妊婦は抗生物質を飲んでもいい?妊娠初期は危険?胎児への影響は?

記事監修 産婦人科医 間瀬 徳光
間瀬 徳光 2005年に山梨医科大学(現 山梨大学)医学部を卒業。板橋中央総合病院を経て、現在は沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターに勤務。産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救... 続きを読む

病気にかかると「抗生物質」などの抗菌薬を処方されることがありますよね。感染症などを治療してくれる頼もしい薬ですが、妊娠中に抗生物質を服用すると、赤ちゃんに影響があるのでは?と不安になるかもしれません。そこで今回は、妊婦さんが抗生物質を飲んでいいのか、胎児には影響はあるのかどうかについてご説明します。

抗生物質とは?

疑問 薬 カプセル クエスチョン

まず、病原微生物の増殖や成長を抑えたり、殺したりする作用をもつ薬を「抗菌薬」といいます。その中でも、細菌や真菌などの微生物から作られた化学物質が「抗生物質」です。代表的な抗生物質に、青カビが作った「ペニシリン」があります。

正確にいうと、化学的に合成されたものは「抗生物質」ではなく、抗菌薬の一つということになりますが、一般的に「抗菌薬」と「抗生物質」がほぼ同じ意味で使われることもあります。

抗生物質の種類が多いのは、それぞれが特定の細菌にしか効果を発揮しないためです。感染症の疑いがある場合、まずどの細菌に感染したのかを特定し、その細菌に合った抗生物質を処方してもらう必要があります。

なお、普通の風邪の原因のほとんどはウイルスであり、細菌ではありません。風邪をひくと病院で抗生物質を処方されることがありますが、風邪で弱った体に他の細菌が侵入して症状を悪化させるのを防ぐのを目的としており、ウイルスに対して効果があるわけではありません。

妊婦が抗生物質を飲んでもいいの?

医師 医者 病院 病気 妊娠 妊婦

妊娠中は、様々な感染症にかかるリスクがあります。細菌の増殖を抑えないと妊婦さんにもお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼす、と医師が判断した場合、妊娠中でも抗生物質が処方されることはあります。

たとえば、妊婦さんが虫歯や膀胱炎、性器クラミジアなどの治療を受けるとき、抗生物質が処方されることがあります。その場合、妊娠中に服用しても比較的安全性が高いとされるセファクロルやビクシリンなどの「ペニシリン・セフェム系」や、アジスロマイシンなどの「マクロライド系」が使われます(※1,2)。

ただし、妊娠中の服用には細心の注意が必要なので、虫歯にならないように口内ケアに努める、膀胱炎を防ぐために水分をしっかり取ってこまめにトイレに行くなど、まずは予防を心がけましょう。

妊娠中の抗生物質は胎児に影響する?妊娠初期は危険?

妊婦 胎児 エコー写真 確認

前述のとおり、ペニシリン・セフェム系と、マクロライド系の抗生物質は、胎児への影響が比較的小さいとされています。

妊娠中に控えるべき抗生物質と、服用した場合に胎児に起こりうるリスクとして、主に次のようなものがあります。

● アミノグリコシド系:腎形成異常、聴覚障害など
● テトラサイクリン系:歯の着色
● ニューキノロン系:関節障害

これらの抗生物質を処方されることがないように、病院で受診するときは必ず妊娠中であることを伝えましょう。

特に妊娠13週未満の妊娠初期は、赤ちゃんの体の器官が形成される大切な時期なので、胎児への影響が心配される抗生物質を飲むのは控えたいところです(※1,2)。

ただし、妊娠のごく初期に、妊娠に気づかないまま抗生物質を服用してしまうこともあるかもしれませんが、この時期であれば、胎児への影響が出ないことがほとんどです。どうしても心配な場合は、産婦人科医に相談をしましょう。

なお、妊娠初期に限らず、以前病院で処方されて使い切らなかった抗生物質が家にあったとしても、自己判断で服用するのは危険です。必ず、医師から新しく処方されたものを使ってください。

妊娠中の抗生物質を避けるための予防法は?

歯医者

妊娠中は免疫力が下がりやすいので、完全に細菌感染を防ぐのは難しいことですが、日頃の生活習慣を整えて健康的な体を作り、抗生物質に頼らなくて済むようにしたいですね。

体に負担がかからない程度に運動したり、ストレスを溜めないようリラックスする時間をとったりすることで、免疫力を落とさないように心がけてください。

また、定期的に妊婦健診と歯科健診を受けておくことも大切です。なんらかの感染症が疑われる場合、いち早く気づいて対処ができるからです。気づかないまま放置してしまうと、ママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても良くないので、面倒がらずに検診を受けましょう。

妊婦でも飲める抗生物質を処方してもらいましょう

医師 健診 妊婦健診 病院 病気

妊娠中は、飲む薬一つひとつに敏感になりますよね。抗生物質を処方されたら、本当に飲んでいいのだろうかと不安になるのも無理はありません。しかし、症状によっては、妊娠中でも抗生物質をきちんと服用しないと、感染症が悪化し、母体と胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。

抗生物質を過度に不安がるのではなく、自分の体の状態に合わせて上手に付き合っていくことが大切です。妊娠中であることを伝えれば、比較的安全性が高いとされる抗生物質を処方してもらえます。どうしても心配なときは、処方された抗生物質を飲む前に、かかりつけの産婦人科医に相談しましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう