陣痛促進剤とは?出産までの時間は?費用やリスクは?

出産が間近に迫ってきて、「陣痛促進剤」の存在を初めて知った人も多いのではないでしょうか。陣痛促進剤はその名の通り、陣痛を促すために使われる薬です。出産は何が起こるかわからないので、陣痛促進剤を使わなければならないケースもありますが、実際に使うとなったときに慌てないように、その効果やリスクについて知っておきましょう。今回は陣痛促進剤の効果やリスク、投与してから出産までにかかる時間、費用がかかるのかについてもご説明します。

陣痛促進剤とは?どんな効果がある?

出産 陣痛

陣痛促進剤とは、子宮収縮を促して陣痛を引き起こす薬です。破水したのに陣痛が始まらない、出産予定日を過ぎても陣痛が始まらない、陣痛が始まったのになかなか強くならずに出産が長引く、などの状況になったときに、薬の力で陣痛を起こします。「陣痛誘発剤」という名前で呼ばれることもあります。

ただし、陣痛促進剤を投与すれば必ず陣痛が起こるわけではなく、効果には個人差があります。その場合には陣痛促進剤以外の方法で陣痛を誘発する、あるいは帝王切開などの処置が取られます。

陣痛促進剤の使い方は?種類によって違う?

点滴

陣痛促進剤には子宮収縮を促す作用のあるホルモンである「オキシトシン」か「プロスタグランジン」が成分として含まれていますが、それぞれ効果や使い方に少し違いがあります。

オキシトシンは点滴で投与され、自然陣痛に近い子宮収縮を促します。効果を発揮するかどうかは個人差があり、投与しても陣痛が現れないことがあります。

一方、プロスタグランジンは点滴か経口投与の二通りの方法があり、経口投与では投与量を調整するのが難しくなります。効果としてはオキシトシンに比べて個人差が少ないので、誰に対しても陣痛を引き起こしやすい特徴があります。

基本的にオキシトシンとプロスタグランジンが併用されることはなく、どちらかを使って効果が見られなかった場合に、数時間置いてからもう一方が投与されます。

陣痛促進剤を使うタイミングは?

陣痛 出産 

陣痛促進剤を使うタイミングは主に2つあります。

陣痛を誘発する

たとえば、出産予定日を2週間以上過ぎて胎盤の機能が低下したり、赤ちゃんの状態が悪くなったりする場合には陣痛促進剤の使用が検討されます。また、出産予定日を超過していなくても、陣痛の前に破水が起きた(前期破水)、あるいは妊娠高血圧症候群などで母体の状態が悪くて早期の出産が望ましい場合に使われます。

陣痛を後押しする

自然に陣痛がきたものの、子宮口の開きが遅い微弱陣痛と診断された、あるいはお産が長引いて母子ともに疲れてしまった場合に、陣痛促進剤を使います。このときはママと赤ちゃんの様子を見ながら検討されます。

陣痛促進剤を使ってから出産までにかかる時間は?

時計

陣痛促進剤を投与してから陣痛が始まるまでの時間や、出産を終えるまでの時間は、人によって大きく違います。

投与してからすぐに陣痛が始まり、その4時間後には出産を終えた人もいれば、投与してから数時間過ぎて陣痛が始まり、その後も子宮が開くまでに10時間以上かかって出産が終わるまでに24時間以上かかった人もいます。

陣痛促進剤を使ってもその後どのようにお産が進むのかは、実際に投与してみないとわかりません。陣痛促進剤を使ったからといって必ずこうなるというものではないことは覚えておいてくださいね。

陣痛促進剤は痛いの?出産までの痛みの感じ方は?

出産

そもそもお産の痛みには個人差があるので、痛みについても一概には言えません。ただ、実際に陣痛促進剤を使用した人の体験談では、陣痛促進剤を使った時のほうが子宮口が開くまでの痛みが強くなるという声が多いようです。

準備が始まっていない子宮を人工的に収縮させるので、痛みが強くなる可能性があるのもわかる気がしますよね。ただ、陣痛促進剤を使ってもそれほど痛みを感じなかったという人も。陣痛促進剤を使っても使わなくても、出産は痛みを伴うものだと考えましょう。

陣痛促進剤を使ったときのリスクは?

リスク

陣痛促進剤は人工的に陣痛を引き起こすものなので、リスクはあります。もっとも代表的なのが「過強陣痛」です。

自然な陣痛は体の状態にあわせて適度な強さで起こりますが、陣痛促進剤では投与された分だけ陣痛が強くなります。すると、子宮はどんどん収縮しようとして締め付けがきつくなってしまうのです。

その結果、胎児を圧迫して「胎児機能不全」を起こしたり、「子宮破裂」や「子宮頸管裂傷」を起こすことがあります。また、出産後に子宮が疲れ切って止血が行われなくなる「弛緩出血」を起こすこともあります。

陣痛促進剤を使う場合は、そのリスクを回避するために分娩監視装置をつけた上で、子宮収縮の状態や血圧・脈拍など母体と胎児の様子を細かく確認しながら適切な量を投与します。危険な予兆があれば投与量を減らしたり、中止するなどの処置が行われます。

陣痛促進剤の費用はどれくらい?保険は適応される?

グッズ お金  

陣痛促進剤の費用は、病院や投薬された量・内容にもよりますが、少なくとも1万円以上はかかると考えてください。薬がなかなか効かず、投薬量が多くなると数万円になることもあります。

微弱陣痛などのトラブルで緊急的に使用された場合、保険適用されます。しかし、自然分娩を誘発する目的で使用されたときは保険は適用されません。

個人で契約している医療保険は出る場合と出ない場合のどちらの可能性もあり、加入内容によって違うので保険会社に確認してください。

陣痛促進剤の使用前には医師と相談を

妊婦 医師 診察 相談

出産予定日を超過するケースは珍しくなく、陣痛促進剤を使うこともよくあります。決して珍しいことではないので、事前にどんなものかを知っておくと安心できますよ。

効果もリスクもあるものですが、大事なのは無事に赤ちゃんが生まれてこれるかどうかです。できれば陣痛促進剤を使う必要なく自然に産みたいものですが、赤ちゃんのことを考えて使う必要があれば躊躇しないでくださいね。そのためにも、陣痛促進剤の効果や必要性、リスクなどを事前に医師と相談しておきましょう。

免責事項

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう