【妊娠9週の壁】とは?流産のリスクと関係があるの?

監修医師 産婦人科医 藤東 淳也
藤東 淳也 日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 監修記事一覧へ

「妊娠9週の壁」という言葉をSNSやインターネットで見かけ、言葉の印象から不安を感じている妊婦さんもいるかもしれません。

今回は、「妊娠9週の壁」とはどんなことを指しているのかや、9週頃の流産のリスクについてお伝えします。

妊娠9週の赤ちゃんとママの状態は?

日本人 女性 吐き気 つわり

「妊娠9週の壁」について知る前に、まず妊娠9週の赤ちゃんとママの状態を把握しておきましょう。

妊娠9週の赤ちゃんの状態

妊娠9週の赤ちゃんの大きさは2cmほどです(※1)。人間として必要な機能を形作る「器官形成期」にあたり、手や足の指、爪などの体の細部や、眼や鼻、口などの顔のパーツができはじめ、外見が人間らしい姿に近づいていきます。

まだエコーでは確認できませんが、生殖器も発達しはじめます。

妊娠9週のママの状態

妊娠9週は、つわりのピークが続く時期。つわり以外にも、肌のかゆみや便秘、頻尿などのトラブルが増えていきます。

お腹の見た目に大きな変化はありませんが、下腹部がややふっくらとしてくるため、お腹を締め付けすぎないようマタニティウェアを準備しはじめる時期です。

「妊娠9週の壁」とは?流産と関係がある?

妊娠9週

「妊娠9週の壁」は、この時期の流産の確率と関係しています。

妊娠9週頃は他の週と比べて流産の確率が高い時期にあたります。これまで確認できていた心拍が妊娠9週の健診で確認できなくなり、流産の可能性を診断されることも。

この時期を過ぎると流産の確率が低くなることから、妊娠9週を何事もなく乗り越えられるかどうかが第一関門となり、「妊娠9週の壁」という言葉で妊婦さんの間に広がったようです。

「妊娠9週の壁」はSNSやインターネットから広がった言葉で、医学的な用語ではありません。

妊娠9週の流産の確率や原因は?

お腹 健康 産後 女性

それでは、妊娠9週頃の流産の確率は実際どれくらいなのでしょうか。ここでは、妊娠9週頃の流産の確率とその原因についてご紹介します。

そもそも「流産」とは、妊娠22週未満で妊娠が継続できなくなることを指します。

何らかの原因で妊娠の継続が困難になり胎児が育たなくなってしまった状態で、すべての妊娠のうち8〜15%で起こるといわれています(※2)。

流産は妊娠週数によって2つに分類され、妊娠12週未満の流産を「早期流産」、妊娠12週以降22週未満の流産を「後期流産」といい、妊娠9週は「早期流産」にあたります。

妊娠9週は流産になりやすいの?

日本産科婦人科学会によると、妊娠8~12週の流産の確率は34~48%です(※2)。

それに対し、妊娠5~7週は22~44%、妊娠13~16週は6~9%であることから、妊娠9週は流産の確率が高い時期にあたります。

妊娠9週の流産の原因は?

早期流産の場合、原因の大半が胎児の染色体異常によるものです(※3)。母体が要因である可能性は低いとされています。

心拍確認後でも、流産は起こりうる?

心拍が確認できていたとしても、心拍確認後に流産が起きることはあります。全流産のうち16〜36%は、心拍確認後に流産していることがわかっています(※4)。

妊娠9週までに心拍が確認できていたとしても、その後の成長については定期的な検査で慎重に見ていく必要があります。

妊娠9週頃の流産は予防できるの?

野菜 栄養 健康 
繰り返しになりますが、妊娠9週頃の早期流産の原因は染色体異常によるものがほとんどで、それ自体を予防する方法はありません。

しかし、流産のリスクを下げることにつながる行動はあります。日常生活ですでに気をつけている人は多いとは思いますが、今一度、以下の行動をチェックしてみましょう。

● タバコを吸わない
● アルコールを控える
● 健康的な食生活で肥満を予防する
● 性交渉のときはコンドームをつける

詳細は以下の記事にまとめているので、あわせて参考にしてください。

今できることをして、赤ちゃんの成長を見守ろう

男女 カップル 希望 夕焼け
「妊娠9週の壁」という言葉をSNSやインターネットで見かけたり調べたりしていると、不安になってしまうかもしれません。しかし、調べすぎて過剰に心配することはかえってストレスになり、妊婦さんの健康にとってよくありません。

心身ともに健康な生活を心がけ、気になることは医師に相談しながら、赤ちゃんの成長を見守っていきましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう