赤ちゃんの乾燥肌対策!カサカサ肌予防のイロハ教えます

監修医師 小児科 武井 智昭
武井 智昭 日本小児科学会専門医。2002年、慶応義塾大学医学部卒。神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県大和市の高座渋谷つばさクリニックに院長として勤務。内科・小児科・アレルギ... 監修記事一覧へ

赤ちゃんの肌はすべすべで、弾力があって、ぷにぷにとしていて、いつまでも触っていたくなりますよね。しかし、そんな赤ちゃんの肌が乾燥してカサカサになってしまったと、お悩みのママ・パパも多いようです。赤ちゃんは肌がデリケートな分、乾燥して荒れやすいもの。そこで今回は、赤ちゃんの乾燥肌を防ぐ対策をご紹介します。

赤ちゃんが乾燥肌になる原因は?

赤ちゃんお腹背中

生まれたての赤ちゃんは、皮脂が過剰分泌されているため、カサカサ肌には縁遠いのですが、生後2~3ヶ月頃になると、皮脂分泌がおさまり、肌の水分量も減少してきます。そのため季節関係なく、この頃以降の赤ちゃんの肌は、乾燥しやすくなっている状態です。

また、人間には肌の表面にバリアの役割を果たす表皮があります。大人の表皮はラップの厚さ1枚分といわれていますが、赤ちゃんはその半分程度しかありません。そのため、ちょっとした刺激や気温・湿度の変化に影響を受けやすく、乾燥肌になりやすいのです。

乾燥肌対策は、まず赤ちゃんの肌を清潔に

石鹸

ほこり、ダニ、紫外線、乾燥、といった大人にとっては大したことがないものでも、赤ちゃんにとっては、強い刺激になります。普通に過ごしているだけで、いつ肌トラブルが起きてもおかしくない状況です。

放っておくと、温度・湿度によってはカサカサ肌になってしまう赤ちゃんのお肌。大切なのは日々のスキンケアです。何よりも清潔に保って、たっぷりと保湿することが大事ですよ。

赤ちゃんの肌を清潔に保つには、毎日のお風呂の入れ方が重要です。赤ちゃんの肌は大人の肌よりも敏感で繊細。目の粗いナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと、肌に刺激が加わってしまい、荒れてしまうおそれがあります。

赤ちゃんの肌を洗うときは、たっぷりの泡を手にとり、優しく包み込むように手洗いしてあげましょう。肌を優しく揉むように洗うのも良いでしょう。

大人用のボディーソープは赤ちゃんの肌には刺激が強いので、無添加石鹸やベビー石鹸を使用してください。石鹸が残っていても刺激になってしまうので、洗った後はシャワーでしっかりと流してあげましょう。

赤ちゃんの肌を保湿して乾燥肌を予防

保湿ローション

赤ちゃんの肌を清潔にしてあげたら、次にすべきことは、保湿です。赤ちゃん用の保湿剤をお風呂上がりにサッと赤ちゃんの体全体に塗ってあげるだけで、肌の水分と油分のバランスを整え、乾燥肌を防いでくれますよ。

赤ちゃんの保湿剤には、ローションやオイル、乳液などたくさんの種類があります。使いやすいものを選んでくださいね。

オイル、馬油

保湿効果の他に、肌を摩擦から守ってくれる効果があります。衣服のこすれでお肌が荒れてしまう赤ちゃんにおすすめです。また、油分なので水分をはじく効果があります。うんちでおしりがかぶれてしまったら、荒れた箇所に塗ってあげましょう。

ワセリン

ワセリンはどこにでも塗ることができる万能品です。保湿力が高く、肌荒れをおさめたいときにも効果的です。ワセリンを選ぶときは無香料・無着色のものを選びましょう。赤ちゃん用の「ベビーワセリン」という商品もありますよ。

ローション

水分を肌に送り込む効果が高い液体やジェルのタイプです。さらっとしたつけ心地が特徴で、汗になじむので夏場の使用にもおすすめです。肌に水分を与えるのが主な目的なので、ローションの上からオイルなどでフタをしてあげるとより効果的ですよ。

乳液

肌に水分を閉じ込める効果が高いのが乳液です。肌の上でしっかりと伸びるので、全身のケアに最適ですよ。

ベビーパウダー

ベビーパウダーは赤ちゃんのお肌をサラサラに保つ効果があります。おむつで蒸れやすいおしりに塗ると、あせもを予防することができますよ。ローションやオイルで保湿した上につけてあげると効果的です。

赤ちゃんのカサカサ肌には加湿がおすすめ

雨 しずく おりもの

赤ちゃんの肌は潤っているように見えても、実は大人の半分以下しか水分量がなく、1年中乾燥肌に近い状態ともいえます。そこで、肌のケアだけでなく、部屋の湿度にも気を配ってあげましょう。部屋の湿度を40~60%に保つと、暑くなりすぎず過ごしやすいですよ。

加湿器を使うと、湿度の調整がしやすいですが、洗濯ものを部屋干しするだけでもだいぶ変わります。湿度計などを使って、特に乾燥しやすい冬場は気をつけてあげてくださいね。

毎日のケアで赤ちゃんの肌を守りましょう

ママ 赤ちゃん 夜泣き

赤ちゃんを乾燥肌から守るには、毎日のケアや心がけが何より大切です。 最近では、赤ちゃんが肌荒れを起こすと、アレルギーの原因となるアレルゲンが侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎の発症や食物アレルギーを引き起こす恐れがあるともいわれています。

見た目の問題だけでなく、今後のことを考えて、スキンケアをしておくに越したことはありません。

赤ちゃんの肌をぷるぷるに保つために、今日から試してみてくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう