイライラしたときの対処法をご紹介するので、試してみてくださいね。

ホルモンバランスのせいと考えて冷静になる

旦那さんに頻繁にイライラしてしまうときは、「妊娠中のホルモンバランスのせいなんだ」と、いったん冷静になってみましょう。

深呼吸したり好きな音楽を聴いたりするなどして少し時間を空けたら、冷静になってイライラの原因を探ることができますよ。旦那さんに伝えなければ解決しない内容であれば、夫婦で話し合う時間を作ってみてくださいね。

夫婦で妊娠・出産についての知識を深める

初産の場合、多くの旦那さんは妊娠・出産の知識がほとんどありません。旦那さん自身は情報を得たいと思っていても、何から始めたらいいのかわからないことも。

妊婦健診についてきてもらったり、自治体や病院で行われている両親学級に一緒に参加してみたり、パパ向けの妊娠アプリを進めてみたりと、パパになる実感がわくような行動を一緒にしてみましょう。

夫婦で知識を高めることで、旦那さんも妊婦さんについて理解できるようになり、イライラすることも減ってくるはずですよ。

頼み方を工夫する

「家事をやってくれない」「もっとこうしてほしい」といったことでイライラしてしまうときは、頼むときの言い方を工夫してみましょう。

旦那さんに妊娠中の体の状態を完璧に理解してもらうことは難しいので、何かを頼むときは「〇〇な状態だから〇〇してくれると助かる」と具体的に伝えることがポイントです。

家事な苦手な旦那さんには、マッサージを頼むのもいいですね。得意なことであれば積極的にやってくれるはずですよ。

終わった後には、「助かったよ」「嬉しい」と感謝を使えることで、継続につながります。

気分転換の方法を考えておく

旦那さんと話し合ったり改善方法を考えたりしても、どうしてもイライラがおさまらないこともあります。そのようなときは、好きなことをして気分転換をしましょう。

妊娠中は激しい運動はできませんが、妊婦体操やストレッチで適度に体を動かしたり、趣味に没頭したり、無理のない範囲でリフレッシュすると、イライラする気持ちが落ち着いてくるものです。

妊娠経験のある友達や先輩ママ、実母、地域の保健師さんなどに相談するのもおすすめですよ。

妊娠中に旦那にイライラしても夫婦で乗り越えよう

妊婦 夫婦 円満

妊娠中のイライラは主にホルモンバランスの変化が原因なので、やむを得ないこと。しかし、旦那さんへのイライラが積み重なって夫婦仲が悪くなると、産後もその状態が続いてしまう恐れがあります。

出産後は育児に追われて更に気持ちに余裕がなくなるので、妊娠中のイライラは早めに解消して引きずらないようにしましょう。

旦那さんにいろいろなことを求めてイライラしてしまうのは、母親としての自覚が高まっている証拠でもあります。出産後は夫婦で協力して子育てをしていくことが大切なので、妊娠中のイライラをきっかけに話し合う時間をとったり、家事分担について見直したりできるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう