予定日超過の割合は?妊娠41週や42週以降の出産体験談を知りたい

出産予定日が近づくと、周囲の期待も高まり、プレッシャーを感じてしまうかもしれません。ただ、予定日通りに出産できる割合はそれほど高くありません。では、出産予定日を超過したときはどうしたらいいのでしょう?妊娠41週、42週での出産は帝王切開になるのかも気になりますね。今回は出産予定日を超過したときの対処法についてご説明します。

出産予定日に赤ちゃんが産まれる割合は?

女性 計算 勉強 眼鏡 ノート

赤ちゃんは出産予定日に生まれるものと考えがちですが、出産予定日というのはあくまでも予測に過ぎません。そもそも妊娠週数は、最後の生理が始まった日を妊娠0週0日として計算し、そこから数えて280日(40週0日目)を出産予定日と定めているだけです。

280日後に生まれるというのも平均の日数なので、人によって前後します。妊娠37週0日~41週6日の間に出産することを「正期産」と呼び、正常な出産と考えますが、出産予定日にあたる40週0日目に必ず生まれるわけではありませんよ。

流産を除くと、全出産の約94%は正期産に生まれ、それより前に生まれる早産は約5~6%、正期産を過ぎてから生まれる過期産は約1%未満とされます(※1)。

出産予定日を超過する原因は?赤ちゃんへの影響は?

注意

妊娠41週6日目までであれば、出産予定日を超過することはよくあります。初産の人は予定日を超過するケースのほうが多いくらいです。特別な原因はなく、個人差によるものと考えてください。

ただ、妊娠42週0日以降になる場合は過期産になって、胎盤の機能が低下して、羊水の量が減少するなどお腹の赤ちゃんに悪影響をおよぼす可能性があります。

胎盤の機能が低下すると、時間が経つにつれて赤ちゃんに酸素や栄養を送り届けられなくなるため、赤ちゃんの成長を阻害して胎児機能不全などを引き起こす可能性も出てきます。

また、羊水が減少すると分娩時に臍帯圧迫を引き起こしたり、赤ちゃんが成長しすぎて巨大児になる可能性も出てきます。

出産予定日を超過したときの過ごし方は?陣痛は促すべき?

妊婦 お腹 時計 時間

出産予定日を超過しても、過ごし方はそれまでと基本的には同じです。体重管理に気をつけながら、体を動かして出産に向けた体力づくりをし、産後にはなかなかできなくなるお出かけや買い物などを近所で楽しんでくださいね。でかけるときはいつ陣痛が来てもいいように母子手帳を持ち歩くことも忘れずに。

正期産の時期であれば過度に心配する必要はありませんが、陣痛が起きやすいように促してみるのもおすすめです。スクワットなどの運動やツボ押し、アロマなどで自然に陣痛を促すことができますよ。ゆったりとした気持ちで過ごしながら取り組んでみてください。

妊娠41週、42週目の出産は帝王切開になるの?

手術 オペ 病院 病室

出産予定日を超過して、妊娠41週、42週に入ったら、その後の出産はどうなるのでしょうか。すぐに帝王切開を思い浮かべる人もいますが、正期産の期間であれば自然な陣痛を待って自然分娩を行うのが基本です。

子宮内の状態や胎盤に問題なく、赤ちゃんにトラブルが起きていなければ陣痛が来るのを待ちます。それでも陣痛が来なければ、陣痛誘発剤やバルーンなどを活用して人工的に陣痛を促す誘発分娩に。

帝王切開になるのはなんらかのトラブルが起きたケースで、予定日を超過したからといって必ず帝王切開になるわけではありません。

予定日超過した妊娠41・42週での出産体験談

チェック カレンダー 予定

予定日超過後は母体や赤ちゃんの状態をチェックしながら、妊娠41週6日目までになんらかの形で出産するケースがほとんどです。正期産の時期を超えて出産になることはあまりありません。実際に予定日を超過してから出産した先輩ママの体験談をご紹介します。

妊娠40週1日〜41週0日で出産した体験談

・予定日を過ぎてから、毎朝目が覚めるたびに「また陣痛がこなかった」と主人の前で泣いていました。41週目を迎える前に陣痛のようなものがあり、ようやく来てくれたとホッとしました。

予定日に出産を期待していたからこそ、超過すると不安になるものです。しかし、予定日が数日超過するのは珍しいことではないので、予定日を意識しすぎないでくださいね。

妊娠41週1日~42週0日で出産した体験談

・出産を焦る気持ちから、「帝王切開でも誘発分娩でもいいから産ませてほしい」と41週を過ぎたときにお医者さんへお願いしました。イライラする気持ちは想像以上でした。

・41週目に入って医師と相談して陣痛促進剤を服用することに。ただ、陣痛誘発剤を使ってもなかなか子宮口が開いてくれず、難産になってしまいました。

41週目もある程度様子を見て、42週に入るちょっと前のタイミングで誘発分娩を行うことが多いようです。病院によって違いがあるので、事前に医師に確認しておきましょう。

妊娠42週1日~43週1日で出産したママの体験談

・「明日までに陣痛がこなければ、なにかしらの対応をしましょう」とお医者さんに言われたその日の夜中に陣痛が。妊娠42週目になったその日に赤ちゃんが生まれました。

・41週に入ってからもまったく生まれる気配がなく、お医者さんに「明日帝王切開にしましょう」と言われました。翌朝も陣痛の気配はありませんでしたが、内診で子宮口が3cmほど開いているのがわかり、誘発分娩に切り替えて自然分娩できました。

お腹の赤ちゃんの負担を考えて妊娠42週を目安に誘発分娩や帝王切開に踏み切ることが多いようです。あともう少しで赤ちゃんに会えると前向きに考えて臨んでくださいね。

妊娠43週目以降に出産することはあるの?

スケジュール

妊娠43週目に入ってから出産することはまれです。現在では妊娠42週中になんらかの措置がとられます。ただ、自然分娩を推奨する病院では長期的に経過観察をすることもあるようです。

妊娠42週を過ぎても胎盤の機能が低下しておらず、羊水などの問題もなければ、ただちに赤ちゃんに悪影響があるわけではありません。

誘発分娩などで陣痛が来るのを促してもなかなか効果が現れない場合、最終的に43週目に入ってから帝王切開になることもあります。基本的には母体と赤ちゃんの安全を最優先にしながら、予定日超過後も医師とよく話し合って対処法を決めてください。

出産予定日を過ぎても過期産までは自然に陣痛を待とう

女性 赤ちゃん 子供 親子

出産予定日はあくまで目安です。数日超過したからといって焦る必要はありませんよ。体を動かしながら自然に陣痛が起こるのを気長に待ちましょう。

ただし、過期産になったらなんらかの対処が必要になります。自然分娩と帝王切開のどちらになるかわかりませんが、できるだけ落ち着いて医師の指示をよく聞き、そのときのベストな出産に臨んでください。

※1参考文献: 株式会社メディックメディア『病気がみえるvol.10 産科 第3版』P158

最新情報をお届けします

あわせて読みたい