hCG注射とは?どんな効果と副作用がある?排卵しない可能性は?

望んでもなかなか妊娠できないという方が増えていますが、不妊に悩む方の助けになるのが不妊治療です。不妊治療の方法は多様ですが、そのなかでもよく使われる薬に「hCG注射」があります。不妊治療を始めるとhCG注射という言葉を目にする機会も増えますが、実際にどんな役割があるのでしょうか。今回はhCG注射について、その効果や副作用、注射後の排卵との関係性などをご説明します。

妊娠をサポートするためのホルモンが「hCG」

女性 お腹 子宮 

hCGとは「human chorionic gonadotropin」の略で、日本語では「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンの1種です。受精卵が子宮内膜に着床して妊娠が成立した際に、受精卵の表面にある絨毛と呼ばれる組織から分泌されます。そのhCGが卵巣に働きかけ、妊娠を維持するのに不可欠な「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の分泌を促すという連鎖が起こります。hCGが正常に機能することで女性の体は妊娠という複雑なしくみを担うことができているのですね。

hCG注射の役割は?黄体ホルモンの分泌促進?

医療 注射 予防接種

hCG注射は、その名の通り、hCGを注射で体内に注入することでプロゲステロンの分泌を促進します。黄体機能不全など、プロゲステロンの分泌に異常があって妊娠できない方でも、人工的にプロゲステロンの分泌を促すことで妊娠しやすくできるのです。せっかく受精がうまくいって着床まで進んだとしても、黄体ホルモンの分泌量が少ないと子宮内膜が剥がれやすくなるため、hCG注射が必要とされます。

hCG注射は排卵誘発剤の効果もあるの?

イメージ 回答 疑問 クエスチョン 答え

hCG注射はプロゲステロンの分泌をサポートするだけでなく、排卵を促進する効果もあります。hCGは卵巣を刺激するので、注射すると約36時間以内に成熟した卵胞から卵子が排出されます。そのため、排卵障害がある場合にhCG注射を使うと、適切なタイミングで排卵を促すことができるようになるのです。注射後36時間以内に排卵をさせ、タイミング法による妊娠を目指します。

hCG注射を打っても排卵しないことはある?

hCG注射で排卵が期待できるといっても、投与したら必ず排卵が起こるというわけではありません。なかには高プロラクチン血症や多嚢胞性卵巣症候群が原因で、hCG注射を打っても成熟した卵胞が破裂せず、排卵が起こらない場合もあります。全く排卵しなくなるわけではなく、数回に1回は排卵が起こるとされているので卵胞の状態を見ながら根気強く治療を続ける必要があります。

hCG注射の副作用は?

記号 注意点 電球

hCG注射は不妊治療の中でも比較的手軽に行える治療方法の1つですが、副作用に注意する必要があります。特に副作用の1つである「OHSS(卵巣過剰刺激症候群)」は要注意。これはhCGで過剰に卵胞が刺激されて卵巣が肥大化してしまうものです。腹痛や腰痛、吐き気、尿量の減少のほか、腹水や胸水といった重い症状が現れるケースもあります。投与による副作用が現れた場合には、一時的に薬の投与を中止して経過を見ながら安静を心がける必要があります。

hCG注射で妊娠検査薬の陽性反応が出ることもある?

女性 妊娠検査薬 驚き

不妊治療で利用されるhCG注射ですが、利用中は妊娠検査薬の反応にも気をつけてください。というのも、妊娠検査薬は着床後にhCGの分泌量が増えることに反応して陽性か陰性かを診断しますが、注射中は体内のhCGが増加するので妊娠していなくても陽性反応が出る場合があるからです。hCG注射を使っているときに正確に妊娠の有無を確認するために、注射を受けてから1~2週間後に妊娠検査薬を使用することをおすすめします。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう