妊娠初期のイライラの原因は?ストレスや苛立ちを解消する方法は?

監修専門家 助産師 鶴町 はるな
鶴町 はるな 茨城県立中央看護専門学校助産学科卒業後、総合周産期センターの産婦人科・NICU勤務を経て、クリニックでのフリースタイル分娩や無痛分娩にも携わってきました。現在は産後ケアや母乳外来を中心に活動しています... 監修記事一覧へ

妊娠がわかって期待に胸おどらせる一方、なんとなくイライラして困っている人も多いのではないでしょうか。うれしいはずなのにどうしてこんなにイライラするのかなぁ…と不安に思うかもしれませんが、実は妊娠初期にイライラするのは生理現象なのです。そこで今回は妊娠初期のイライラの原因やストレスとの関係、胎児への影響、イライラするときの対処法についてもご説明します。

妊娠初期にイライラするのはなぜ?ストレスのせい?

イライラ ストレス

妊娠初期にイライラを感じる女性は、全体の約8割にも上ります(※1)。

妊娠初期のイライラを引き起こすのは、妊娠による体の変化が原因です。ホルモンバランスのような直接的な原因もあれば、体の変化がストレスになってイライラを引き起こすことも。

妊娠初期は、以下の原因が複雑に絡み合ってイライラを引き起こしています。

妊娠に伴う体の変化

妊娠することにより、体内のホルモンバランスが変化します。それにより心や体の状態にゆがみが現れます。

特に妊娠初期は、ホルモンバランスが最も大きく変化するタイミングなので、影響が大きく、精神的に不安定になり、イライラしやすくなります。

つわり

つわりは一般的に妊娠5~6週頃から現れ、妊娠12~16週頃まで続きます。症状には個人差があるものの、吐き気や嘔吐、全身の倦怠感、頭痛、食欲不振などが起こります(※2)。

つわりがひどいと体力を消耗して思うように動けなくなり、知らず知らずのうちにイライラの原因になってしまいます。

妊娠・出産への不安

妊娠中は自分の体の変化や赤ちゃんの発育状態など、これから起こることへの不安が募るもの。妊娠初期は赤ちゃんが順調に成長してくれているかがわかりにくく、流産したらどうしようという不安も感じる人もいます。

妊娠初期は、特に食べ物への不安も感じやすい時期で、我慢をしたり、気にしたりすることでストレスを感じてしまう人も。

環境の変化

妊娠初期はまだ周囲に妊娠報告をしていない人が多いとでしょう。職場などに妊娠の報告をできないもどかしさがストレスになってしまうこともあります。一方で妊娠を報告した両親など、周囲からの干渉でストレスを感じることも。

妊娠すると環境や周囲との関係が変化せざるを得ないことも多く、それがストレスとなってイライラを引き起こします。

旦那さんの理解のなさ

変化がめまぐるしい自分と比べ、旦那さんはいつもと変わらず自由な生活を送っているように感じるもの。「旦那さんは私の妊娠のつらさをわかってくれている」と感じることができなければ、今までと変わらない言動などがイライラの原因になっていることもあります。

妊娠初期のイライラはいつまで続くの?

スケジュール カレンダー

妊娠初期のイライラは様々な原因が引き起こしていますが、安定期に入る頃までには落ち着いてくるのが一般的です。胎盤ができあがって、イライラの一番の原因であるホルモンバランスの変化が落ち着いてくるからです。

安定期にはつわりも落ち着き、妊娠生活にも慣れるので、精神的にも安定するのも大きな要因です。

ただし人によっては、環境の変化などでイライラが妊娠後期まで続くこともあります。安定期に入ったからと言って油断は禁物。常にストレスを溜めないように心がけることが大切です。

妊娠初期のイライラは胎児に影響を与える?

リスク

妊娠初期にイライラしていたからといって、赤ちゃんにすぐ悪影響を与えることはまずありません。しかし、日々のストレスが大きく、イライラがずっと続くようなら注意が必要です。

イライラが続くと、睡眠時間が不足したり、食事をしっかり取れなかったり、生活習慣が不規則になってしまうことが考えられます。

たとえば、ストレスを解消するために甘いものを食べすぎて太りすぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の可能性が高まることもありえます。妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病は、早産の可能性を高めたり、母体や胎児の発育に影響を及ぼすこともあります(※2)。

また反対にストレスで食べられなくなって痩せすぎることも、胎児の発育に影響がある可能性も。お腹の中の赤ちゃんが健康に育つためには、妊婦さんがイライラをためこまないようにすることは大切なことなのです。

妊娠初期のイライラ対策は?ストレスを解消するには?

グッズ 勉強 本 虫眼鏡

妊娠初期にイライラしてしまうのは仕方がないことです。妊娠中に何かと苛立ってしまったときは、上手にストレスを解消することが大切ですよ。

一人で不安や悩みを抱え込むとストレスがたまってしまうもの。誰かに打ち明けるだけでも気持ちが落ち着きますよ。妊娠初期は周囲に報告しづらいタイミングなので、旦那さんやかかりつけの産婦人科医や産院の助産師、仲の良い友人など、相談できる人を見つけましょう。

また、妊娠初期の激しい運動はおすすめできませんが、気分転換で散歩に出かける程度なら問題ありません。活発に体を動かすのも大変なので、落ち着いてできる趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。

子供服をハンドメイドで作ったり、エコー写真のアルバム作成をしたり、妊娠中ならではの作業に没頭するとママの自覚が高まるだけではなく、イライラ対策にもなりますよ。カラオケで大きな声を出すのも、体の負担が少なくストレス発散できておすすめです。

妊娠初期のイライラや苛立ちは周囲の理解を得るようにしましょう

風景 自然 野原

妊娠は女性の体や心に大きな変化をもたらします。特に妊娠初期は、パートナーや周囲の目に見えない部分に変化があるため、症状が伝わりにくく、つらい思いをする妊婦さんが多いようです。

しかし、妊娠初期の変化を家族が理解してくれることは、妊婦さんにとって大きな支えになります。ぜひ旦那さんや両親には、妊娠初期のイライラしやすい原因を知ってもらい、一緒につらい時期を乗り越えられるといいですね。

こそだてハックに「いいね!」して情報を受け取ろう