妊娠の安定期はいつからいつまで?何週目から?過ごし方と注意点は?

記事監修 助産師 佐藤 裕子
佐藤 裕子 日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院総合周産期母子医療センターにて9年勤務。現在は神奈川県横浜市の助産院マタニティハウスSATOにて勤務しております。妊娠から出産、産後までトータルサポートのできる助... 続きを読む

芸能人や有名人が妊娠を発表するときなどに「安定期に入ったので…」という言葉をよく耳にしますが、妊娠の安定期とは一体いつからいつまでで、どんな時期を指すのでしょうか?今回は、妊娠の安定期について、おすすめの過ごし方や注意点も含めてご説明します。

妊娠の安定期はいつからいつまで?

カレンダー

一般的に、妊娠5~7ヶ月頃(妊娠16週0日~27週6日)を安定期と呼びます(※1)。ただし、「安定」とはいえ、切迫流産や切迫早産などが起きるリスクはあるので、引き続き体調管理に気をつけて過ごす必要があります。

妊娠後期までずっとつわりがある、つわりが終わったと思ったら切迫早産になったなど、出産に至るまで大変な思いをする人もいます。

妊娠の安定期とは?どんな時期?

妊婦 ストレッチ

安定期に入ると、文字通り体調が安定してくる時期で、妊娠初期の倦怠感や眠気、頭痛、吐き気などがなくなり、過敏になっていたにおいが気にならなくなるなど、いわゆるつわり症状が治まります。

妊娠初期に比べると、流産の可能性も低くなり、お腹のなかで胎盤が完成するのもこの時期です。この胎盤の完成が、体調を安定させてくれているのではないかとも考えられています。

妊婦さんは胎動を感じ始め、お腹の大きさも目立つようになり、乳房が張ってくるので、妊娠している実感がより強まる人が多いかもしれません(※1)。

医師の指示にもよりますが、心身ともに安定し、すこし活動的に動いても良くなるので、マタニティライフを一番楽しめる時期でもありますよ。

妊娠の安定期におすすめの過ごし方は?

旅行 グッズ

安定期になると、多くの妊婦さんはつわりから解放され、今まで我慢していたことができるようになります。それと同時に、安定期は出産に向けての準備期間でもあります。体調が安定するこの時期に出産の準備も始めましょう。

ここでは、安定期の妊婦さんにおすすめの過ごし方をご紹介します。

運動

マタニティスイミングやヨガなど、この機会にチャレンジしてはいかがでしょうか。体重コントロールや、出産に必要な筋力づくりや呼吸の使い方を身につけられますよ。夫婦でウォーキングをするのもいいですね。

ただし、運動する前に必ず医師に相談し、無理はしないように心がけてください。

母親学級への参加

産院や地域で開催されている母親学級(プレママ教室)などにも参加してみましょう。情報収集だけでなく、ママ友をつくるきっかけにもなりますよ。

出産を目前に控え、仲間ができるのは心強いもの。パパと一緒に参加できる教室もあります。

ショッピング

気分転換にショッピングに出かけるのもおすすめです。生まれてくる赤ちゃんのことを考えながらベビーグッズなどの買い物をすることで、幸せな気持ちになれるかもしれません。

出産直前はバタバタするので、今のうちに必要なものをリストアップして出産に備えておきましょう。

旅行

特に体調に問題がない人は、安定期のうちに旅行をするのもおすすめです。ただし、これもまず医師に相談したうえで、くれぐれも無理のない計画を立ててください。

旅先にも必ず母子手帳は持参し、滞在地ではどこに病院があるかを把握しておくことも大切ですよ。

戌の日のお祝い

安産祈願で有名な「戌(いぬ)の日のお祝い」は、「妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願をする」という日本独自の行事で、神社やお寺で祈祷をしてもらいます。戌の日は暦の上で決まっていて、12日に一度めぐってきます。

出産予定日から戌の日がわかるチェッカーを関連記事に用意していますので、ぜひご自分の戌の日を確認してみてください。

安定期に妊婦が注意したいことは?

食べ物 カップル 買い物

安定期は母体も赤ちゃんの状態も安定しているため、日常生活も過ごしやすくなりますが、安定期だからこそ、気をつけたいこともあります。

1. 食べ過ぎない

一番気をつけたいのがこの「食べ過ぎ」です。つわりの辛さから解放されることもあり、食欲が旺盛になり体重管理が難しくなります。

間食はスナック菓子ではなく、ナッツ類や野菜スティックにするなど工夫をし、必要以上に食べ過ぎないように気をつけましょう。

2. むくみ(妊娠高血圧症候群)

顔や体のむくみは、特に妊娠後期によく見られるマイナートラブルですが、安定期の頃からむくみに悩まされる人もいます。むくみの原因である冷えや塩分の取りすぎなどに気をつけましょう。

むくみがひどい場合は妊娠高血圧症候群の可能性もあります。重症化すると母子ともに命の危険があるので、急激な体重増加やひどいむくみがある場合には、早めにかかりつけ医に診てもらってくださいね(※1)。

3. 便秘

赤ちゃんの成長にともなって子宮が大きくなり、胃腸が圧迫されるため、妊婦さんは便秘になりやすいものです。また、ホルモンの変化により、胃腸まわりの筋肉がゆるむことも便秘の原因となります(※1)。こまめな水分補給を心がけましょう。

4. 腰痛

お腹が大きくなって重心が体の前方に移動し、腰が反りやすくなるだけでなく、重くなった体重を支えることなどが原因で、腰痛になる妊婦さんも多くいます(※2)。

腰痛はお腹の大きさが目立たない時期でも起こり、運動不足も原因の一つになります。無理のない範囲で体を動かしたり、眠る姿勢を変えたりして腰痛を軽減しましょう。

5. 転倒

安定期になると、おなかも少しずつ大きくなり足元が見えにくくなります。これまで気にならなかったような段差につまずいて転んでしまう恐れがあるので、十分気をつけてくださいね。

フラットシューズは産後も重宝するので、お気に入りの靴を数足用意しておくことをおすすめします。

妊娠中の安定期、体は楽でも油断は禁物

女性 笑顔 開放感 草原 自然

安定期になれば流産の可能性は低くなりますが、妊娠高血圧症候群や切迫早産など、何らかのトラブルが起こるリスクはあります。絶対安心というわけではないので、少しでも気になることがあれば、すぐにかかりつけ医に相談してください。

疲れたらすぐ休む、体を冷やさない、無理をしないなど、マタニティライフの基本を念頭に置いたうえで、楽しく過ごせるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう