エストロゲンを増やす方法は?食べ物やサプリで女性ホルモンを分泌!

子供を産んでも、年を重ねても、いつまでもきれいでありたいですよね。女性の美と健康に欠かせないホルモンに「エストロゲン」という女性ホルモンがあります。妊活をしている女性にとっても、エストロゲンを正常に分泌させることは大切です。エストロゲンを増やすには、食べ物やサプリメント、ツボ押しなどが効果的だということをご存知でしょうか。そこで今回はエストロゲンを増やす方法についてまとめました。

妊娠に必要な女性ホルモン、エストロゲンとは?

本 調査 ハート

「エストロゲン」とは、女性ホルモンのひとつで、女性らしさに大きく関わっています。妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたり、女性らしい体を作ったりする、女性にとって大切なホルモンです。加齢とともにエストロゲンの分泌は減っていきますが、このエストロゲンは努力次第で分泌を促すことができ、女性ホルモンを整えることができるようです。

例えば、食べ物やサプリメント、ツボ押し、漢方などで老化を遅らせ、美しい体を保つことができるといわれています。

エストロゲンを増やす食べ物なんてあるの?

豆腐

女性ホルモン「エストロゲン」を分泌させるには、健康な体が基本。毎日の食事をバランスよく食べ、健康な体を作りましょう。特に、大豆イソフラボン、ビタミンE、ビタミンB6、コレステロールを含む食材は、エストロゲンの分泌を促すといわれています。

大豆イソフラボン

女性ホルモンに似た働きをする栄養素といえば、「大豆イソフラボン」。植物性エストロゲンの一種である「イソフラボン」は、エストロゲンが不足しがちな現代女性にとって嬉しい栄養素です。納豆・豆腐・おから・味噌・厚揚げなど大豆由来の食材に含まれています。他にも、ザクロや山芋にも植物性エストロゲンが含まれています。

ビタミンE

エストロゲンは卵巣で作り出されますが、この卵巣の老化を防ぎ健康に保っている栄養素は「ビタミンE」です。ビタミンEは、モロヘイヤ・大根の葉・かぼちゃ・アボカド・アーモンドなどに多く含まれています。

ビタミンB6

卵巣で作られたエストロゲンの代謝には、魚(特にマグロの赤身)・バナナ・にんにくなどに多く含まれている「ビタミンB6」が必要です。日頃から「ビタミンB6」をしっかり摂ることで、PMS(月経前症候群)やつわりの軽減にも役立つといわれています。

コレステロール

1日1個たまごを食べることも効果的です。たまごには良質なたんぱく質やコレステロールがたくさん含まれており、特に痩せ型の女性におすすめです。コレステロールというと悪いイメージを持つ人もいますが、「コレステロール」は女性ホルモンの大切な材料なのですよ。

エストロゲンを増やすサプリメントとは?

サプリメント

サプリメントを服用することで、エストロゲンの分泌を促し、女性ホルモンを整えることもできるといわれています。上記で紹介した栄養素を含むサプリメントを補助的に摂ることも良いですね。

女性ホルモンのサプリメントとしては、上記で紹介したイソフラボンのほかに、「プエラリア」が有名です。特にプエラリアにはミロエステロールという成分が含まれ、女性ホルモンの活性化をする働きは、イソフラボンの約1000倍だといわれています。

また、最近では「マカ」にも注目が集まっています。マカに含まれるアルギニンというアミノ酸の一種が、エストロゲンに似た動きをすることから、女性ホルモンを整えるサプリメントとして支持されています。

エストロゲンを増やす漢方があるの?

妊婦 漢方 葛根湯

漢方薬には直接的にエストロゲンを増やすといわれるものはないですが、体の不調を改善することで、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待できると考えられています。

漢方薬はドラッグストアなどでも比較的手に入りやすいものですが、婦人科でも、ホルモンバランスを整えるために漢方薬が処方されることもあります。代表的なものに、月経不順を整えてくれる「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」や「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、「加味逍遙散(かみしょうようさん)」などがあります。

ただし東洋医学では、その人の体質や環境によって漢方薬を処方するもので、間違ったものを飲んでしまうと、効果がないばかりか悪影響が出ることもあるといわれています。漢方薬の服用を考えている場合は、一度漢方薬を処方してくれる婦人科や漢方薬局で相談することをおすすめします。

エストロゲンを増やすツボって?

女性 悩み 胸 苦しい

ツボ押しでも、エストロゲンの分泌を促すことができるといわれています。ホルモンの分泌が活発になるのは夜なので、就寝前のリラックスした状態で行うのがもっとも効果的ですよ。手が冷たい場合は、あらかじめ少し温めておくのがおすすめです。ここでは、効果的なツボを2つご紹介します。

壇中(だんちゅう)

両方の乳首を結んだ線のちょうど中心から指1本分ほど下に、押すと少しだけくぼむところが壇中というツボです。両方の人差し指~薬指を上下に重ね、少しずつ息を吐き出しながら3~5秒ほど軽く押します。これを4~5回ほど繰り返しましょう。デリケートな部位なのでワンセットあたり1分以内にとどめるよう気をつけてくださいね。

渕腋(えんえき)

両方の乳首を結んだ線を体の外側に伸ばし、わきの下と交差する点が渕腋というツボです。両方の親指で、左右同時にやや強めに押しましょう。1回の刺激は3秒ほど、これを4~5回繰り返します。押しているときは少し痛いかもしれませんが、離したときに心地よさを感じます。

睡眠不足と冷えはエストロゲンの大敵!

女性 睡眠 

睡眠不足になるとエストロゲンを分泌する卵巣の機能が低下します。また睡眠時に出る成長ホルモンは女性ホルモンの分泌も促します。質の良い睡眠をとれるように、寝室環境を整えたり、寝つきが良くなるようにストレッチなどで体を温めてから布団に入るなど工夫しましょう。

また体の冷えも卵巣の機能を低下させます。体の冷えを感じたら、腹巻や靴下を着用する、温かい飲み物を飲む、湯船に浸かるなどの冷え対策をしてくださいね。

恋愛もエストロゲンを増やすってホント?

ハート 助け 救助 支援

よく「女性は恋をするとキレイになる」といわれますよね。発情期とそうでない時期の差がはっきりしている動物の場合、オス・メスとも発情期になると性ホルモンの分泌が活発になります。この作用によって、ある動物は体の色がキレイになったり、美しい声が出るようになったりして異性を惹きつけるのです。

人間は恋をしたときが発情期にあたります。恋愛することによってエストロゲンの分泌が増えると、女性らしい体つき・きめ細やかな肌・男性に対する積極性など、男性から見て魅力的な特徴がより強調されます。

エストロゲンを増やして、女性ホルモンのバランスを整えよう

女性 リラックス

エストロゲンを増やすには、様々な方法がありましたね。上記を参考に、自分に合った方法を取り入れてみてください。複数を組み合わせて試すのもおすすめです。

ただし、エストロゲンだけを増やせばいいというわけではなく、肝心なのはエストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンをバランス良く分泌させることです。月経不順や不妊に悩んでいたり、調子がおかしいと感じるときは婦人科に相談しましょう。診断の結果、エストロゲンを増やすのか、プロゲステロンを増やすのか、またその両方を増やしバランスを整えるのかなどの指導があるはずです。ピルを処方されることもあるでしょう。

女性ホルモンを整えるには、何よりも日頃から規則正しい生活習慣に心がけるのも大切です。いつまでも美容と健康を保つために、また妊娠しやすい体を作るために、女性ホルモンの分泌やバランスに日頃から気をつけていきたいですね。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい