陣痛中に胎動はある?激しいときも出産できる?

初めてのお産は不安や心配になることがたくさんありますよね。胎動について、「お産が近づくと胎動が少なくなる」や「陣痛が始まっても胎動があって痛かった」といった情報を聞いて、実際にはどうなんだろうと思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。今回は、陣痛中にも胎動はあるのか、胎動が激しいときでも出産できるのか、陣痛と胎動の感じ方の違いをご紹介します。

胎動とは?

子供 おなか 妊婦 妊娠後期

胎動とは、子宮の中で胎児が動くことをいいます。胎動を初めて感じる時期は、一般的に妊娠18〜20週頃です。ただし個人差が大きく、早い人は16週頃、遅い人は23週頃に初めて胎動を感じることもあります(※1)。

また、初産婦よりも経産婦の方が早く胎動を感じることが多いようです。

胎動の感じ方も妊婦さんによって違いますが、初めの頃は赤ちゃんがくるくる回って、お腹がムズムズと感じます。妊娠週数が進んでいくと赤ちゃんがお腹を押すので、お腹の皮が引っ張られて痛みを感じることもあります。

胎動が最も活発なのは妊娠24~28週頃です。妊娠後期になると、赤ちゃんが成長して子宮の中が窮屈になり自由に動けなくなるため、胎動も落ち着いてきます。

陣痛中も胎動はあるの?出産までの流れは?

立ち会い出産 夫婦 陣痛 分娩

一般的には、お産が近づくと赤ちゃんの頭はどんどん下へおりてきて骨盤に固定されるため、動きが少なくなり、胎動を感じにくくなるといわれています。しかし、「お産が近づくと胎動がなくなる」というわけではありません。

陣痛と胎動の関係を考える上で、陣痛から出産までの流れを確認しておきましょう。

前駆陣痛

まず、本格的な陣痛がはじまる前に前駆陣痛が生じます。前駆陣痛は赤ちゃんの通り道である子宮の下部や子宮頸管の動きを柔らかくしておくための痛みです。

本陣痛に比べると痛みは強くなく、規則的でもありません。また、前駆陣痛の後にすぐ本陣痛が起こることもあれば、数日後に起こるという人も。前駆陣痛は出産が近づいていることを意味します(※1)。

本陣痛

本陣痛では子宮口が広がり、子宮が強く収縮するため、激しい痛みをともないます。それまでのお腹の張りや前駆陣痛とは明らかに違い、規則的な痛みを感じ、痛みも強くなって、どんどん間隔が短くなっていきます。

本陣痛が感じられるようになったら、規則的な陣痛の痛みの間隔をはかり、医師や助産師に指示された陣痛間隔になったら産婦人科に向かいます。

本陣痛を迎えると子宮口が開き始め、開き具合に応じて出産へと流れが進んでいきます。

陣痛中に胎動が激しくても出産できる?

妊婦 ベッド 夫婦 カップル 夫 胎動 

赤ちゃんは産まれるまで動き続けるものなので、陣痛中に胎動が激しくても、そのまま出産できます。

陣痛中に胎動を激しく感じると、赤ちゃんが苦しんでいるのではと思う妊婦さんも多いようですが、元気な証拠なので心配はいりませんよ。

陣痛中に胎動を感じなくなったら危険なの?

危険 看板 テープ 注意

前述の通り、出産が間近になると胎動は弱まります。しかし、陣痛には波があり、痛みがおさまっている間には胎動があります。

胎動が全く感じられなくなり、お腹の痛みがずっと続く、陣痛とは違う痛みがある、出血している、といった場合は、何かトラブルが起きている可能性があるため、早期の対応が必要です。

例えば、胎動がなくて、お腹が痛かったり硬く張ったりしている場合に疑われるのが「常位胎盤早期剥離」です。胎児がまだ子宮内にいるうちに、何らかの原因で胎盤が子宮の壁から剥がれてしまう状態で、全妊婦さんの0.5%に起こるといわれています(※1)。子宮内で大出血する可能性もあり、重症化すると母子ともに命の危険が及びます。

常位胎盤早期剥離では強い下腹部痛とお腹の張りが続き、陣痛とは違うため、比較的早く気づくことができるといわれています。少しでも心配なことがあれば自分で判断せず、早急に産婦人科へ連絡しましょう。

陣痛と胎動の違いは?痛み?

お腹 妊婦 クエスチョン はてな ?

陣痛中にも胎動を感じることで、赤ちゃんが元気であるかどうか把握することができます。しかし、特に初産の妊婦さんは、「陣痛中は胎動に気づけないかも」「陣痛と胎動の違いが分からなくなりそう」と心配になることもありますよね。

陣痛と胎動の感じ方の違いは、陣痛は強い痛みが規則的に起こるのに対し、胎動は不規則で痛くても我慢できるレベルです。

ただし、本陣痛が始まると痛みに耐えることに精一杯で、胎動があっても気づけなくなることも多いようです。陣痛中に胎動を感じるかよりも、陣痛の痛みが治まったときに胎動を感じるか、ということを意識しておくといいですね。

陣痛中の胎動は赤ちゃんが元気な証

妊婦 妊娠後期

お腹の中の赤ちゃんは生まれてくる直前まで動き続けているので、お産のときに胎動があることは不思議ではありません。

胎動はママだけが感じることができる赤ちゃんからのメッセージ。個人差もあるので、あまり気にしすぎることはありませんが、赤ちゃんからの声を見逃さないように普段から胎動をチェックすることを習慣づけられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう