タイミング法で不妊治療!妊娠が成功する確率、期間や回数は?

世界中のカップルの約10%が悩んでいるといわれる不妊症。待っていても自然妊娠をするのが難しいため、不妊治療が必要になります。不妊治療にはいくつか段階があり、まず軽い治療からスタートして、妊娠できない場合に段階を進めていきます。その最初に行われる不妊治療が「タイミング法」。今回は、不妊治療のタイミング法とはどういうものか、妊娠が成功する確率、治療の期間や取り組み回数はどれくらいかなどをご説明します。

不妊治療でタイミング法を始める流れは?

ステップ 流れ

不妊治療と聞くと、人工授精や体外受精をすると考えがちですが、最初から行うわけではありません。まず不妊検査で不妊症の原因を調べ、女性の年齢を考えながら治療法が選択されます。女性の年齢が35歳未満の場合、不妊の原因治療と一緒に、タイミング法が選ばれます。

ちなみに、年齢が35歳を超えていてタイミング法に時間をかけている余裕がない場合や明らかにタイミング法では妊娠ができない原因をもっている場合は、最初から人工授精や体外受精が検討されることもあります。

不妊治療のタイミング法とは?

カップル 夫婦 ジャンプ タイミング

タイミング法は、簡単に言えば、「最も妊娠しやすいタイミングにあわせて性交を行う」方法です。卵子は排卵後24時間しか受精できません。そのため、排卵日を予測してその24時間以内に精子と出会えるようにするのがタイミング法の目的です。基礎体温や超音波検査、ホルモン検査などを参考にしながら排卵日を予測し、指定された日に性交渉を行います。

自分でも基礎体温をつけることである程度排卵日を予測することはできますが、不妊症の方は生理不順の場合も多く、正確に予測するのが難しいという問題があります。また、自然周期によるタイミング法でも上手くいかないときは、排卵誘発剤を使って妊娠率を高めることもあります。

タイミング法を続ける期間と回数は?

カレンダー

タイミング法は、毎月の生理周期の排卵日にあわせて取り組むしかありません。毎月1回、排卵日を予測しながら性交渉を行い、その後に妊娠しているかどうかを確認するという作業を繰り返します。一般的に、タイミング法の効果が期待できるのは半年~1年で、それ以上続けても妊娠できる可能性は低いといわれます。そのため、タイミング法を始めたら半年~1年程度、回数にして約6~12回続けます。

タイミング法で妊娠が成功する確率は?

カップル 妊娠 検査薬 妊娠検査薬 ベッド 驚き

タイミング法で妊娠できるかどうかは個人差が大きく、始めてすぐに妊娠する方もいれば、1年続けても効果が得られない方も珍しくありません。男女で協力し合って行う必要があるので、長期に渡ると男性側のモチベーションが下がってしまうということもあります。

タイミング法で妊娠できる確率は、平均すると1回目で30%台、2~3回目で20%台、4回目以降で10%前後ですが、精子や卵子の質や年齢などによっても成功する確率は異なるので注意が必要です。

タイミング法で妊娠できなくても心配しないで

不妊治療といっても、タイミング法は自然妊娠と同じです。タイミング法での妊娠率を高めるためにも、日頃から生活習慣を見直して妊娠しやすい体作りをしておきましょう。タイミング法を続けても妊娠できなくても悲観しないでください。その場合は、人工授精や体外受精など、次の治療法に移ります。不妊の原因によってはタイミング法と相性が悪いものもあり、人工授精や体外受精に切り替えたらすぐに妊娠できたという方もたくさんいます。

最新情報をお届けします

あわせて読みたい