妊娠の安定期はいつからいつまで?何週目から?過ごし方と注意点は?

芸能人や有名人が妊娠を発表するときなどに「安定期に入ったので…」という言葉をよく口にしているので、なんとなく安定期がどんなものか想像がつく人も多いのではないでしょうか。しかし、この妊娠の安定期とは一体いつからいつまでで、どんな時期のことなのか、詳しいことはなかなかわからないものですよね。そこで今回は、妊娠の安定期について、おすすめの過ごし方や注意点とともに詳しくご紹介します。

妊娠の安定期はいつからいつまで?何週目のこと?

カレンダー

一般的に、妊娠5~7ヶ月頃(妊娠16週0日~27週6日)を安定期と呼びます(※1)。ただし、実際にどれだけ安定しているかどうかは個人差があるものなので、あくまで目安にしてください。

なかにはつわりや切迫流産などのマイナートラブルが、安定期に入っても続く人はいます。そのような辛いと感じる症状が改善したと実感できる時期が、その人の安定期になります。

しかし、妊娠後期までずっとつわりがある、つわりが終わったとおもったら切迫早産になったなど、一度も安定期を迎えないまま出産に至る妊婦さんもたくさんいます。

妊娠の安定期とは?どんな時期?

妊婦 ストレッチ

安定期とは、文字通り体調が安定してくる時期で、妊娠初期の不安定な体調変化や吐き気がなくなり、過敏になっていたにおいが平気になるなど、いわゆるつわり症状が治まることの時期を指します。倦怠感や眠気、頭痛なども治まり、流産の可能性も低くなり、お腹のなかで胎盤が完成するのもこの時期です。この胎盤の完成が安定期を招いているともいわれています。

医師の指示にもよりますが、すこし活動的に動いても良くなるので、心身ともに安定し、マタニティライフを一番楽しめる時期でもありますよ。

安定期の妊婦におすすめの過ごし方

旅行 グッズ

多くの妊婦さんはつわりから解放され、今まで我慢していたことができるようになります。それと同時に、安定期は出産に向けての準備期間でもあります。体調が安定するこの時期に出産の準備も始めてしまいましょう。その他ここでは、安定期の妊婦さんにおすすめの過ごし方をご紹介します。

運動

身体を動かしても良い時期です。マタニティスイミングやヨガなど、この機会にチャレンジしてはいかがでしょうか。体重コントロールや、出産に必要な筋力づくりや呼吸の使い方を身につけられますよ。夫婦でウォーキングをするのもいいですね。ただし行う前に必ず医師の許可を得ることを忘れないようにしてくださいね。

出産・育児の勉強

産院や地域のプレママ教室などにも参加してみましょう。情報収集だけでなく、ママ友をつくるきっかけにもなりますよ。出産を目前に控え、仲間ができるのは心強いもの。パパと一緒に参加できる教室もあります。

ショッピング

気分転換にショッピングに出かけるのもおすすめです。生まれてくる赤ちゃんのことを考えながらお買い物することは、幸せな気持ちにさせてくれます。今のうちに必要なものをリストアップして出産に備えておきましょう。

旅行

この時期は旅行を楽しむのにも適しているので、特に問題がなく体調のいい人は旅行をするのもおすすめです。ただし、これもまず医師に相談しましょう。体調がいいといっても普通の身体ではありません。飛行機に乗る場合の危険性なども認識したうえで、くれぐれも無理のないようにしてください。必ず母子手帳は持参し、滞在地ではどこに病院があるかを把握しておくことも大切ですよ。

戌の日のお祝い

安産祈願で有名な「戌の日のお祝い」は、「妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願をする」という日本独自の行事で、神社やお寺で祈祷をしてもらいます。戌の日は暦の上で決まっていて、12日に一度めぐってきます。出産予定日から戌の日がわかるチェッカーを関連記事に用意していますので、ぜひご自分の戌の日を確認してみてください。


安定期に妊婦が注意したいこと

食べ物 カップル 買い物

安定期は母体も赤ちゃんの状態も安定しているため日常生活も過ごしやすくなりますが、安定期だからこそ、気をつけたいこともあります。

1. 食べ過ぎない

一番気をつけたいのがこの「食べ過ぎ」です。つわりの辛さから解放されることもあり、食欲が旺盛になり体重管理が難しくなります。間食はナッツ類や野菜スティックにするなど工夫をし、必要以上に食べ過ぎないように気をつけましょう。

2. むくみ(妊娠高血圧症候群)

むくみがひどい場合は妊娠高血圧症候群の可能性もあります。重症化すると母子ともに命の危険があるので、急激な体重増加やむくみがひどい場合には、早めにかかりつけ医に診てもらうようにしましょう。むくみの原因である冷え症や塩分の取りすぎなどに気をつけてくださいね。

3. 便秘

赤ちゃんの成長にともなって子宮が大きくなり、内臓が圧迫されるため、妊婦さんは便秘になりやすいものです。また、ホルモンの変化により内臓(大腸)の水分がとられやすくなるので、こまめに水分補給を心がけましょう。

4. 腰痛

お腹が大きくなって重心が変わることや、重くなった体重を支えることなどが原因で腰痛になる妊婦さんも。腰痛はお腹が目立たない時期でも起こり、運動不足も原因の一つになります。無理のない範囲で身体を動かしましょう。眠る姿勢を変えるのも効果的ですよ。

5. 転倒

安定期になると、おなかも少しずつ大きくなり足元が見えにくくなります。これまでつまずいたことがないような大きさのものでも転倒する恐れがあるので、気をつけてくださいね。

妊娠中の安定期、体は楽でも油断は禁物

女性 笑顔 開放感 草原 自然

安定期になれば流産の可能性は低くなりますが、妊娠高血圧症候群や切迫早産など、何らかの体調変化が訪れるリスクはあります。絶対安心というわけではないので、少しでも気になることがあれば、すぐにかかりつけ医に相談してください。疲れたらすぐ休む、体を冷やさない、無理をしないなど、マタニティライフの基本を念頭に置いたうえで、楽しく過ごせるといいですね。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう