ベビーオイルのおすすめ10選!赤ちゃんにも使える優しい成分が人気

生まれた直後は胎脂に保護されてしっとりしている赤ちゃんの肌ですが、実はすぐに乾燥肌に傾いていきます。肌が乾燥するとトラブルの原因にもなるので、肌に馴染みやすいベビーオイルを使って、しっかり保湿しましょう。

今回は、赤ちゃんの耳や鼻のお掃除にも使える、人気のベビーオイルを10点ご紹介します。

ベビーオイルの種類は?

グッズ アロマ オイル マッサージ

植物油のベビーオイル

植物油は、木の実や種をしぼって生成されるオイル。成分表では「ホホバオイル」「シア脂」「オリーブ油」「アーモンド油」など植物の名前が入っています。保湿効果が高く、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいるのが特徴です。

天然成分である植物油は、自然な形で無理なく肌に行き渡り、適度に肌を守るので、デリケートな赤ちゃんの肌におすすめですよ。一方で酸化しやすいという特徴もあるので、「冷蔵庫で保存する」「1~2ヶ月以内に使いきる」など、酸化防止の管理もしっかり行いましょう。

鉱物油のベビーオイル

鉱物油は、一般化粧品などにも幅ひろく使われている、石油を精製したオイル。成分表では「パラフィン」「ワセリン」「ミネラルオイル」などと記載されています。

石油というと肌によくないイメージがありますが、分留・精製し、不純物を取り除いた純度の高い油を使用しているので、安心して使用できますよ。皮脂とは全く異なる化学構成で、皮脂を作りやすいのが特徴。皮膚の保護に適しています。

ベビーオイルの使い方は?

赤ちゃん 背中 ママ ベッド 笑顔

量が少ないもので試す

赤ちゃんの肌質は個人差があり、季節や月齢によっても肌の調子が変わります。「肌に優しい」とされるベビーオイルでも合わない場合があるので、まずは容量が少ないものから試しましょう。

初めてで使うのが不安という場合は、パッチテストをしてから使うと良いですね。

ママの手のひらで馴染ませてからマッサージ

ベビーオイルを使うときは、まずママの手のひらに適量とり、オイルをあたためるように軽くなじませてから赤ちゃんの肌に塗布しましょう。体温とオイルの温度を近づけることで、赤ちゃんの肌に馴染みやすくなりますよ。

主にお風呂後につけるのが良いですが、日中にスキンシップを兼ねて、赤ちゃんをマッサージしてあげると良いですね。ただし、日中にオイルを塗るときは、日差しによってオイル焼けをすることもあります。外出前に塗ったときは、直接日差しを浴びないように注意しましょう。

ベビーオイルとベビーローションはどう使い分けるといい?

女性 天秤 疑問 クエスチョン 比較 検討 謎 悩み

ベビーローションは肌に水分を補給し、ベビーオイルは、補給した水分の蒸発を防ぎ保持する役割があります。

生後1〜2ヶ月頃の赤ちゃんの場合、皮脂が過剰に分泌しているため、ローションだけでも十分です。しかし、生後2~3ヶ月頃を過ぎると、皮脂の過剰分泌がおさまりはじめ、乾燥しやすくなります。そのため、ベビーオイルとベビーローションを一緒に使うのがおすすめですよ。

両方使うときは、お風呂上りのタイミングに、ローションを塗ってからオイルでフタをしましょう。

ベビーオイル!保湿力の高い植物油

1. アロベビー アンジュ マッサージオイル

要出典 ベビーオイル アロベビー アンジュ マッサージオイル 出典: www.alo-organic.com

アロベビーのベビーオイルは、天然由来成分100%の純国産。なかでもこちらの「アンジュ」は、チャイルドボディセラピスト蛯原英里さん監修のもと、赤ちゃんへの優しさにこだわって作っています。

神の木と呼ばれるマルーラの木から抽出した、貴重な「スクロレアカリアビレア種子油」や、ビタミンが多く含まれる「ホホバ種子油」などをブレンドしていて、肌への潤い力は◎。肌なじみがよく、ベビーマッサージにもおすすめですよ。

税込価格
2,970円
成分
ヒマワリ種子油*、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、スクレロカリアビレア種子油、ホホバ種子油*、トコフェロール、ダイズ油(*印はオーガニック栽培原料)
容量
80ml

2. パックスベビー ベビーオイル

要出典 ベビーオイル パックスベビー オイル

パックスベビーのベビーオイルは、植物性でサラサラとした使い心地が特徴です。赤ちゃんの皮脂に含まれる「パルミトイルオレイン酸」が多く入ったマカデミアナッツ油に天然のビタミンEを配合し、皮膚に近い成分構成を実現しています。

肌の組成に近い分、皮膚の水分を補いやすく、肌なじみが良いのが特徴。無香料、無着色で、合成界面活性剤や合成酸化防止剤もゼロ。肌の弱いママにも安心ですね。

税込価格
1,350円
成分
マカデミアナッツ油、トコフェロール
容量
40ml

3. カレンデュラオイル

要出典 ベビーオイル AMOMA べビーオイル 出典: www.amoma.jp

カレンデュラの花びらから成分を抽出したこちらの「カレンデュラオイル」は、低刺激で保湿力の高いライスオイルと、肌のバリア機能をサポートするオリーブオイルを独自配合しているのが特徴です。

カレンデュラオイルは、肌が敏感な赤ちゃんのスキンケアとして、主にヨーロッパで使われているもの。日本でも注目され始め、赤ちゃんのスキンケアはもちろん、妊婦さんの会陰マッサージや妊娠線予防としても広く使われています。

税込価格
2,599円
成分
コメヌカ油、オリーブ油、トウキンセンカ花エキス、トコフェロール
容量
160ml

4. ヴェレダ カレンドラベビーオイル

要出典 ベビーオイル ヴェレダ カレンドラベビーオイル

自然派志向のママに人気のブランド「ヴェレダ」のベビーオイルは、合成保存料、着色料、合成香料、鉱物油などが一切使用していない、オーガニック配合率95%以上というこだわりの商品。

デリケートな赤ちゃんの肌に適度な潤いをチャージするほか、妊婦さんやママのスキンケア用としても効果的。使い回しが効き、家族みんなで使えるのも嬉しいですね。

税込価格
2,700円
成分
ゴマ油、アーモンド油、トウキンセンカ花エキス、カミツレ花エキス、香料
容量
200ml

5. エルバビーバ ベビーオイル

要出典 ベビーオイル エルバビーバ ベビーオイル

エルバビーバのオーガニックベビーオイルは、なめらかなテクスチャーでベタつき感が少なく、ローションのようにさらさら。マンダリンがほのかに香り、赤ちゃんはもちろん、ママの育児疲れもリフレッシュできそうです。

オーガニックの植物由来成分がほとんどなので、赤ちゃんの肌に余計なものを入れたくないと思うママにおすすめです。「ベビーマッサージのときに親子で一緒に使っている」という口コミも多いですよ。

税込価格
3,240円
成分
ヒマワリ種子油*、アーモンド油*、ホホバ種子油*、マンダリンオレンジ果皮油*、ローズマリー葉エキス*、ローマカミツレ花油*、トコフェロール、リモネン(*オーガニック認証成分)
容量
125ml

6. ベビーブーバ ベビー オーガニック オイル

要出典 ベビーオイル ベビーブーバ ベビー オーガニック オイル 出典: babybuba.jp

フランスのオーガニック認証「エコサート オーガニックコスメティック」を取得している、ベビーブーバのオーガニックオイルです。少量でも伸びが良く、ベビーマッサージにもおすすめです。

なめらかな手触りのヒマワリ油や、肌の柔らかさを保つオリーブ油、栄養満点のマカダミアナッツ油が主成分で、肌をバリアしながら保湿力もしっかりキープ。1回プッシュすると適量が出るボトルで、お風呂後の赤ちゃんにサッと濡れるのが便利ですね。

税込価格
2,916円
成分
ヒマワリ種子油、オリーブ油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、マカデミアナッツ油、トコフェロール、ラベンダー油、ダイズ油、ホホバ種子油
容量
48ml

ベビーオイル!肌にやさしい無添加成分

7. ピジョン ベビークリアオイル

要出典 ベビーオイル ピジョン ベビークリアオイル 出典: products.pigeon.co.jp

お腹の中で、羊水の刺激から赤ちゃんの肌を守る「胎脂」という成分に着目して作ったピジョンのベビーオイル。胎脂に似た「ピジョンベビーリピッド」を配合することで、赤ちゃんの乾燥しがちな肌をつやつやに保ちます。

無着色・無香料・パラベンフリーで「安心して使うことができる」と口コミでの評価も高い、人気商品。少量の使いきりサイズなので、鮮度を保ったまま使えるところもうれしいポイントです。

税込価格
700円~
成分
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、エチルヘキサン酸セチル、イソステアリルアルコール、グリチルレチン酸ステアリル、スクワラン、イソオステアリン酸コレステリル、セラミドNP
容量
80ml/80ml×2個パック(160ml)

8. 熊野油脂 トゥイーティー ベビーオイル

要出典 ベビーオイル 熊野油脂 トゥイーティー ベビーオイル

低刺激のミネラルオイルを使用した、無香料・無着色のベビーオイルです。潤い成分の「ヒアルロン酸」「セラミドAP」配合で、赤ちゃんのデリケートなお肌に潤いを届けますよ。

ベタつかず軽い使い心地で、「水みたいにサラサラしている」と、オイルとは思えない使用感が口コミでも好評です。かわいらしいトゥイーティーのイラストが、毎日のケアを楽しい気分にさせてくれそうですね。

税込価格
646円
成分
ミネラルオイル、スクワラン、ヒアルロン酸Na、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、アルギニン、酢酸トコフェロール
容量
300ml

9. ジョンソンベビー ベビーオイル 無香料

要出典 ベビーオイル ジョンソンベビー ベビーオイル 無香料 出典: www.johnsonsbaby.jp

50年以上新生児の皮膚を研究し続けている「ジョンソン・ベビー」のベビーオイル。低刺激・無着色・無香料をうたっていて、赤ちゃんが生まれたその日から使える安心品質が自慢です。

つけ心地はさっぱりしていてベタつかず、赤ちゃんも快適。それでいて、お肌の潤いはしっかりと残しますよ。無香料なのも口コミで人気のポイント。強い香りが苦手なママにもおすすめです。

税込価格
569円~
成分
ミネラルオイル、酢酸トコフェロール
容量
125ml/300ml

10. 熊野油脂 ディブ ベビーオイル

要出典 ベビーオイル ディブ ベビーオイル

低刺激のミネラルオイルを使用した、無香料、無着色の「ディブ ベビーオイル」です。保湿成分であるヒアルロン酸、EXセラミドを配合し、肌がデリケートな赤ちゃんやママの肌を乾燥からしっかり守りますよ。

「伸びがよくとても使いやすい」「においを感じない」と、使い勝手の良さが口コミでも人気。リーズナブルに購入できるという、使い続けやすさも見逃せないポイントです。

税込価格
538円~
成分
ミネラルオイル、スクワラン、ヒアルロン酸Na、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、アルギニン、酢酸トコフェロール
容量
300ml

楽天市場でベビーオイルを探す

Amazonでベビーオイルを探す

ベビーオイルで赤ちゃんの肌をケアしよう

毎日の保湿やマッサージ、沐浴・入浴後のケアにぴったりなベビーオイル。様々な種類のものが発売されているので、赤ちゃんの肌に合うアイテムを見つけてくださいね。肌に触れることで、ママと赤ちゃんのコミュニケーションにもなりますよ。

下記では、デリケートな赤ちゃんの肌を洗うときにおすすめのベビーソープを紹介しています。あわせてチェックしてみてくださいね。

※表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう