タイミング法で不妊治療!妊娠が成功する確率、費用や回数は?

不妊治療にはいくつか段階があり、まず経済的・身体的に負担の軽い治療からスタートして、なかなか妊娠できない場合に段階を進めていきます。その最初のステップが「タイミング法」です。今回は、不妊治療のタイミング法について、妊娠が成功する確率、治療の期間やかかる費用などをご説明します。

タイミング法とは?

カップル 夫婦 ジャンプ タイミング

タイミング法は、簡単に言えば、「最も妊娠しやすいタイミングにあわせて性交を行う」方法です。基礎体温や超音波検査、ホルモン検査などを参考にしながら排卵日を予測し、効果的な性交渉のタイミングが医師からアドバイスされます。

卵子の寿命は排卵から24時間程度で、そのうち精子と受精できるのは約6~8時間です。そのため、タイミング法によって「排卵日の2日前ごろに性交を行い、精子が卵管膨大部で排卵を待ち受けている」という、受精しやすい状態を作ります。

自然周期によるタイミング法で上手くいかないときは、排卵誘発剤を併用して複数の卵子を排卵させ、受精の確率を高めることもあります。

タイミング法で排卵日を予測する方法は?

女性 時間 期間 時計 いつから いつまで 疑問 クエスチョン

自分で基礎体温をつけることで、ある程度排卵日を予測することはできますが、生理不順が見られる場合、正確に予測するのが難しいかもしれません。自分たちなりのタイミングによる性交渉でなかなか妊娠できないときは、産婦人科で検査を受けるとより確実です。

経膣超音波検査によって、卵胞の大きさを測ってもらうことができます。卵胞が直径18~22mm程度になると排卵されるので、排卵日近くに病院で大きさを測り、あと何日で排卵するかを予測します(※1)。

またホルモン検査では、尿中の黄体形成ホルモン(LH)の数値を調べることができます。このホルモンは、排卵の10~12時間前に分泌がピークを迎えるため、LHの数値も排卵予測の目安となります(※2)。

そのほか、子宮内膜の厚さを測ったり、子宮頸管粘液検査を行ったりすることで、総合的に排卵日を予測することがあります(※1)。

不妊治療でタイミング法を始める流れは?

ステップ 流れ

不妊治療と聞くと、人工授精や体外受精などを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、最初からそれらの治療を行うとは限りません。まず不妊検査で不妊症の原因を調べ、年齢も考慮に入れながら治療法が選択されます。

女性の年齢が35歳未満の場合、自然妊娠できる確率が比較的高いため、まずはタイミング法による妊娠を目指します。

35歳を超えると、妊娠できる確率は年々低くなっていきます。不妊期間が長く、明らかにタイミング法では妊娠ができない原因をもっている場合は、最初から人工授精や体外受精が検討されることもあります。

ただし、不妊の原因が男性側にある場合もあるため、パートナーの状態や年齢なども含めて治療法が検討されます。

タイミング法を続ける期間と回数は?

カレンダー

タイミング法は、毎月の生理周期の排卵日にあわせて取り組むしかありません。毎月1回、排卵日を予測しながら性交渉を行い、その後に妊娠しているかどうかを確認するという作業を繰り返します。

一般的に、女性が35歳未満であれば、タイミング法を6~8ヶ月ほど続け、それでも妊娠しなければ人工授精や体外受精の実施を検討します。

女性の年齢が35歳以上の場合、不妊検査で男女ともに特に問題がなければタイミング法を6ヶ月ほど続けることもあります。

ただし、年齢が上がるごとに妊娠できる確率は下がっていくため、早期に人工授精、体外受精への切り替えを検討することが必要になります。

タイミング法にかかる費用は?

家計 電卓 お金 計算 夫婦

タイミング法にかかる費用は、通院や検査の回数、薬の処方の有無などによって異なります。

病院を受診し、医師によるタイミング法の指導を受けるだけであれば、保険適用で、1回2,000~3,000円程度で済むこともあります。

しかし、排卵日を予測するための超音波検査やホルモン検査を月に複数回受けたり、排卵を促すための排卵誘発剤を処方してもらったりすると、保険適用外となる場合も多く、1~2万円かかるケースもあります。

また、タイミング法を何周期か繰り返す場合、回数の分だけ受診料や検査費用はかかります。

タイミング法で妊娠が成功する確率は?

カップル 妊娠 検査薬 妊娠検査薬 ベッド 驚き

タイミング法で妊娠できる確率は、女性の子宮環境や精子・卵子の質などによっても異なるので一概には言えません。各病院が出しているデータを平均すると、タイミング法によって妊娠する人の割合は30~40%程度です。

タイミング法で妊娠できるかどうかは個人差が大きく、始めてすぐに妊娠する方もいれば、1年続けても効果が得られない方も珍しくありません。女性の年齢にもよりますが、6~8ヶ月タイミング法を続けても妊娠しない場合は、別の不妊治療方法を検討してみましょう。

タイミング法で妊娠できなくても心配しないで

カップル 夫婦 妊活 家族

タイミング法は、不妊治療のファーストステップで、排卵日をより正確に予測することで自然妊娠を目指す方法です。タイミング法での妊娠率を高めるためにも、十分な睡眠、栄養のある食事、適度な運動といった規則正しい生活習慣を心がけ、妊娠しやすい体作りをしておきましょう。

タイミング法をしばらく続けても、うまくいかないことはあります。医師やパートナーと相談のうえ、人工授精や体外受精など、他の不妊治療法への切り替えを検討してみてください。

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい