妊娠中に辛いものを食べてもいい?キムチは平気?

監修専門家 管理栄養士 安蒜 ゆい
安蒜 ゆい 病院・保育園にて管理栄養士として献立作成・衛生管理や食育活動に携わり、現在は独立しフリーランス管理栄養士・彩り時短食プランナーとして活動しています。「季節や行事を通して食事・家族の時間の大切さを伝えて... 監修記事一覧へ

妊娠中は「これって食べても大丈夫?」と、気になってしまうことがありますよね。なかでも、多くの妊婦さんが気にするのが、「辛いもの」ではないでしょうか。特に、カレーやキムチは普段の食卓によくあがる食べ物なので、余計に心配になるかもしれませんね。今回は、妊娠中に辛いものを食べてもいいのか、カレーやキムチは問題ないのか、唐辛子などの香辛料が妊婦さんにどんな影響を与えるのかをご説明します。

妊娠中は辛いものを食べてもいいの?

カレー 香辛料

カレーやキムチなどの辛いものを食べると、汗をかいたり、口の粘膜がヒリヒリしたりしますよね。その刺激の強さから、「妊娠中は辛いものを食べてはいけないのでは?」と心配になる妊婦さんもいると思います。

結論からいうと、妊娠中に辛いものを食べることは禁止されていません。妊娠中に辛い食べ物を食べたからといって、お腹の赤ちゃんに直接、悪影響を与えることはないので、心配しないでくださいね。

ただし、辛いものに含まれる唐辛子は、食べすぎると胃腸が刺激されて、下痢の症状を引き起こすことがあります。妊娠中に下痢をすると、飲める薬が限られるだけでなく、必要以上に体力を消耗してしまいます。くれぐれも、辛いものの食べすぎには注意しましょう。

妊娠中に辛いものを食べすぎるとどうなる?カレーやキムチは?

妊婦 お腹 手

カレーに使われる様々な香辛料やキムチに含まれる唐辛子といった刺激物は、妊娠中かどうかにかかわらず、過剰摂取に気をつけなくてはいけません。

また、カレーやキムチは、香辛料だけでなく、塩分も多く含まれているため、妊娠中は特に注意が必要です。妊娠中に塩分を摂り過ぎると、血圧が上がり、妊娠高血圧症候群になる可能性があります。

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に高血圧、蛋白尿、むくみといった症状が出る病気の総称です。妊娠高血圧症候群にかかって胎盤が機能しなくなると、胎児に送られる栄養や酸素が減ってしまい、発育不全や機能不全を引き起こすリスクが高くなります。重症化すると、胎児死亡にいたる場合もあります(※1)。

妊娠中にカレーやキムチといった辛いものを食べるときは、香辛料による辛さだけでなく、塩分量にも気をつけることが大切です。

妊娠初期は辛いものを食べても大丈夫?

はてな クエスチョン ? 本 疑問

流産のリスクが高い妊娠初期は、食べたものによって、胎児に影響が及んだり、流産のリスクが高まったりするのではと不安になることもありますよね。

しかし、妊娠初期の流産は、主に胎児側の染色体異常が原因で起こります(※1)。妊娠初期に辛いものを食べたからといって、流産の確率が上がることはありません。

妊娠初期のつわりの影響で食べ物の好みが変化して、辛いものが無性に食べたくなる人もいます。刺激が強いものなので、タバコやアルコールなどのようなリスクを考えてしまうかもしれませんが、心配しすぎなくて大丈夫ですよ。

ただし、くれぐれも辛いものの食べすぎには注意してくださいね。

妊娠中に辛いものを食べると体にいいの?

スパイス

妊娠中の食事に適度に辛いものを取り入れると、体に良い影響を与えることもあります。

唐辛子は血行を促進して新陳代謝を活発にするため、冷えの予防につながります。妊娠中の冷えは、お腹が張りや腰痛、便秘などを引き起こすこともあるため、冷えがひどいときは辛いものを適度に摂取して体を温めるのもいいですね。

料理の塩分を減らすために、塩の代わりに香辛料で味付けするのもおすすめです。塩の量を控えめにして、唐辛子や胡椒、わさびといった身近な香辛料を少し加えると、香りも良くなりますよ。

過剰摂取に気をつけながら、好みにあわせて妊娠中の食事に上手に香辛料を取り入れてくださいね。

妊娠中にキムチを食べると便秘解消になるの?

キムチ

妊娠中は便秘に悩まされる人も多いですよね。発酵食品であるキムチには、ヨーグルトと同じように乳酸菌が多く含まれています。乳酸菌は腸内環境を整えてくれる効果が期待できるため、便秘で悩んでいる妊婦さんにキムチはおすすめです。

ただし、前述の通り、キムチに含まれる唐辛子は食べすぎると胃腸に負担がかかるため、できれば辛さと塩分が控えめで、まろやかな味付けのキムチを選びましょう。キムチ鍋を食べるときは、豆乳を少し加えると味がまろやかになって、刺激を抑えられますよ。

妊娠中も辛いものを適度に摂取しよう

妊婦 食事

妊娠中の食事にはあれこれ気を使いますよね。しかし、アルコールや生肉など、明らかにリスクの高い食べ物を除けば、妊娠中に食べられないものはそれほど多くありません。

反対に、気にしすぎて食べるのを我慢してしまうと、ストレスの原因になることもあります。妊娠中も、カレーやキムチなどの辛いものを適度に楽しめるといいですね。

妊娠をきっかけに普段食べているものを見直すことは、健康な生活を送るために大切なことです。食べ物に対する知識が増えると、出産後の離乳食作りや家族の献立にも役に立つはずですよ。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう