妊婦がでべそになりやすい理由・原因は?いつ元に戻るの?

妊娠すると、妊娠前には考えられなかったような様々な変化が体に現れます。なかには、妊娠中に「でべそになってしまって、元に戻らない!」と困っている妊婦さんもいるかもしれませんね。

今回は、なぜ妊娠するとでべそになりやすいのか、妊娠中からできる対策、いつ元に戻るかについてまとめました。

でべそとは?

お腹 妊婦 クエスチョン はてな ?

へそは、胎児がお母さんと「臍帯(へその緒)」でつながっていたところです。生後、臍帯が取れたあとに、へそと腹腔の間にある「臍輪(ヘルニア門)」が閉じ、最後に皮膚がへこむことで形が完成します。しかし、へその形成過程が途中で止まってしまい、ヘルニア門が完全に閉鎖されないと、腸がへそに脱出して「臍ヘルニア」になります。また腸が脱出せず皮膚だけが余っている場合は「でべそ」の状態になります(※1)。

へそが完成している大人の場合、でべそになることはほとんどありませんが、妊娠中の女性はでべそになりやすいようです。いったい、なぜでしょうか?

妊婦がでべそになりやすい理由や原因は?

グッズ 本 ノート 

妊娠してお腹の中で赤ちゃんが成長するにしたがって子宮が大きくなり、内側から押される「腹圧」が上がっていきます。そのため、腹筋が引き伸ばされ、へそのある中心部分の筋肉が薄くなってしまいやすいのです。そうすると、腹圧によって、くぼんでいたへそが平らになってきます。へそが平らになった状態が、妊娠前と比べると「でべそ」に見えることがあります。

特に多胎妊娠の場合はお腹が大きくなるので、でべそになりやすい傾向があります。また妊娠前から痩せていてお腹まわりの脂肪が少なかった人の場合、でべそが目立ってしまうこともあります。

さらに外に出っ張った「でべそ」になる場合は、「腹直筋離開(ふくちょくきんりかい)」を起こしている可能性があります。

妊婦の腹直筋離開とは?でべそに関係あるの?

妊婦 妊娠 おなか へそ でべそ

「腹直筋」とは、一般的に腹筋として知られるお腹の筋肉のこと。「腹直筋離開」とは、お腹の中心で左右の腹筋をつないでいる白線が横に伸びて薄くなり、左右の腹筋が離れて開いた状態を指します。程度の差こそあれ、妊婦さんの多くが腹直筋離開になるという説もあります。

腹直筋離開が重度の場合は、でべそがなかなか治らないばかりか、経膣分娩が困難になって帝王切開になったり、お腹に力が入りにくいことから、いきめず、分娩が進まなかったりすることもあります。腹直筋離開が軽度の場合は、出産後に自然治癒することが多いといわれています。

妊婦のでべそは、いつ治るの?

グッズ 時計 時間 予定 カレンダー 

妊婦さんがでべそになってしまった場合、いつ治るのか気になるところ。へそが少し目立つ程度であれば、産後の子宮収縮と一緒に元の位置に戻っていくことが多いですよ。

「出産後にお腹が元に戻るのに合わせて、でべそも治った」「出産して気がついたら、でべそが気にならなくなっていた」という体験談もあるように、産後、自然に戻ることが多いようです。

しかし、でべその原因が腹直筋離開である場合は、なかなか治りません。出産してから半年~1年ぐらいたってもでべそが元に戻らない場合、腹直筋離開が自然治癒していない可能性があるので、まずは産婦人科で相談してみると良いでしょう。

妊婦のうちからできる、でべそ対策は?

疑問 はてな クエスチョン 黒板 豆電球

初めての出産の場合、出産後に元の状態戻るかどうか不安になりますよね。お腹が大きくなることで、でべそになったように見える場合は、妊娠中に対策できることはありません。基本的には出産後に自然と治まっていくケースが多いので、「今だけ」と割り切りましょう。

ただし前述の通り、妊娠中に腹直筋離開が起きている場合には、ケアが必要です。腹直筋離開が早期に改善しなかった場合、40~50歳代で体型の崩れが大きく現れたり、60~70歳代になったときに、慢性的な腰痛につながったりする恐れがあるともいわれています。

かかりつけの病院で「腹直筋離開」と判断された場合は、腹直筋離開をケアしながら下腹部を支えるなどの対策が必要です。「腹直筋離開を起こしているのでは?」と気になったときには、まず医師に相談してみてくださいね。

妊婦のでべそが気になるときは、産婦人科で相談を

妊娠 妊婦 検診 病院 産科

妊婦さんのお腹は胎児の成長とともに大きくなっていくので、皮膚が引き伸ばされることにより、いつもはくぼんでいるへそが目立ちやすくなります。「でべそになってきたな」と気づいたら、単に見た目の問題だけではなく、腹直筋離開を起こしている可能性も疑ってみてください。

妊娠中から対策をしておけば、産後の改善も早く、年齢を重ねてから様々な影響が出るのを防げます。気になることがあれば自己判断せず、妊婦健診のときに医師に相談して判断を仰いでみてくださいね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう