リラキシンとは?分泌の仕組みや作用は?腰痛の原因になるの?

生理前や生理中に、ひどい腰痛に悩まされていませんか?実は、その腰痛には「リラキシン」という女性ホルモンが関係しています。あまり耳にしたことがないかもしれませんが、とても重要な役割を果たしているものなんですよ。今回はリラキシンとはどういうものか、分泌の仕組みや作用、女性の体にどのような影響を及ぼすのかなどをまとめました。

リラキシンとはどんなホルモン?分泌の仕組みや作用は?

女性 疑問 クエスチョン はてな

リラキシンとは、卵巣や子宮、胎盤などから分泌される女性ホルモンの1つです。主に妊娠中に分泌量が増え、関節や靭帯を緩める作用があります。リラキシンのおかげで、ママの骨盤などの関節や靭帯が緩まって、分娩時に赤ちゃんが産道をスムーズに通り抜けられるのです。リラキシンが分泌されるのは、赤ちゃんを出産するためになくてはならない仕組みなんですね。

リラキシンが腰痛の原因になる?

女性 腰痛 妊婦

リラキシンの分泌量が増えるのは妊娠中といいましたが、妊娠していなくても分泌量が増える時期があります。それは生理前です。リラキシンの作用で骨盤が開きやすくなり、生理時に経血の排出がスムーズになります。

ただ、困ったことにこのリラキシンが生理前・生理中の腰痛の原因になります。左右の骨盤をつなぐ「恥骨結合」と呼ばれる部分があるのですが、リラキシンの作用でここが緩むと、骨盤が体を支える力が弱くなります。すると、骨盤周辺の腰などに負担がかかってしまうため、痛みの症状が現れるのです。さらに骨盤周辺の筋肉が緊張すると、血流が悪くなって痛みが強くなるという悪循環が生まれてしまいます。

リラキシンによる腰痛を予防するには?

腰 腰痛 姿勢 猫背

生理前にリラキシンが分泌されるのは仕方のないことです。リラキシンの影響による腰痛を防ぐためには、普段から腰周辺の筋肉を鍛えておくことが大切です。

猫背になっていたり、左右どちらかに体がゆがんでいたりすると、骨盤が正しく体を支えられず、腰周辺の筋肉に負担がかかりやすくなります。腰痛持ちの人は、生理前はリラキシンの影響でさらに負荷がかかって腰痛がひどくなってしまいますよ。

普段から正しい姿勢を心がけて骨盤周辺の筋肉を正しく使っておくことが大切です。リラキシンが分泌されているときは骨盤が歪みやすいので、生理前や生理中も姿勢に気をつけてください。

リラキシンとプロスタグランジンとの関係は?

生理前・生理中の腰痛がひどい人は、リラキシンだけではなく、「プロスタグランジン」というホルモンも影響している可能性があります。プロスタグランジンには子宮を収縮させる働きがあり、生理中に経血の排出を促します。しかし、子宮収縮には痛みをともなうことが多いため、プロスタグランジンが過剰に分泌されると、腰などの痛みを助長することがあるのです。

そのため、生理前・生理中の腰痛を防ぐには、プロスタグランジンの影響も考える必要があります。

日頃から正しい姿勢で腰痛を予防しよう

書類 OK 助成 確認 

リラキシンは女性にとって必要なホルモンですが、腰痛を引き起こす原因にもなります。ただし、リラキシンの影響で腰痛が起こるのは、腰の筋肉が弱い人や姿勢が悪い人がほとんどです。

生理前や生理中の腰痛に悩んでいる人は、普段の姿勢に気を配り、適度に体を動かして筋肉を鍛え続け、腰痛にならない体を作っていきましょう。リラキシンの分泌量に左右されない、健康的な体になれるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう