妊婦の便秘解消法!妊娠初期はなりやすい?妊娠中に効果的な対策は?

妊娠すると体に様々な変化が現れます。便秘や下痢など胃腸のトラブルもそのひとつ。妊娠中は便秘になりやすく、特に妊娠初期はつわりの症状とあわさって毎日悩まされている人も多いと思います。今回は便秘でお悩みの方のために、妊娠中に便秘になりやすい原因と妊娠中の便秘解消法をご紹介します。

妊婦が便秘になりやすい原因は?

女性 混乱 謎 疑問 矢印 クエスチョン

女性は男性に比べて便秘になりやすいといわれますが、妊娠すると今までは悩まされたことのなかった人でも便秘になることがあります。妊娠によって体内で様々な変化が起こるのが原因で、主に以下の5つが挙げられます。

1. ホルモンバランスの変化

妊娠すると体内のホルモンバランスが変化します。その1つが女性ホルモンの「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の増加です。

プロゲステロンは妊娠状態を維持する作用があるのですが、体が栄養を蓄えようとするために体全体の代謝が低くなります。摂取した栄養を逃がさないようにするために、胃や腸などの筋肉を緩めて腸のぜん動運動を鈍くさせ、便秘を引き起こすのです。

また、体内に水分も蓄えようとするので、便に水分が行き渡らなくなって硬くなり、排便しづらくなるのも影響しています。

2. つわりによる食生活の変化

排便には食べたものが大きく影響します。妊娠初期はつわりが苦しいために食欲がわかなくなり、食べられるものだけ食べるという偏りが生まれます。その結果、排便をスムーズにしてくれる食物繊維や水分が不足して便が硬くなり、便秘になります。

3. 疲労やストレス

妊娠初期は、体調や生活の変化で疲れやすく、ストレスも感じています。身体的・精神的に過度なストレスがかかると体の各機能を調整している自律神経が乱れ、腸の動きにも悪影響を与え、便秘になりやすくなるのです。

4. 運動不足

適度な運動には腸の活発な動きを促す働きがあるため、運動量が減ると便秘になることも。妊娠中は体を動かすのがおっくうになり、妊娠初期はあまり運動もできないため、日常的に運動不足になってしまいます。妊娠後期になってお腹が大きくなるとさらに運動量が減るので注意しましょう。

5. 子宮の大きさ

子宮が大きくなると胃や腸などの消化器官を圧迫します。腸が圧迫されると便がスムーズに進まなくなって便秘になります。大きくなればなるほど圧迫が強くなるので、妊娠週数が進むに連れてひどくなるケースが多いようです。

妊婦におすすめの便秘解消法は?妊娠初期の注意点は?

女性 運動 ストレッチ

具体的に妊娠中の便秘を解消するために、8つの対策をご紹介します。ぜひ日頃の生活に取り入れてみてくださいね。

1. 水分補給をする

スムーズな排便には十分な水分が欠かせません。妊娠中は水分の排出が鈍くなるので、積極的に摂取することが大切です。朝起きたらまず、コップ一杯の水を飲むようにましょう。起きてすぐに水を飲むと、睡眠中に消費した水分不足が解消できるだけでなく、胃腸が刺激されて動きが活発になり、排便が促される作用もあるからです。

つわり中は食事を満足に食べられないかもしれませんが、水を飲むのが難しければ、お茶やスポーツ飲料など、飲みやすいものを試してみましょう。便秘に効果を発揮するお茶もおすすめです。

2. 食物繊維を摂取する

食物繊維は排便を促す作用があるので、積極的に食物繊維を摂取しましょう。ただ、食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類あり、それぞれ役割が異なるので、できるだけバランスよく摂取してくださいね。

● 不溶性食物繊維

腸内で水分を取り込んで数十倍に膨らみ、腸壁を刺激して腸の動きを活発にしてくれる食物繊維です。いんげん豆、あずき、えんどう豆、おからなどの豆類、とうもろこしや大麦、ライ麦などの穀類に多く含まれています。

● 水溶性食物繊維

胃や腸で吸収されずに、硬くなった便をやわらかくしてくれる役割のある食物繊維です。腸内環境を整えてくれる作用もあります。

主に昆布などの海藻類、納豆や大豆などの豆類のほか、こんにゃく、ごぼう、にんじん、おくら、エシャロット、切干大根、アボカド、いちじく、洋ナシ、キウイ、パパイヤ、プルーンなどに多く含まれています。

3. 乳酸菌を摂取する

乳酸菌は腸の働きを整えてくれる作用があります。乳酸菌を摂取するには、ヨーグルトが食べやすくておすすめです。

その他、チーズなどの乳製品、納豆、味噌、漬物、キムチなどの発酵食品にも多く含まれているので、食べやすいものを選ぶようにしましょう。

4. 適度に運動する

便秘の解消には適度な運動が欠かせません。ただ、妊娠初期に体を動かすのに不安を感じる人もいると思います。激しい運動をする必要はありませんので、まずは軽いウォーキングを始めてみましょう。

ウォーキングで軽く汗をかくくらいで大丈夫です。運動は継続することが大切ですから、週1~2回ほど体を動かす習慣をつけましょう。

5. 便秘に効くツボを押す

妊娠中の便秘解消には、ツボ押しもおすすめです。便秘に効くツボは様々あるので、ぜひ取り入れてみてください。手や足、背中、お腹などいたるところにツボがあります。ただし、間違ったツボを押してしまうと悪影響を与えることもあるので、最初は妊婦さんへの施術になれている専門家に相談するのがおすすめです。具体的なツボの場所は関連記事にまとめてありますので、参考にしてくださいね。

6. 生活リズムを整える

ホルモンバランスが安定するとストレスが減り、便秘解消にも効果があります。十分な睡眠をとり、早寝早起きをして、栄養バランスの良い食事を決まった時間に3回食べましょう。

ただし、妊娠初期でつわりがひどいときに、栄養バランスも、食べられる時間も考えることはできません。この時期だけはつわりを乗り越えることを優先して「食べられるものを、食べられるときに、食べられるだけ」を心がけましょう。

7. トイレに行く習慣をつける

排便がなくてもトイレに行く習慣もつけてください。生活習慣を見直していけば、トイレに行くタイミングで便意をもよおすようになってきますよ。

毎日決まった時間にトイレに座る習慣を始めてみましょう。トイレに行くと自然と体が反応して便意が促されるようになることも。トイレに行く時間は便意を催しやすい朝食のあとがおすすめですよ。

8. 普段の姿勢に気をつける

お腹が大きくなってくると姿勢が悪くなり、骨盤が歪んできます。骨盤の歪みは内臓の位置もずらすので、消化器官の働きを悪くさせることがあります。立つときや座るとき、歩くときなど体が正しい姿勢になるように注意しましょう。

妊婦の便秘がつらいときは便秘薬を飲んでもいいの?

女性 薬 錠剤 服用 医薬品 コップ 水

食事内容や生活習慣に気をつけると便秘が解消される人もいますが、まったく改善されない人もいます。改善が見られない場合には便秘に悩まされ続けるのはつらいので、我慢せずに産婦人科の担当医に相談しましょう。

妊娠中でも使える便秘薬や漢方などを処方してもらえますよ。便秘薬を使いながら生活改善を続けていれば、いずれ薬に頼らなくてもすむようになることもあるので根気強く解消法に取り組んでくださいね。

様々な便秘薬が市販されていますが、自己判断で飲むのは止めましょう。なかには妊娠に悪影響を与えることもあります。まずは医師に相談して便秘薬を処方してもらい、市販薬を飲む際には事前に確認を取っておくと安心ですよ。

妊娠中の便秘には日々のリラックスも大切

風景 太陽 自然

妊娠初期はホルモンバランスが変化し、体調不良になりやすいものです。最初のうちはその変化に戸惑ってしまうかもしれませんが、それによるストレスを抱えすぎると体によくありません。

「妊娠中の体の変化は仕方ない」と考え、できることから改善していきましょう。日頃からリラックスをして、少しずつ食事や運動などの解消法を始めていけば少しずつよくなっていきますよ。安定期に入ると体調も落ち着き、自然と便秘が解消されることもあるので根気強く続けましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう