妊娠中に咳が止まらない!妊婦は咳止め薬を飲んでもいいの?

妊娠中に咳が止まらなくなると、困ってしまいますよね。咳が続いているとお腹の赤ちゃんに悪影響があるのではないかと心配になると思います。また、咳を止めたいときに、咳止め薬を使っても良いのでしょうか?そこで今回は妊娠中の咳が止まらないときの体への影響と、咳止め薬を使えるのか、それ以外の対処法はあるのかについてご説明します。

妊娠中に咳が止まらない!原因は?

咳 せき 女性 風邪 かぜ

そもそも咳とは、喉や気管の粘膜が刺激されて、反射的に激しく息を吐き出すことをいいます。呼吸時に入ってきたホコリや細菌、ウイルスなどの異物で粘膜が刺激され、それを排出しようとして咳が起こるのが一般的です。また、外的な要因だけではなく、炎症やアレルギーなどで喉や気管の粘膜が弱っているとちょっとした刺激でも咳が出るように。

妊娠中は免疫力が低下しているので、細菌やウイルスに感染しやすくなっています。ただの風邪をこじらせて咳が続くこともありますし、気管支喘息や咳喘息、肺炎などで咳が止まらなくなっていることも考えられます。

少なくとも咳が3週間以上出続けるようならただの風邪ではない可能性が高いといえます。発熱などがなくても咳が長く続くようなら早めに医師に相談することをおすすめします。

妊娠中に咳が止まらないのは胎児に悪影響?

胎児 写真 エコー 医師 病院

咳の原因がなんにせよ、咳が止まらないと、赤ちゃんに悪影響があるのではないかと心配になりますね。激しく咳をすると腹圧がかかって「赤ちゃんに苦しい思いをさせるのでは…」と思うかもしれません。

咳をしたくらいの腹圧であれば、すぐに赤ちゃんに悪影響を与えるということはほぼありません。しかし、咳が止まらなくて呼吸困難になるようだと低酸素状態になって赤ちゃんに十分な酸素が届けられなくなる可能性はあります。

咳の原因がひどい喘息などであればその可能性はありうるので、長引く咳には適切な対処が必要になります。

妊婦は咳がひどいときに、咳止め薬を使ってもいいの?

妊婦 咳 病院 診察

妊娠中の咳が直接赤ちゃんに悪影響はないとはいえ、咳が止まらないと日常生活がつらくなりますね。ひどい咳には咳止め薬を使いたいところですが、市販されている咳止め薬を自己判断で使うのは止めましょう。

咳止め薬としてよく知られている「アネトン咳止めZ液」や「コンタック咳止めST」などの説明書には、妊婦さんが服用する場合には医師または薬剤師に相談することと記載されてます(※1、2)。妊婦さんの状態によっては飲まないほうがよいと判断されることもあるので慎重に判断してください。

咳止め薬を希望するならかかりつけの産婦人科医に相談すれば、妊娠中でも服用できる咳止め薬を処方してもらえますよ。

妊娠中に咳がひどいときの対処法は?

グッズ マスク 風邪 予防

妊娠中に咳が止まらないとき、薬に頼る以外ではどんな対処法があるのでしょうか?民間療法には咳を止めるための方法がいくつかあるので、できそうなものから試してみてくださいね。

玉ねぎスライスを枕元に置く

玉ねぎには「硫化リアル」という成分が含まれており、自律神経や脳神経を抑えることによって咳を鎮めてくれる効果があるといわれています。玉ねぎを生で食べるのもよいですが、寝るときに枕元に置いておくだけでも効果があるようです。

パイナップルジュースを飲む

パイナップルには、痛みと炎症を軽減させる効果がある「ブロメライン」という酵素が含まれています。その他ビタミンも豊富なので、風邪全般にも効果的。生で食べるか、生のパイナップルを使ったジュースもおすすめです。

はちみつ大根のお湯割りを飲む

江戸時代から日本で親しまれてきた方法なので、ご存知の方も多いですよね。はちみつには、咳やのどの炎症を抑える「過酸化水素」という抗菌物質が、大根には、咳や痰切りに効果的な酵素が含まれています。

この咳に効果的な2つの食材を合わせて漬けておいたシロップをお湯で割って飲みましょう。蒸気によって気管が拡張されるので、お湯割りがおすすめです。

ツボ押しをする

人間の体には、咳を鎮めてくれるツボというものもあるようです。代表的なものに、「尺沢(しゃくたく)」と「天突(てんとつ)」があります。

尺沢は、肘の内側にあり、肘を軽く曲げたときにしわができる部分の親指側に位置します。天突は、鎖骨と鎖骨の間にある胸骨のくぼみのところです。これらのツボを軽く押すだけで効果があるそうなので、ぜひ試してみてください。

妊娠中は咳止め薬に頼ることがないように風邪予防をしっかりと

妊婦 リラックス 健康 安静

妊娠中に咳が止まらないときの対処法は、どれも対症療法です。咳が悪化しないように、風邪予防に努めることが一番大切です。

妊娠中、特に妊娠初期は薬に頼りにくい時期なので、風邪を引かないように気をつけましょう。普段からしっかりと栄養を取り、十分な睡眠時間を確保し、適度な運動で汗を流して健康的な生活を心がけてくださいね。

また、部屋のなかの空気が乾燥しないように加湿器を使ったり、部屋にほこりが溜まらないようにこまめに掃除したりして、咳の原因になるものを一つひとつ取り除いておくと安心です。

※1参考文献: 武田薬品工業株式会社「アネトン咳止めZ液」※2参考文献: グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社「コンタック咳止めST」

免責事項

最新情報をお届けします

あわせて読みたい