生後10ヶ月の赤ちゃんのお世話のポイント!体重や身長の変化は?

監修専門家 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 監修記事一覧へ

生後10ヶ月の赤ちゃんは、つかまり立ち、伝い歩きなど運動面の発達や、後追いといった情緒面の発達など、さまざまな成長を実感することができる時期です。生後10ヶ月になると行動範囲が広がる分、危険なことも増えるので、しっかり見守ってあげましょう。今回は、生後10ヶ月の赤ちゃんをお世話するときのポイントや、標準的な身長・体重などについてご紹介します。

生後10ヶ月の赤ちゃんの身長や体重は?

グラフ クエスチョン 疑問 謎 はてな

平成22年に厚生労働省が行った調査に基づく成長曲線によると、生後10ヶ月の赤ちゃんの身長は66.5~77.4cm、体重は6.86~10.59kgが平均です(※1)。ふっくらとした赤ちゃん体型から、しっかりとした幼児体型に変化していくのが生後10ヶ月頃の赤ちゃんの特徴です。

ただし、上記の身長や体重はあくまでも目安です。この範囲内に収まっているかどうかということより、身長や体重が、成長曲線に沿ってきちんと増えているかどうかということを確認するようにしましょう。

また、生後10ヶ月にもなると運動量が増えてきますが、食事量には大きな変化がないことが多く、体重の増加は緩やかです。機嫌がよく、離乳食や授乳など食事も必要な量をとれているようであれば問題ありません。

生後10ヶ月の赤ちゃんの身長・体重

  • 男の子 身長:68.4~77.4cm  体重:7.34~10.59kg
  • 女の子 身長:66.5~75.6cm  体重:6.86~10.06kg

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長や育児のポイントは?

赤ちゃん 10ヶ月くらい つかまり立ち

生後10ヶ月頃の成長のポイントは「後追い」です。生後10ヶ月頃はパパ・ママと他人の区別がつくようになることから、後追いが激しくなり、家族の顔が見えないと不安になって泣きだしてしまう場面が増えてきます。なかにはトイレまでついてくる赤ちゃんもいますよ。

他にも、生後10ヶ月になると下の前歯が2本生えて、乳歯の前歯が生えそろう赤ちゃんが多くなります。つかまり立ちをする赤ちゃんも増え、身長も伸びることから、高いところに手が届くようになるでしょう。

また、生後10ヶ月頃になると手先が器用になり、ものを掴めるようになります。いろんなものを触ろうとするので、室内環境に気をつけてあげるといいですね。

生後10ヶ月の赤ちゃんの主な発達

  • ハイハイがスピードアップする
  • つかまり立ちをする
  • 伝い歩きをしはじめる
  • 記憶力が発達する
  • ママのまねをするようになる
  • 後追いが激しくなる
  • 一人遊びの時間が長くなる
  • 下の前歯が生えてくる

生後10ヶ月の赤ちゃんの育児ポイント

乳歯はあごの発達や言葉の発音などにおいて重要な役割を果たすので、早めに歯磨きの習慣を身につけましょう。

生後10ヶ月の赤ちゃんは、まだうがいやブクブクができないので、歯を磨いた後はガーゼで汚れを拭き取り、お茶や水を飲ませるようにしてください。

つかまり立ちや伝い歩きをはじめると、興味関心のあるものには素早く手を伸ばして触ろうとするので、コンセントや階段など危険な場所には事故防止グッズを設置した方がよいです。

後追いが激しすぎるときは、会話やスキンシップを増やして赤ちゃんを安心させてあげましょう。

生後10ヶ月は誤飲が多い時期なので、命を危険にさらすタバコやライター、洗剤などは赤ちゃんの手の届かないところに置いてください。

生後10ヶ月の赤ちゃんは言葉をどれくらい発する?

記号 口コミ 吹き出し

生後10ヶ月頃になると、赤ちゃんはママやパパが口にする言葉の意味を理解しはじめ、「ママ」「パパ」などの単語を記憶するようになります。「マンマ」「まぁ~まぁ」など言葉らしきものを発することもあるので、「はーい」「パパだよー」など、返事をしてあげましょう。

言葉のやりとりからコミュニケーションの楽しさを知ることは、赤ちゃんの心の成長につながります。何かの動作をするときに話しかけてあげると、言葉の理解がより進みますよ。

生後10ヶ月頃の赤ちゃんに話しかけるときは、身振り手振りを加えることで、赤ちゃんの発達を促すことができます。

生後10ヶ月の赤ちゃんの離乳食の量は?食べないときはどうする?

赤ちゃん 離乳食 食べる バナナ 食事 果物 フルーツ

生後10ヶ月は「離乳食後期」にあたり、多くの赤ちゃんは3回食になっていきます。この頃になると、歯ぐきで食べ物をつぶすことに慣れてきますよ。 離乳食は、食材の食感がわかるくらいの柔らかさに調理するよう心がけましょう。

生後10ヶ月頃になると、赤ちゃんの意思が育つことで「自分で食べたい!」という欲求が強くなり、スプーンやフォークを使おうとしたり、手づかみで離乳食を食べようとしたりします。

そんなときは、一口サイズにカットした果物、やわらかく煮たカボチャやジャガイモなどで手づかみ食べを応援してあげると、赤ちゃんの欲求を満たしてあげることができますよ。

離乳食を食べないときは、無理に食べさせようとすると嫌がったり、えずいたり、嘔吐したりすることもあるので、生後10ヶ月頃の赤ちゃんに無理強いは禁物です。

好き嫌いや食べムラが出てくる時期でもあり、特に体調不良のときや同じ献立が続いた後に起こりやすいので、1週間単位で栄養バランスがとれるように献立を考えましょう。味のバリエーションを広げるために、少量の調味料を使用するのもおすすめですよ。

離乳食の1回あたりの目安量(生後9・10・11ヶ月頃)

  • 全粥:90~100g
  • 軟飯:80g(子供用茶碗に軽く1杯)
  • 野菜・果物:30~40g
  • タンパク質(どれか1~2品):魚15g、肉15~20g、豆腐50g、卵(全卵)1/2個、乳製品100g

生後10ヶ月の離乳食のポイント

生後10ヶ月の離乳食では、「タンパク質」「炭水化物」「ビタミン・ミネラル」など、成長に必要な栄養素を意識し、バランスよくメニューに取り入れましょう。特に鉄分を含む食品を与えるのがおすすめですよ。

食器を使う練習をさせてあげるために、汚れないようエプロンをつけたり、床にビニールシートを敷いたりすると、ママの後片づけが楽になります。

ママやパパがイライラして怖い顔をすると、赤ちゃんは離乳食を怖いものだと認識してしまうので、赤ちゃんが食事に興味を持つよう、家族で楽しく食卓を囲んだり、調理の様子を見せたりしてあげましょうね。

生後10ヶ月はアレルギー食材やはちみつに注意

生後10ヶ月の赤ちゃんは消化機能が未熟なので、特定の食品を食べたときにアレルギーを発症しやすくなっています。そのため、卵、大豆、小麦、ピーナッツやくるみなどのナッツ類は、様子を見て午前中に少量ずつ与えるようにしましょう。

また、はちみつは1歳未満の赤ちゃんには与えないようにしてください。

これは、はちみつに含まれる「ボツリヌス菌」が赤ちゃんの腸管内で毒素を産生し、「乳児ボツリヌス症」を発症する可能性があるからです。

この病気の致死率は1%未満との報告がありますが、呼吸障がいが生じて重症化する場合もあるため、くれぐれも生後10ヶ月の赤ちゃんにはちみつを与えないようにしましょう(※2)。

生後10ヶ月の赤ちゃんの授乳回数やミルクの量は?

ミルク 哺乳瓶 こぼれる

生後10ヶ月頃には、食後の授乳は次第に減り、授乳回数は1日2~3回、ミルクは1日で500ml程度になっている赤ちゃんが多いです。

生後10ヶ月頃の赤ちゃんは、1日の栄養の70%以上を3度の離乳食でとるようになります。しかし、母乳やミルクの量を無理に減らすと、赤ちゃんが栄養不足になったり、回数が減ることに赤ちゃんが慣れず、不安になったりすることもあります。

生後10ヶ月の赤ちゃんのなかには、まだ2回食で、離乳がゆっくり進んでいる子もいますが、体調や進み具合をみながら、赤ちゃんのぺースに合わせて進めていきましょう。2回食でも体重が増えていれば、離乳食の量を気にする必要はありませんよ。

生後10ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間や生活リズムは?

赤ちゃん 寝る

生後10ヶ月の赤ちゃんは、睡眠時間は1日13時間程度が理想です(※3)。それまでは午前と午後に1~2時間ずつだった昼寝がどちらか1回になり、代わりに夜しっかりと寝てくれるようになる赤ちゃんが増えていきます。

日中の起きている時間は、生活リズムを保つためにも、なるべく活動させましょう。生後10ヶ月頃はハイハイのスピードが速くなったり、つかまり立ちが安定したり、伝い歩きをする子も増えるので、部屋でもの足りないときは児童館や子育て支援センターに行くのもおすすめですよ。

移動範囲が広がり、日中に感じる刺激も増えることから、生後10ヶ月頃の赤ちゃんは夜泣きで何度も起きてしまうかもしれません。寝かしつけのときにたくさん話しかけたり、子守唄を歌ったりして、ママやパパの声を聞かせて安心させてあげましょう。

テレビの音を消し、部屋を暗くしてから寝るようにするのも良いですね。

生後10ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊びは?

親子 絵本 読み聞かせ 赤ちゃん

生後10ヶ月の赤ちゃんは、言葉を発することも増えるので、コミュニケーションをとるためや、赤ちゃんの情緒を豊かにするために、絵本タイムを作ると良いでしょう。

わかりやすい色や形、繰り返し言葉や擬音があるものなど生活に合った内容の絵本だと、生後10ヶ月の赤ちゃんでも理解しやすいかもしれませんね。

ひざの上に座って、ママのぬくもりを感じながら絵本を読んでもらう時間は、赤ちゃんにとってもママにとってもかけがえのないひとときになりますよ。

赤ちゃんの反応を見ながら、「これはなに?」「きれいな赤色だね」など、語りかけるなかで覚えていく言葉もありますよ。

生後10ヶ月の赤ちゃんがかかりやすい病気は?

病院 診察 受診 医師 聴診器

生後6ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、母乳を通じてママから免疫をもらっているため、風邪などの病気にかかりにくいという特徴があります。しかし、それを過ぎると免疫が切れはじめます。

生後10ヶ月頃にもなると、ママからもらった免疫がすでに切れている赤ちゃんが多いため、生後6ヶ月以前と比べて病気にかかりやすくなっています。

以下は、生後10ヶ月頃の赤ちゃんがかかりやすい病気の一部です。

  • ノロウイルス胃腸炎
  • RSウイルス感染症
  • アデノウイルス感染症
  • ロタウイルス胃腸炎
  • ヘルパンギーナ
  • インフルエンザ
  • 手足口病
  • 突発性発疹
  • 風邪
  • 中耳炎

免疫力を身につけるには病気にかかることも必要なので、過度にこれらの病気を心配し過ぎる必要はありません。大事なのは、赤ちゃんが病気にかかったときに、できるだけ早く対処してあげることですよ。

風邪っぽい症状や普段と違う様子が見られたら、早めに小児科を受診しましょう。

生後10ヶ月の赤ちゃんの反応にはしっかり応えてあげよう

ハート ママ 子供 親子 赤ちゃん 気持ち

生後10ヶ月にもなると、赤ちゃんはいろいろなことをママやパパに訴えかけてきます。これまでも、不快な状態や欲求を泣くことで伝えてきましたが、それぞれに応じた感情表現を加えて伝えてくることが増えてきますよ。

生後10ヶ月は、ママやパパとのコミュニケーションや、外からの刺激をとても受けやすい時期なので、無視しないでしっかりと答えてあげることが大切です。ママやパパたちからも積極的に話しかけたり、「これは●●だよ」と教えてあげるようにしましょう。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう