妊婦が歯医者に行くときの注意点は?妊娠中の治療はいつまで?

監修医師 歯科医師 茂山 久夫
茂山 久夫 九州歯科大学卒業後、同歯周病科にて4年間診療、その後開業医での勤務を経て、現在は福岡県中間市にて診療を行う。日本歯周病学会、J.A.C.D(The Japanese Academy of Compre... 監修記事一覧へ

妊娠中は虫歯になりやすく、歯周病は早産の危険性を高めるといわれています。妊娠前に歯医者で治療をすませて虫歯予防に努めたいところですが、妊娠中に虫歯になって治療が必要になることもあります。でも、妊娠中に歯医者に行ってもいいのか不安に感じることもありますよね。今回は妊娠中の歯医者について、行ける時期はいつまでか、治療を受けるときの注意点をご説明します。

妊娠中は虫歯や歯周病になりやすいの?

虫歯 歯 痛い 女性 冷やす

妊娠中は、ホルモンバランスの変化や唾液の粘性の性質の変化によって、口腔内で虫歯菌や歯周病菌が活動しやすい環境になります。

また、妊娠初期につわりが重いと、嘔吐による酸が影響し虫歯になりやすくなったり、気持ち悪くて歯磨きが不十分になったりして、虫歯や歯周病を引き起こす原因となります。

さらに、妊娠後期に入って子宮が大きくなって胃を圧迫すると、食事を少しずつ複数回に分けて食べることが増えるので、食事で酸性になった口の中を唾液で中和する時間が短くなり、虫歯ができやすくなるのです。

特に歯周病は、早産のリスクを高めるといわれているので、できるだけ早いタイミングで治療することが大切です(※1)。

妊婦が歯医者に行ける時期はいつまで?妊娠初期や臨月は大丈夫?

歯医者

妊娠中でも歯医者に行くことはできます。妊娠中は虫歯になりやすい時期なので、体調がよければ定期的に歯科健診を受けることをおすすめします。

ただし、虫歯や歯周病が見つかって治療を受ける場合には少し注意が必要です。基本的に虫歯の治療や麻酔などが赤ちゃんに与える影響は少ないですが、ママの体調を考えると治療を受けるのは妊娠中期を過ぎてからのほうが安心です。

妊娠初期や臨月は治療を受けられないというわけではありませんが、できるだけ避ける方がいいでしょう。

妊娠時期によって歯医者を受診するときの注意点があるので、確認しておいてくださいね。

妊娠初期(妊娠1~4ヶ月)に歯医者に行くときの注意点

妊娠初期はつわりや体調不良で口内ケアどころではない妊婦さんも多くいます。歯医者のにおいを嗅いだり、少し口の中に器具を入れられたりするだけで気持ち悪くなることも。

体調が悪いときは、歯科治療はなるべく控えましょう。痛みがある場合は応急処置にとどめ、妊娠中期に入ってから治療するのがおすすめです。

妊娠中期(妊娠5~7ヶ月)に歯医者に行くときの注意点

安定期と呼ばれる時期で、体調が落ち着くため、産婦人科の医師から特別な指示を受けていなければ問題なく治療を受けられます。

この時期は、虫歯治療も麻酔が必要な抜歯も、ほとんどの治療を行えるので、歯のトラブルはできるだけ妊娠中期に解消しておきましょう。

妊娠後期(妊娠8~10ヶ月)に歯医者に行くときの注意点

妊娠後期も治療はできますが、治療台に仰向けになるとお腹が圧迫されやすく負担が大きくなります。特に医師から切迫早産の傾向があると言われている人は、妊娠後期の治療は控えましょう。

臨月に入ってからはいつ陣痛が起きてもおかしくないので、妊娠経過が順調な人も歯科治療は控えたほうが安心です。

急を要さなければ応急処置・予防処置に留めて、出産後に治療しましょう。どうしても治療が必要な場合は妊婦健診で産婦人科の医師に相談して、許可を得ておくことをおすすめします。

妊娠中に歯医者へ行くときのポイントは?妊娠後期は要注意!

解決 ランプ アンサー 答え

妊娠中に歯医者へ行くときは、以下の点に注意してください。

歯医者さんに妊娠していることを伝える

妊娠後期に入ってお腹が大きくなっていれば、妊娠しているとすぐにわかりますが、妊娠初期や妊娠中期は見た目では妊娠しているかわかりません。

虫歯治療ではレントゲン撮影や麻酔などの薬剤を使うこともあるので、まずは妊娠中であることを説明することが大切です。

きちんと伝わっていないとお腹の赤ちゃんに影響のある薬を処方される恐れもあるので、予約時、受付時、診察時に都度きちんと伝えることを忘れないようにしてください。

母子健康手帳を持参する

母子健康手帳は妊娠経過が記されているので、歯医者さんにも健康状態を把握してもらえます。妊娠していることの確認にもなるので、忘れずに持参して受け付けの人にも話しておきましょう。

産婦人科の先生に相談しておく

歯の治療が必要になったことを、事前にかかりつけの産婦人科医に相談しましょう。妊娠中の体のことをよく知っているので、歯医者で治療を受ける時期や注意点などをアドバイスしてもらえます。

体調がよくなければ治療日を変更する

妊娠中はちょっとしたことで体調が悪くなることもあります。

歯医者さんに行く直前に気分が悪くなったときは無理をせずに、日時を変更しましょう。事前に妊娠していることを伝えておけば、歯医者さん側でも気を遣ってくれるものなので、体調を優先してください。

楽な姿勢で治療を受ける

妊娠中は同じ姿勢を取り続けると疲れます。治療中に姿勢がつらくなってきたら我慢せず、その旨を伝えて休憩させてもらうか、体勢を変えさせてもらうかしましょう。

妊婦は歯医者へ行くだけでなく、口内ケアも大切

グッズ 歯ブラシ 歯磨き 赤ちゃん

妊娠中は安定期であれば安心して歯科治療を受けることができますが、できるだけ虫歯や歯周病にならないように、口内ケアに努めましょう。治療を受けたあとでも再び虫歯や歯周病になることもあるので、注意してくださいね。

まずは虫歯や歯周病の原因となる糖分の摂取を控えましょう。口の中に糖分があるほど虫歯菌が活発になるので、その元を断つことが大切です。

食後や間食の後には、歯磨きをする習慣をつけましょう。口の中に糖分が残らないようにすれば虫歯菌の活動を抑えられます。

つわりで歯を磨くのがつらいときは、デンタルフロスを使ったり、キシリトールガムを噛んだりと、歯磨き以外の方法で口内をケアしてくださいね。

妊娠中に歯が痛いときは早めに歯医者に相談を

女性 口 歯 顔

妊娠中に歯が痛くなると、出産前に治しておきたいと思う一方で、お腹の赤ちゃんのことも心配でなかなか踏み出せないかもしれません。

しかし、歯が痛くて食事ができないと栄養バランスも偏ってしまい、胎児の健康にも良くありませんし、虫歯が気になってストレスを溜めてしまうのも、妊娠中の体には悪影響です。

妊娠中に歯の痛みを感じたときは、まず歯医者を受診して虫歯や歯周病がないかチェックしてもらいましょう。治療が必要になったときは、かかりつけの産婦人科医とも相談しながら、進めていってくださいね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう