妊婦の恥骨痛とは?原因と対策は?妊娠初期から痛み出す?

監修専門家 鍼灸按摩マッサージ指圧師、NKT、PRI、EBFA 島田 健
島田 健 累計約3万件の施術経験。東京医療専門学校本科にて鍼灸按摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。在学中より様々な著名人やアスリートの通う治療院に勤め、その後コンディショニング施設にて治療面とトレーニング面か... 監修記事一覧へ

妊婦さんを苦しめる体のトラブルの一つに「恥骨痛」があります。恥骨痛は、お腹が大きくなるにつれて痛みが出るケースが多いですが、なかにはまだお腹が大きくないのに恥骨が痛くなる妊婦さんもいます。一体、なぜ恥骨痛が起こるのでしょうか?また、少しでも痛みをやわらげる方法はあるのでしょうか?今回は、妊娠中の恥骨痛の原因と対策についてご説明します。

妊婦の恥骨痛とは?どこが痛むの?

骨盤 恥骨結合 恥骨痛

恥骨痛とは、その名の通り骨盤の下のほうにある「恥骨」の部分に現れる痛みのことです。骨そのものが痛んでいると思うかもしれませんが、実は、左右の恥骨をつなぐ軟骨(恥骨結合)が傷ついているのが原因です。

痛みの感じ方は人それぞれで、生理のようなチクチクした痛みを感じる人もいれば、股の下あたりにズキズキした痛みを感じる人もいます。

痛みが強いと、横になった姿勢から起きられなかったり、歩けなくなったりすることもあります。

妊婦の恥骨痛の原因は?

妊婦 臨月 眠れない

妊娠中に恥骨痛が起こりやすいのは、妊娠・出産の体の仕組みと大きな関係があり、主に以下2つが原因だと考えられています(※1,2)。

骨盤まわりの関節や靭帯がゆるむ

出産に備えて、リラキシンというホルモンの作用によって骨盤周りの関節や靭帯がゆるみます。これにより、赤ちゃんが産道を通り抜けやすいようになるのです。

一方で、体を支える力が弱まり、骨盤周りや恥骨結合に負荷がかかりやすくなるため、痛みが現れることがあります。

子宮の重みで圧迫される

胎児が成長するにつれて子宮もどんどん重く大きくなります。恥骨部分は子宮の真下にあるため、強く圧迫されます。その結果、恥骨結合が損傷したり引き伸ばされてしまったりするため、激しい痛みを感じることもあります。

妊娠中期(妊娠5ヶ月~)に入るとだんだんお腹が大きくなってきて、靭帯が緩んできているところに子宮の重みが加わるため、痛みを感じやすくなります。一般的には臨月が痛みのピークですが、産後まで恥骨痛が続く人もいます。

妊娠初期に恥骨痛が出ることもある?

女性 痛み 妊娠初期 お腹

妊婦さんによっては、お腹が大きくなる前の妊娠初期から恥骨が痛み始めるケースもあります。もともと生理のときに腰痛があったり、骨盤が大きくゆがんでいたりする人に多いようです。

先述のとおり、妊娠週数が進むにつれて骨盤はゆるみ、関節の位置がさらにずれていきます。

また、産後は赤ちゃんの授乳や抱っこなど、骨盤まわりに負荷がかかることが増えるため、恥骨痛だけでなく腰痛や股関節痛、坐骨神経痛などの症状に悩まされることも。

そのうえ、骨盤の底にある筋肉(骨盤底筋)や恥骨結合が圧迫されすぎて傷ついてしまうと、産後の尿漏れの原因にもなるので、妊娠中から対策しておくことが望ましいといえます(※3)。

妊娠中の恥骨痛の対策は?

妊婦 体操 ヨガ

妊婦さんが恥骨痛になったら、悪化させないように次のことに気をつけましょう。

姿勢を意識する

お腹が大きくなってくると姿勢が悪くなりがちですが、骨盤のゆがみにつながるような姿勢は避けましょう。

たとえば、座るときに足を組んだり、正座を片方に崩した「お姉さん座り」などはせず、腹筋を意識しておへそのあたりを引き上げるようなイメージを持ってみると良いですよ。

ストレッチをする

また、日頃から腰回しなどの体操をしたり、ストレッチをしたりしておくと痛みを緩和させることができますよ。ただし、お腹の張りを感じたらすぐに休むなど、体調に気をつけながら行うようにしましょう。

下記の関連記事では、産後にも役立つストレッチをイラストつきで紹介しているので、参考にしてください。

骨盤ベルトをつける

「トコちゃんベルト2」などの骨盤ベルトを使って骨盤を固定することで、恥骨結合の負担が軽くなり、痛みがやわらぐこともあります。

ただし、適切に着けないと逆に痛みが増してしまう可能性があるので、不安なときはかかりつけの産婦人科医や助産師に相談することをおすすめします。

妊婦の恥骨痛がつらいときは医師に相談を

親子 ママ 赤ちゃん ベッド

どうしても恥骨痛の痛みがひどいときは、我慢したり自己流で何とかしようとしたりせず、かかりつけの産婦人科や助産院へ相談してください。

特に妊娠後期は、ただでさえ大きいお腹で思い通りに動うことができないのに、恥骨痛が悪化すると生活に支障が出てしまうこともあります。

また、妊娠中の恥骨痛を放っておくと、それが産後まで続いてしまうこともあるため、整体の施術などで骨盤の歪みを整えてもらうのも一つの方法です。元気に子育てができるよう、痛みがつらいときは早めに医師や整体師に診てもらいましょう。

痛みを軽減して、無理のないマタニティライフを過ごせるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう